スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ソルフェ/睡夢 4/14 18:30

4/14の夜公演を観てきました。

この日から化粧前が白くなったようです。
前日の夜は水ちゃんはじめ、ナガさん、キムくん、ひろみちゃん、きんぐ達の楽屋出が遅く、あぁそうなんだ…とは思ってたんですが。
楽屋内のことは私たちには見えないけど、ゆみこちゃんとハマコさんのFCの方が白いウェアを着ているのを見て実感しました。
あぁ、いよいよカウントダウンなんだなぁ(涙)

そんな日の夜公演は、タモちゃんと麻子ちゃんがご観劇。
水ゆみのふたりはタモちゃんトップ時代に新公主役をして、麻子ちゃんのすぐ下で切磋琢磨してたんだもんね。
演じる方も観ている方もいろいろ思うことはあるんだろうなぁ。

以下、感想など。





>ソルフェリーノ

最近の涙腺直撃ポイントは最後の砦シーンになった模様(←自己分析)
「ここでファンティ閣下が命令すればデュナンたちは全員ハチの巣にされるかもしれない」という緊張感から「敬礼!」となったときの安堵感…というストーリーの流れにも弱いんですが。
同時に、水ちゃんとハマコさんの台詞の応酬に「円熟した舞台人」としての技量を見て、ここに到達するまで努力を積み上げてきた年月を思って泣いてしまう感じです。
逆にアヴェマリアは平気になりました。むしろニコニコしてしまう。
水ちゃんがお茶会で「すごく幸せを感じる」と言ってたシーンだからかなぁ~

そうそう、特にこの回が…というわけでは無いんですが、アヴェマリアの場面は兵士たちの感情の動きが見えるのが好きです。
水ちゃんの動きがいつも同じじゃないから、例えば歌い始めてすぐにコマちゃんを支えようとすると拒絶されるんだけど、後の方だと受け入れてくれたりして、この間にコマちゃんの感情が動いたことがわかるんですよね。
あとは日によって違う子もいて、ぐっちょんは苛々してる時と茫然としている時があったり、それによって周囲のナース達の反応も変わって…
植爺の作品は欠点がたくさんあるし私は趣味じゃないけど、芝居好きな下級生にとっては「マリポーサ」よりずっと良いんだろうなぁ~と思います(苦笑)



>カルネヴァーレ

チギちゃんの髪型がサリーちゃんのパパ風でした(笑)
幕開きで「あ~綺麗なお姉さんがいる~!愛華さんと瀬奈さんだ~」とゲスト紹介してくれました。

楽士対決。
ジャンケン直前にじんじんと向きあう水ちゃん、大抵じんじんが「イーッ!」て顔してるんだけどこの回は「ひっ!」て怖がってた。
水ちゃん、どんな怖い顔したんだろう!?(苦笑)←ここ水ちゃんは後ろ向きなので客席からは判らないんですよね

ジャンケンは通常通り。
でも、なかなかその場所から動こうとしない水ちゃんに、ゆみこちゃん左手でシッシってしながら「どいてくださる?」←なぜオネエ!?
それにムッとした水ちゃんは、ゆみこちゃんにしつこくまとわりつき、その結果「邪魔っ」と蹴られかけてました(笑)
逆襲の水ちゃん、ゆみこちゃんをぎりぎりのとこで「ふんっ」と蹴り返し、その後は互いに首ぐるんぐるんしながら威嚇してました(爆)

そうそう、以前私がここで不満を漏らしていた手拍子ですが、ちゃんと直前で止むようになって水ちゃんの色気ダダ漏れ声が聞こえるようになりましたね(大満足)

仮面舞踏会のゆみこちゃんはジタジタした後、タモちゃんたちの方に向かって手を差し出し「綺麗なお姉さん、ご一緒にどうですか?……ダメ?」で、またジタジタジタ。
女装チギちゃんは胸に手をあてて「あたしはいかが?」とタモちゃんたちにアピールした後、ゆみこちゃんに向かって「あもーれ!」と投げキス(?)
ゆみこちゃんは胸元で両手をバッテンしながら「お断りしますっ」と逃げてました。

カナルグランデの水みなのデュエダン、みなこちゃんがこけた!!というか滑った!
歌はついつい心配しながら聞いちゃうけど(笑)ダンスは全く心配していないから逆にびっくりしました~
その後の様子だと傷めたりはしていないみたいなので良かったです。

そうそう水みなデュエダンと言えば、赤い鳥ちゃんと緑の魔女のとこ、みなこちゃんが芯になって水ちゃんをぐいっと移動させるとこがなんとなく好きです。
水ちゃんがひたすら相手役をサポートするんじゃなくて、同等で対決する感じが面白いコンビだなぁって思います。

黒燕尾ではハマコさんから美女にキスが飛んでたなぁ。
ゆみこちゃんは深々と跪いてました。
何度見てもこの黒燕尾の群舞は本当に好きです。

ゆみこちゃんの大階段から水ちゃんの灰の水曜日までが、日に日に清冽になってくるような気がします。
炎に浄化された後という設定だからか、出演者の表情や場面の空気が透き通っている感じ…

どうしても残りの日を考えて涙腺が弱い今日この頃、その清らかさが胸に痛いです。



宝塚(舞台の感想) | 【2010-04-15(Thu) 11:28:21】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。