スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ソルフェ/睡夢 4/20 18:30

最後の休演日も終わって…
自分の涙の理由が「芝居・出演者の熱演」から「カウントダウンの寂しさ」に変わってしまいました。

そういう思いは伝染するのか…周囲が泣くからまた泣けて。
鼻すする音とか迷惑だから堪えたんだけど、それもしんどくて。

ゆみこちゃんがお茶会で「泣きたいときは泣いていい」と言ってくれたので、我慢しないことにします。
憤りの涙は枯れたみたいで、やるせなさでもなく、かといって幸せでもなく、ただただ寂しい涙だけど…いいよね?


そんな涙でにじんだ公演感想。
(でもショーはところどころ笑うことが出来ました。チギちゃん、ありがとう)






>ソルフェリーノ

この回のエクトール先生は、最初の頃はデュナンさんに苛立っているように見えました。
ドロップ前のふたりの芝居から銀橋の歌にかけて、ちょっと攻撃的なエクトール先生。
攻撃的…少し言葉が違うかな…
「自分だって戦争の愚かしさは重々判ってるさ。でも、どうしろと言うんだ?現実を見てみろ、そんな綺麗事が通じるか?」
と憤る感じでしょうか。
立派な家の御曹司で、それでも自分に出来ることを精一杯しようと戦場に志願してきたものの、たぶん予想以上に悲惨な戦地の状況に心を痛めてたであろうエクトール先生。
突然やってきた「通りすがりの旅人」の異国人に、偉そうに戦争の是非を説かれたら腹も立ちますよね。
それでも根本的な考え方(人道的な考え方)が同じだから、すぐ判りあえたと思いますが…
「すみません、先ほどはついカッとなって…」
「いえ、わたしも知ったようなことを言ってしまって…」
なんて感じで仲良くなってそう(笑)

教会で赤十字を思いつくくだりでは、デュナンさん「小さな行動がやがて大きな行動になるはずです」を「なるに違いありません」とマイナーチェンジ?(違)
意味はほぼ同じだし問題無いんですけど、リピーターゆえにドキッとしてしまった(笑)

エクトール先生とデュナンさんの「誰が行くのだ?ここにはもう余っている人手はない」「私が行きます。行かせてください」のあと、最近エクトール先生が「デュナンさん…」と言ってますね。
日曜はマイクがちゃんと音を拾ってなくて「デュナン…」って聞こえて「呼び捨て!?あ、でも名字かぁ」と微妙な萌え方をしてたんですが(おい)
この回はマイクが拾って「デュナンさん」って言ってました。呼び捨てじゃないのか…残念(何が)

勝負服のエクトール先生に抱きつくアンリエットが、首に腕を回すんじゃなく肩にそっと寄り添うようになってました。
抱きしめ返すエクトール先生も「がしっ」て感じじゃなくソフトになってましたね。
実は、エクトール先生とアンリエットの恋愛(未満?)についてはちょっと書きたいことあるんですが、楽までに書けるかな。

ポルリノくんの「かっかーーー!」はちょっと短めでした。
ここは血管が切れそうなほど長く伸ばすのが好きなのに(笑)
休演日明けだからか、キムくんだけじゃなく皆さんちょっと声が本調子じゃなかったように思います。
ここのポルリノくんて結構しんどいですよね。
デュナンの主張に少し心が揺らぎ始めたのに、オーストリア兵が出てきて「やっぱり裏切り者じゃないかっ」て思って、なのに上官に「敬礼!」って命令されて…
ポルリノくんにも正義はあるわけで(通りすがりの異国人を突然殴る人だけど^^;)ちょっと可哀想。


>睡夢

舞風りらさんが観に来ていたようで、オープニングのチギちゃんが紹介していました。
しかも、舞風さんひとりに「ちゃお!」と言うように呼びかけてた(笑)
指揮の塩田先生が「ちゃおーーー!」ってすごい顔で叫んでた(爆)

ゴンドリエーレゆみこちゃんの歌声がほんの僅かに擦れ気味に聞こえました。
休演日明けで本調子じゃないのかな?と思ったけど、その後は全然気にならなかったので気のせい?
でも、カナルグランデのゆめみ姉さんの歌もちょっとひっくり返ったし、皆様お疲れかなぁ…頑張れ~!

運動会結婚式ではキムくんが結構しゃべってた(笑)
ガラガラ持って引っ込むチギちゃん、先日のようにぐるっと回そうとして…やめた!(笑)
フェイントかけられた新郎たちが、というかハウルくんが「Oh!No!」って感じに肩をすくめて笑ってました。
その後、ハウルくんが彼女にお花買ってあげてたよ!
ここのカップル可愛くて好きなんですが、お花をあげてるのは初めて見た~(^^)

楽士のじゃんけんは通常通り。
赤リーダーは、踊る緑リーダーに背後霊のように付きまとってました(笑)
緑リーダーは捕まえられるのを警戒して足を出す振りをストップ、逆に赤リーダーは超高速で足を出して緑リーダーの腕を避けてました(笑)

美術館に迷い込む(迷い込ませる)チギちゃん、紙吹雪をキムミミに投げたあと、お腹をぽんぽんと叩いてシコ踏んでた(なぜ相撲?)
銀橋でポーズしたみなこちゃん、舞風さんを見てたのかな?すごい可愛い顔してました。

仮面舞踏会は、さゆちゃんを取られたコマちゃんが「負けないぞっ」
女装チギちゃんは、腰を横にゆらゆら振りつつ「ゆさゆさゆさっ」←輪っかドレスがゆさゆさ揺れる(笑)
さらに、ゆみこちゃんに向かって「ご一緒に~!ゆさゆさゆさっ」
コマちゃんはチギちゃんを見て「可愛いっ!」
ゆみこちゃんは、ゆさゆさはしないで(笑)コマちゃんに向かって「どこがっ!?」とツッコミ。
スローモーションで、コマちゃんがゆさゆさしてました(爆)

黒燕尾、美女にはハマコさんから投げキッス、ゆみこちゃんからは無しでした。
群舞はすごく良かったんですが、オケがちょっと雑だった気がします。
激しい曲だけど丁寧に演奏して欲しい。
舞台上のパフォーマンスだけじゃなく、音楽とか照明とか、さらに客席の雰囲気とかがすべてガチッと合った時に、舞台芸術って最高の感動を呼ぶんだなぁ~とあらためて思いました。
そういう時って滅多に無いんだけど、もしかしたらその瞬間に出合いたくて何度も劇場に通ってしまうのかもしれない。

狂宴は、じんじんがいつどこから出てくるか気にして見ているのにわからない~!(苦笑)
炎の鳥は毎回圧倒されながら観てしまう。
下手にはける鳥さんがちょっと苦しそうにしていて、それを見送っている大階段のゆみこちゃん…という図が泣ける。

ゆみこちゃん銀橋の後はショーストップ状態。
切ない…

そして灰の水曜日のアクアさんが………弱り切ってた(涙)
先週はほとんど観れなくて、日曜に観たときに「優しい歌い方になってるなぁ」と思ってたんだけど。
優しいを超えて儚くなってる。

痛い…
祈るしかない、見守るしかないのがもどかしい。

せめて大きな拍手をと思って、手が痛くなるほど叩くパレード。
私にはそれしか出来ないから…


宝塚(舞台の感想) | 【2010-04-21(Wed) 12:33:22】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。