スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

彩吹真央サヨナラショー

サヨナラショー、ご挨拶、楽屋出の様子を覚えている限り。

※記憶に頼っているので正確ではありません。
 CSなどで確認してくださいね。







本公演終演。

緞帳前でのナガさんによる退団者の紹介は大劇場とほとんど同じだったと思います。

千秋楽の挨拶では天覧のことに触れていました。
そして、次の公演予定を紹介するとともに「雪組の一時代が終わる」と。
私は水ちゃんのトップ披露からしか観ていないけど…
ゆみこちゃんが去ってしまった今、確かに「続く」とは思えない。
本当に「終わる」んだろうな…





ゆみこちゃんのサヨナラショーは大劇場と同じ構成でした。
違ったのは「マリポーサの花」銀橋でふたりがポーズしたあと、エスコバルがネロにネックレスを渡すところ。
大劇場では黙って駆け去って行ったネロ@水ちゃんが、東京では「お前を、忘れない」と重く深い言葉を告げて去って行きました(涙)
動揺したのかな? ゆみこちゃん、次の曲の歌詞をちょっと間違えてたように思います。
でもエスコバルはやっぱりカッコよかったぁ…

大劇場の時は構成がわからないから、ものすごく短かいかもって思っていて。
だから「あぁ、この曲も聞かせてくれるんだ」とソロモン(風の葬列)が嬉しかったんですが、今回は「あぁ、これで本当に終わりだ」と悲しくて。
でも、水ちゃんと踊る元気なハマコさんとか、水ゆみでゆったりと踊るところとか、中心で歌うゆみこちゃんに皆が手を差し伸べるところとか。
あらためて、すごくすごく素敵なサヨナラショーだったと思いました。


紋付き袴でのご挨拶は、みんな本当に心がこもっていて素敵でした。
(詳細は明日のCS放送で見てください。ご希望があれば、明日か明後日CSを見ながらUPしますのでコメントください)
幕が開いた時、ハマコさんへの胡蝶蘭を水ちゃんが持っていて、その後ろに水ちゃんが次に渡すゆみこちゃんへのお花が見えて、それが「桜」だと判って…
もう、なんてゆみこちゃんらしいんだと…O型の頑固さと言うかこだわりというか、その意地っ張りなところに泣き笑いしました。(私もO型なんで何となく判るところがあります)

ハマコさんが「ナガさん、チカ、ゆみこ…」と呼びかけた瞬間に涙がぼろぼろ出ました。
最後に「宝塚歌劇団、雪組副組長、未来優希」と名乗るのがすごくすごくカッコ良かったです。

ゆみこちゃんのご挨拶は「雪組は最強で最高です」「私の夢は永遠に続きます」と。
穏やかで爽やかで、なにより誇りに満ちていて…
聞いていて悲しいというより、勇気を貰えるというか…ほんと感動しました。

水ちゃんの挨拶は「やはり苦しいです」そして「別れの寂しさを思えばきりがない」と。
目には涙がこぼれ落ちそうに溢れていましたが、きっちりといつも通りに締めていました。
みなこちゃんは必死で涙をこらえてたんでしょうね、ずっと強張った顔をしてました(不器用さんv)
歌は大劇場と同じく「さよなら宝塚」でした。

カーテンコール1回目、水ちゃんは言葉がなかなか出ず「タカラヅカを宜しくお願いします」と言うだけで精いっぱい。

2回目、スタンディングオベーション。
退団者と水ちゃんの5人だけ。
少し調子を取り戻したのかな…
水ちゃん「では、ひとことずつ」とさゆちゃんに向きながら「本当に最後です」と宣告←?
このときの「ひゃー」というような声をあげた、さゆちゃんが可愛かった。
「今日の楽屋入りもホント可愛かったんですよ」とコメントをする水ちゃんに、友人たちと「おっさん、おっさん」とツッコミ(笑)

じんじんには「大階段下りてくる時から泣いてたね」と水ちゃん。
そして「幸せ」だと答えるじんじんに「(昼公演の)じゃんけん負けたけどね」と意地悪(笑)
むっと膨れるじんじんが可愛いかったぁv

ゆみこちゃんは「本当に幸せだけど、私も最後にじゃんけんに負けたのが心残りです」とユーモアで笑わせてくれました。
それに「あっはっは」とのけぞって笑う水ちゃん←おっさんおっさん(爆)
み「本当に遠慮が無かったよねぇ」
ゆ「頭叩いちゃったし、すみません」←楽士のとき、ちょっとだけゆみこちゃんの手が水ちゃんの頭にぶつかったんですよね。

このときの水ちゃんは完全にゆみこちゃんに身体が向いていて(笑)
そこから180度回転してハマコさんに向いてから大劇場の時に注意されたのを思い出したのか、身体を正面に向きなおして首だけハマコさんを見る状態に(笑)
ハマコさんは「今日は場面に出る前は袖で皆にいってらっしゃいと言われ、戻るとお帰りなさいと言われ幸せでした。最高の雪組にずっと17年いられたことが幸せでした」と言ってました。
水ちゃんは、ちょっと声を震わせて「組替えしてきてから今日まで、自分はハマコなくしてここまで来れなかった。ありがとう」と。
ハマコさんからは客席に「チカをおいていってしまいます。次の公演も水夏希をお願いします」と、やっぱり涙声で…(お母さーーーんっ!)

他の組子も全員呼んでから。
「いつもそうですが、今回は本当に誰が欠けても出来ない公演でした。そこにはお客様がいて、やっぱり客席参加型だったと思います。次回も是非参加しに来てください」といつもの夏希節に笑う客席。

3回目のカーテンコールは、幕があがるとゆみこちゃんがひとり舞台に立ってました。
ずっと笑顔だったのに、みるみる顔が崩れて泣きだしてしまうゆみこちゃん。
AQUAコンのアンコールの「ちょ、あやぶきさーん、顔崩れてるからっ!」状態で………可愛いv
「本当にありがとうございました」と言うのが精いっぱいで、袖にいる組子を呼ぶゆみこちゃんに「も、もういいの?」と遠慮がちに出てくる水ちゃんたち(笑)

ここまで何度かゆみこちゃんに「愛してる」とか「ありがとう」とか客席から声が飛んでたんですが、この時2階から男性の声で「ハマコちゃん、結婚してーー!」と声がかかり、客席爆笑。
舞台上も一気に「普通の女の子」に戻る雪っ子たち(笑)
笑いながら「雪組でお嫁さんにしたいナンバーワンなので」とハマコさん。
水ちゃん「そう、4人はこれからは女性としての人生をね…って今も女性ですけど」←爆

なんか千秋楽って結局いつもしんみりで終わらない気がする(その方がいいんですけど)
他の組もこんなんなんでしょうか???

ここでだったかな、水ちゃん「ずっと一緒にいたんでね。この期に及んでまだ実感が無い」って言ってました。
「次の公演はこの4人も客席から、対面式で参加してくれると思います」←どこまでも夏希節(笑)

4回目は緞帳はあがらず、上手袖から出てきた4人プラス水ちゃんが、上手から銀橋を渡りました。
(2階席のひともちゃんと見えたかなぁ?)
じんじん、ゆみこちゃんと渡り始めて、次に水ちゃん、というところでハマコさんを先に行かせた水ちゃん。
さゆちゃんも先に行かせて最後を歩く水ちゃんは、まるでお父ちゃん(爆)
でも、銀橋の真ん中あたりで立ち止まった時に「センターがずれてるよ」と厳しいチェックを入れるトップさんでもありました(笑)

銀橋真ん中で「じゃあ、今日のお花を選んだポイントでも聞きましょうか」と水ちゃん。
客席の笑いに「え?いらない?」と口パクで聞いてる水ちゃんが可笑しい。
でも私は聞きたかったので嬉しかったです。

さゆちゃんは「真っ白のお花にしたかった」からと選んだそうです。
「すごくいい香りなんですよ」というさゆちゃんに、鼻をくんくんさせて「まぁ」とオネェな水ちゃんに笑いが起こってました(笑)
じんじんは白いバラとラメの付いたアマリリスだったかな。

ハマコさんは「黄色が好きなので」と白い胡蝶蘭と黄色のバラを選んだそうです。
「ハマコらしい。化粧前も楽屋着も全部黄色なんです」とやっぱりちょっとオネェ口調の水ちゃん。

ゆみこちゃんは桜。
「はじめて見ました」と水ちゃん。
選んだ理由は「春が好きで、退団を決めたのも春の公演だから」とゆみこちゃん。
男役としては一見ちょっと可憐すぎる気がするけど、その頑固さ、芯の強さがファンにはとても力強く見えたんじゃないかなぁ。
少なくとも私はその桜に「可愛い」ではなく「カッコイイ」ゆみこちゃんを感じてました。

そして「思い残すことはありませんか?」の水ちゃんの言葉に4人は頷き、銀橋を下手に歩いて緞帳前をまた下手から上手に。
4人の後ろについて歩く水ちゃん、キラキラ衣装なのに小さく見えて、その姿に「先輩、大丈夫かな?」と心配してくれる、ゆみこちゃんファンの友人たち。
でも上手袖で、胸に右手を当ててお辞儀をしてはけていった水ちゃんは、やっぱりキラキラカッコよかったです!←ファンなので(笑)




楽屋出。
実はサヨナラショーが終わった頃、泣き過ぎのせいか(途中で息をするのを忘れてた?)酸欠と貧血で頭痛がひどく、身体が震えて息切れがして、拍手のための腕さえあがらない状態になっていました。
出待ちも出来ないんじゃないかと思うくらいで…
そのあと「さよなら皆様」くらいからちょっとずつ復活できたので良かったんですが、次公演は息をすることを忘れないようにしようと思いました。
皆さんも気を付けてくださいね(そんなの私だけ?)

出待ちはガード場所が帝国ホテル側だったので最後の一瞬しか見えませんでしたが、4人ともこちらを見てお辞儀したり手を振ってくれました。
ハマコさんが一番ぶんぶん手を振ってくれました(笑)
ゆみこちゃんは「さんきゅー!」って叫んで車に乗りこんで行きました。

そして、水ちゃんはとても穏やかな笑顔でファンに手を振ってくれて可愛かったですv

雪組の皆さん、お疲れ様でした!
組旅行、楽しんでるかなぁ?(笑)













あの12月15日から、4月25日に向かってずっと走り続けてきた気がします。
本当は1月14日から9月12日に向かってノンストップで走りたかったけれど…

今はすっかり気が抜けて、足を止めてしまった気分です。

さゆちゃんもじんじんも卒業は悲しい。
でも、やっぱりハマコさんと、そして何よりゆみこちゃんの卒業が寂しいです。

と言いながら、本当に実感するのは次の大劇場公演を見た時なんだろうなぁ。
その日が怖いなぁ。
水ちゃんサヨナラのつらさに上乗せだもの…

その頃にはちゃんと走り始められるようエネルギーを充てんしておかなくちゃね。
宝塚(舞台の感想) | 【2010-04-26(Mon) 18:54:46】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。