スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Happy Birthday! あんど ロジェ/LR 8/15


水ちゃん、お誕生日おめでとうございます!

色々とお祝いと感謝の言葉を書いてみたけれど、溢れて伝え切れないので(笑)消しました。
とにかく「あなたに出会えて良かった。生まれてきてくれて有難う」と心から思います。
この1年がまた、水ちゃんにとって素晴らしいものになりますように!


昨日の楽屋出ではFC会員で小旗を振ったんですが、照れながらも嬉しそうな水ちゃんでした。
楽しかったぁ!
すごい暑かったけど(^^;

楽屋出の後は79期の皆さんにお祝いしてもらったようですね~!(大鳥れいさんのブログより)

今日は会社のデスクにその旗を飾って、ひとりでお祝い気分です(爆)←社員ほとんど盆休みなのでしたい放題
便乗して今晩はケーキでも食べようっと(^^)



以下は昨日8/15の公演を観て思ったこと、などなど。





「ロジェ」はいくつかカットされた場面がありました。

リオンから笛を渡されるエピソードはまるまるカット。
あとマキシムの「アルゼンチン料理?」のひと言もカット。

私が観なかった8/14の16時(友の会貸切)の時からの変更みたいです。
1時間半の大休憩の間に指示されたわけですね…


「そもそも笛のエピソードって何で要ったの?」と友達と話していたんですが、私の勝手な解釈としては「ロジェとリオンの関係性を表すため」だったんだと思うんです。
このふたり、少しは軽口をきき合える仲なんだよ…というのを表すため。

大劇場の前半はやっぱり、水ちゃんとキムくんの雰囲気が「信頼し合った友人」には見えなくて、だからそういう表現(場面)も必要だったんだと思います。
でも一ヶ月間で、かなりふたりが対等っぽくなって来たのでカットしてもOKになったのかな、と。
まぁ、上演時間が予定より延びていたので、カットする必要が出たのが大きいんでしょうが。


あと、これは初日から変わってましたが…
大劇場との変更点で「ん?」と思ったのは、最初のタンゴ酒場でレアがロジェをダンスに誘うくだり。
大劇場の時よりさらにロジェが「ひでぇやつ」になっています(笑)
見た目はカッコイイのに恋愛スキル最低…みたいな(爆)

大劇場公演の時も「女性から誘ったのを、ちょっとその気にさせといて断るってどゆこと!?」みたいに思ってたし、友達ともそう言ってたんですよね。
ただ、私たちは女性だからついレアの立場で考えて「おいおい」って思っちゃうけど、目線をロジェに変えるとちょっと違うのかな…と思うようになりました。

この時点のロジェって、本当にレアのことは全く何とも思ってないんですよ。
下手すると、ちょっとレアのこと嫌いなのかもしれない。
だって、自分は私怨のみに生きてるのに、レアは「戦争を起こさないために自分に出来ることをしてる」とかって堂々と言うわけで。
24年間の生き方を今さら変えられないし変える気持ちも無いけど、でもレアの主義主張はロジェの神経に触ったんじゃないかなぁ。

少なくとも、この時点のロジェにとってレアは気を使うべき相手ではない。
だから、誘われたから手を取ったものの、自分の性には合わないなって気付いたから、相手に失礼とか何とか考えずに「やっぱやめた」と断っちゃえる。

それは、レアが「ひとりでいても仕様がないし」という台詞のあとの「だから」という部分の演出が変わったことで、よりハッキリわかる気がします。
大劇場では「だから他の男性もいるから誘えば?」という感じでそれなりに気を使っている風だったのが、東京は「だから俺のせいにすんなよ」と不機嫌になってて、ロジェが超ガキっぽいんだもん(爆)

こんなガキっぽい男が、タカラヅカ作品の主人公でいいのか?という疑問はさておき(苦笑)
ここはラストシーンの伏線にもなってるんですけど、ロジェがさらにガキっぽくなったことによって、ラストシーンは逆に生きてきたように思います。

ラストの酒場、ふたりで踊り出すものの最初は少しおとなしめで。
で、一度手を離して…ロジェは背を向けるんですよね。
レアは「やっぱりダメね」みたいに少し悲しげなんですが、振り返ったロジェは、今度は何かを振っ切ったかのように積極的にレアをリードして踊り出す。
戸惑い気味だったレアも、ロジェの変化に気付いて合わせていく…

たぶん、この振り返る一瞬で、ロジェは生まれ変わったんだと思うんです。
「慣れないことをして自爆するなんてまっぴら」だったのが「慣れないことでも、初めてのことでも失敗を恐れずやってみよう」って。
最後のいかにも「サヨナラ仕様」演出がちょっと唐突な感じなのは否めないけれど、生まれ変わったロジェが旅立つ…そういう流れなんだろうなぁ~と思います。

以上、私の勝手な解釈、別の名を「妄想劇場」でした(笑)




「ロック・オン!」の方も、8/14の16時(友の会貸切)から変更された点がありました。

孔雀王子の登場が、ぎりぎりまで黒幕で隠されてるようになりました。
これで水ちゃんのお着替えタイムに数秒でも余裕が出来たかな?(笑)

あと14日の感想で「テンポ早すぎる」と書いた中詰めの音楽が、大劇場と同じくらいのテンポになってました。
良かった!嬉しい!!


16:00公演は水会総見だったので、拍手がすごいことになってましたが(自分たちの拍手で舞台の音が聞こえないってどうよ^^;)11:30公演もプロローグ後の拍手と歓声がものすごくて、水ちゃん思わず苦笑。
いや、困らせるつもりは無いんですよ?あなたの困った顔が可愛くて楽しいだけなんです(爆)

中詰めの煽りアドリブは、11:30が「客席のみんなが笑顔だから」で、16:00が「明日休演日だし張り切っちゃう?」とか言ってた気がします(だから自分たちの拍手で聞こえないっての^^;)

この日もブルース。
何度観ても水ちゃんカッコいい。
ひとことで言うと「色悪」かな…こんなムードが出せる人はなかなかいないですよね。

ただ、色っぽいラテンみなこ嬢がそろそろ観たいっ!
欲求不満(笑)

色っぽいみなこちゃんと言えば、ゴールドフィンガーのセリ上がりの後の手首クネクネな振付が大好きだったんですが、その振付が無くなっているーーーー!!
(初日と2日目は水ちゃんにロックオンだったので気付かなかった)
手首クネクネ…くすん、ショックです。

黒ストール使った振り付けは、初日と2日目11:30は足で踏んじゃったみたいで失敗でしたが、この日は両公演とも完璧でした。
芝居での手錠や銃もそうですが、小道具を使うところは失敗しないか観ていてドキドキしますね←まるで親の気持ち(笑)


16:00公演、総見ならでは、のポイントはパレードの「ロック・オン・ユー」の時に二階全体を指差してくれたのと、緞帳が閉まる直前に投げキッスをしてくれたこと、くらいかな。

そして11:30公演の個人的トピックスとしては、客席降りで水ちゃんにタッチできました!(嬉)
またひとつ、素敵な思い出が増えました(^^)
宝塚(舞台の感想) | 【2010-08-16(Mon) 15:44:33】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。