スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ラスト水茶 1

最後のお茶会に行ってきました。

一部ですが、簡単なレポです。
なお、いつものごとく、水ちゃんの言葉そのままではなく私の記憶に頼った「確かこんな感じ」なレポですので、ご了承のうえ読んでくださいね。





16時公演が舞台機構トラブルで10分ほど遅れたために終演時間もずれ込み、お茶会も予定より15分ほど遅れて20:30頃開始。

ロック・オンのプロローグの音楽に合わせて(もちろんファンは手拍子)水ちゃん登場。
上は白のシャツに白のジャケット、左の胸元に深青緑色の大きなコサージュ。
下は黒のパンツ。
靴は確認するの忘れました(^^;)

乾杯のご挨拶
「短い時間ですが、凝縮して、内容の濃いものにしたいと思います」

司会の「では早速・・・」という振りに「どんどん行こうっ!」と答えてました(笑)


まずは公演についての質問。

●ロジェ

・スーツコレクションみたいになっていますが、どの衣装が一番お気に入りですか?

2着目の「THE刑事!」みたいなブルーのスーツも好きですが、その次の白シャツに黒のストライプのスーツが気に入ってますね。
最後にね、貰っていこうかと思ったんですけど(笑)
退める時は気に入った衣装がひとつ貰える、という噂があって・・・それはウソだったみたいですが、まぁ貰ってもね、どうするんだ?っていうね(笑)


・東京公演ではマキシムに対して更に冷たくなった気がしますが?

え?そうですか?
あぁ、でもそうですね、役作りとして・・・
大劇場公演の時は「復讐の心を持ちながらも表面は普通に生きている」というのを先生が何度も仰ったんで、そういう風に作ったんですけれど。
東京公演では、さらに「憎しみとか苦しみを隠して普通に生きているけれど、隠し切れていない」という風に作ってみないか?ということになったので。
東京では全体的に暗く重くなったし、マキシムにも冷たくなっているかもしれません。
対するマキシムも変わってきて、ヴィンセントとロジェが険悪になってると「(高い声で)出来れば豚肉は避けて・・・」とか(笑)
KYじゃないよ空気読んでるじゃん、って(笑)
コマも「なんか変わってきてますよね?」とか言いながら演ってます(笑)


・今日の16時公演で中断がありましたが、その間はどうやって集中を保ってたんですか?

え・・・?
保ってないです(苦笑)
下級生にマッサージしてもらったりしてました(笑)

あ、観ていない方に説明しますと、うちの舞台装置の検査ミスで、確認しないと危ないということになったので、途中で止めて一度全部確認してから再開したんです。
ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

袖で、ひろみがコソっと寄ってきて「写真撮っていいですか?」とか言うから撮って(笑)
あと「んー」って(自分で)肩押さえてたら、香音・・・ゆかことハウルが来て「得意なんです」と言いながら揉んでくれて。
そしたら、みなこが「写真撮っていいですか?」って来て(爆)
いつもは早変わりなんでそういう時間が全然ないんですけど、そんな風に過ごしてました。
あ、でも始まったらね、カチっとスイッチ切り替えて、カチっとね(笑)


・シュミットの診療所の場面、水さんだったら、レアに話しかけられたいですか?そっとしておいて欲しいですか?

え?私だったら?
あぁ、女性の感覚だと、ああいう時はそっとしておいた方がいいかなって思いますよね。
だから、もし私だったら、話しかけない。
でも、三木先生が話してたんですけど、男性としては、ああいう時に傍に女性がいるかいないかでは大違いなんですって。
(客席:へえ~)
正塚先生からは何も言われてないんですけどね。
ロジェは、無意識のうちに「嬉しい」と思ってるんじゃないかな。


・診療所のセットの向こうではかなりの人数が集まっていると思いますが?

結構後ろに奥行きがあるんで、台に上がったところに3人・・・かな。
あとは台の後ろにいます。
でも、影が映らないようにしないといけないので、かなりキュッと集まってます。
私たち(台上の3人)は黙ってるんですけど、後ろでは何かこそこそしてますね(苦笑)
裏ではキタさんが私を扇いでくれてるんです(笑)


●ロック・オン!

・踊りまくってますが、スタミナを保つ秘訣はなんですか?

もう気合いですよ、気合い!
それしかない(笑)
あ、でも大劇場は楽屋と舞台が同じ階なんですけど、東京は階が違うのでいつもは階段を上り下りしてるんですけど。
今回はどんなに待っても(エレベーターは地下3階から地上5階まであるらしい)絶対エレベーターを使って体力温存してます。
(司会:では気合いとノウハウですね)
そうですね。まとめて頂きました(笑)


・ロン毛のかつらが多いですが、こだわりは?

こだわり・・・うーん。
プロローグは、衣装がふたつあるので髪型もガラっと変えた方がいいかなっと思って。
ただロックな髪型って難しくて、今も色々と変えてる・・・というか変わっちゃうんですけど(苦笑)

それから(オペラ座の)ここから長いっていう髪型は、あれって、おかしくない?
(客席爆笑)
舞台ではサイドをオールバックにしているからいいけど、この人、髪の毛洗ったらどうなるの?おかっぱ?
(客席大爆笑)
ね?でもタカラヅカ的にはアリなんですよねぇ。

ラビリンスの場面は「月の王」という役名がついていますが、同時に「水夏希」として踊って欲しいということだったので、地毛でもいいんじゃないかって言ってたんです。
お稽古場では普通に(地毛で)髪振り乱して踊ってましたしね。
でも舞台稽古の時に、髪が長い方が動きがあっていいんじゃないかという話になって、川崎悦子先生もそうして欲しいという風に仰ったんで、ああなりました。


・今までで一番重かった羽根は?

今回のはかなり重い方じゃないかなぁ。
キジ羽根ってね、売ってる長さは決まってるんですよ・・・って皆さんに言っても関係ないですけど(笑)
今回のは中心の輪が大きく作られているので、その分全体の円も大きいし、重いと思います。
自分に合わせて作ってもらってますから、中心がずれたりすることもなく(笑)
ありがたいです。


・最後の公演でかなった夢は?

千秋楽のご挨拶に、黒燕尾で大階段を降りたことですね。
黒燕尾ってやっぱり特別で、今回の公演でも、あれだけ早変わりして踊り続けて、でも黒燕尾が一番落ち着いて出ていられるんですよ。
それこそ研一とか研二とかから着ていますからね。
黒紋付と緑の袴は、入団の時や公式の行事の時に着るタカラジェンヌとしての正装なんですけど、私の中では素化粧で着るもの、という感じで。
舞台上では男役・水夏希でいたいと思っていましたので、夢がかないました。




公演に関してのお話はこれくらいだったと思います。
この後、握手会パート1になりました。
宝塚(お茶会・トークイベント) | 【2010-08-23(Mon) 16:49:00】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。