スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ロジェ/LR 9/9 18:30

今日から(実質、昨日の夜公演からになりますが)残りの全公演を観る予定です。
精神的にどうなるか自分でも予測がつきませんし、体力的にも限界に近いので、今までのタイミング(公演翌日)でレポは出来ないと思います。

公演や楽の入り出の様子など、ツイッター並みの短文くらいは書けたらいいな…と思っておりますが、お約束は出来ませんのでご了承ください。



それでは昨日の夜公演の簡単レポ。





1階真ん中列の下手端でした。
今公演、1階席はもともと少なくて、しかも全部上手側から観ていたので全てが新鮮な景色でした。

僧侶の格好したカウフマンたちが舞台奥のセットから出てくる様子。
銀橋でリオンと腕の掴みあいをする時のガキっぽいロジェの表情。
カウフマンVSレアたちの様子を伺っている時の壁にへばりついてるロジェの指先。

「気付く前にやられるぞ」の箇所と、ゲルハルトの屋敷で行儀悪くデスクに座ってるところは、真っ正面からロジェさんの顔を見る感じで「わっ、睨まれてる…こわっ」とビビってました(^^;

シュミットとの最後のやりとりは、ロジェの表情がすごくよく見えて…
痛くて痛くてたまりませんでした。

最後の銀橋…ロジェさん、いえ水ちゃんを見る本舞台の皆さんの顔が真正面。
とてもとても、綺麗な笑顔、でした。




私の周囲は仙台から東京観光に来たという、平均年齢の高そうな団体さんで(なぜか私だけがその集団に紛れ込んでいた^^;)
VSカウフマンの場面の発砲音に「ギャー!」
クラウスあらためラウルが撃たれる音にも「ギャー!」

さらに「さぁ、撃て!撃ってくれ」とシュミットが言ってロジェが銃を取りだすと「いやぁ」「だめぇー」

すっかり、お茶の間劇場(^^;
でも、声を出すというマナー違反はともかく、真剣にお話に入り込んで観てくれていて、ロジェが叫びながら銃を降ろすと、お隣席の人はハンカチで何度も何度も涙を拭いてました。

そんな団体さんのおかげで(?)私は、水ちゃんのサヨナラモードで泣くことは無く。
(プロローグのダンスだけは、あまりの格好良さに、これがもう観れないのかと思って泣けたけど)

周囲の新鮮な反応に、自分が初めてタカラヅカを観た時のことをふと思い出したりしてました。
場所は旧宝塚大劇場でしたけど、同じように1階の下手端席から観て「うわぁ、すごい~」と思ったんですよねぇ。
ちなみに「夜明けの序曲」初演ですが(^^;



そして、ショー。

こちらも初の1階下手席からの眺めは新鮮。
ソフト帽は斜めに被るからか、表情が違って見えたり。
水ちゃんって右側の額に血管浮いてる(青筋たってる)って気付いたり(^^;

オペラ座のみなこちゃんに向ける表情が良く見えて嬉しかった。

そうそう、中詰めの上段で休憩している時に、一瞬チラ見された気がする(笑)
私の周りは団体席で、オペラでガン見してるの私だけだったから、レンズが光ったかな?(^^;



客席に先輩OGがいらっしゃらなかったのか、掛け声アドリブはすっかり水部長モードで。

水「本日は、この公演最後の夜公演です。(腕時計を指す振りをしながら)もう9時も過ぎておりますが、夜の変なテンションで参加してください(笑)」

変なテンションて(^^;

水「(下手指して)男性の方も(上手指して)初めての女性の方も、二階の方も…あ、立ち見の方もね、見えてますから」

ライトに手をかざすようにして二階を見上げる水ちゃん。

水「皆さんの拍手がショーを続けます。あ、One More Timeって言ってくださいね」

初見の人、ここでようやく理解?
(でも私の周囲は英語って時点で?マークが飛んでました^^;)

水「うまく行かなかったら、そこで緞帳おりますからっ!」

ええーー!?(本舞台で組子も大ウケ)

水「いいですね?いきますよ?せーのっ!」

(客席)「わんもあたーーーーーいむっ!」

水「いえーい!」

盛り上がる!盛り上がる!
キメは聞き取りづらかったんですが「忘れられない夜になりそうだ」って私は聞こえました。
二階に投げキスまで飛ばしてくれて「ひゃーーー」という黄色い声が起こってました(^^)



第5場はブルース。
チギコマミナの銀橋、周囲の団体さんが真打ちで手拍子をするので、裏打ちの私が何だか間違ってる人みたいになってました(笑)

孔雀王子のかつらはプラチナブロンドの方だったと思います。
カルガモ親子(下級生たちが水ちゃんの後ろを付いてくところ)で、オペラの中に水ちゃんを見つめるきんぐの笑顔が映り込んで、それが綺麗で可愛くて、一気に涙腺崩壊しました(グラフ9月号の座談会を思い出しちゃって…)


団体さん達は…
みなこちゃんの姿に「お人形みたいねぇ」とつぶやいたり。
ラインダンスに「おお、足あげるやつだ」と喜んだり。
パレードの大羽根に「すごいーーー!」と盛り上がったり。

でも、一番拍手がすごかったのは黒燕尾でした。
腕を上にあげて心からの拍手が周囲からわきあがってました。

それが、なんだかとても嬉しくて……水ちゃんのファンであることが誇らしかったです。



終演後「いかがでしたか?」とうかがうと「初めて見たけど…びっくらこいたぁ」と仰ってたおばあちゃん。
無事に仙台に帰りはったかなぁ?
宝塚(舞台の感想) | 【2010-09-10(Fri) 11:24:38】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。