スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ちょっと語ってみる3

東京は昨夜から雨です。






気温も低くて、冷たい雨です。
季節は夏から秋へと移っていくのだな…としみじみ思います。

それから、これがこの間の土日じゃなくて良かった…とも思います。
前楽の晩から劇場前には徹夜の人たちがいましたし、千秋楽の日も下級生会がずっとガードの場所取りをしていてくれました。
暑いのも大変ですが、今日のような冷たい雨では風邪をひいてしまっていたでしょう。
楽屋入りも、出のパレードも、雨の中では大変だったと思います。
本当に良かった。

今朝、ひんやりとした雨の匂いに、ロシRIOの頃の感覚をふわっと思い出しました。
とてもとても楽しい公演だったけれど、でもそろそろ水ちゃんのサヨナラを覚悟しなきゃいけないんだろうなぁ…と考えていた去年の秋。
春の公演か、その次か…カレンダーの掲載月も気になって、でもゆみこちゃんに引き継ぐことを考えたら春かなぁと思っていた頃。
その先に起こったことを知る今となっては、なんとも言いようが無い、切なさと寂しさと、やり切れなさが混ざった気持ちで…今朝はちょっとブルーです。

匂いって…不思議なくらい鮮やかに記憶、感情を呼び覚ましますね。




そう言えば、水ちゃんは匂いのしない人だったなぁ、と思います。
ジェンヌさんによっては擦れ違うとふわっと香水の香りがする人もいますけれど、水ちゃんはお茶会で握手させて頂いた時もそういうのは無かったと記憶しています。

千秋楽のお花・カラーも香りの無いお花なんでしょうか。
フェアウェルパーティの時に花束が鼻先を掠めるような場所にいたのですが、まったく香りがしなくて…
そのスラっと長くすっきりとした花の形だけでなく、香りのしないところが「あぁ、水ちゃんらしいなぁ」と強く心に残っています。

飾らない人ですよね。
もちろん仕事としてデコラティブにすべきところは誰よりも拘ってらっしゃったけど。
大劇場の時も、東宝でも、千秋楽の入り出はいつもの車で花飾りも無かったし。
言葉もストレートでざっくばらんで正直で。

熱い魂を持ちつつも苛烈ではなく、透き通った清冽な人。

これからも水ちゃんがそうであれば、私はいつまでも惹かれ続けるのでしょうね…

宝塚(その他) | 【2010-09-16(Thu) 11:24:14】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。