スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Diana-月の女神 10/27 19:00

こんばんは、ここのところの水不足のため、水ちゃんの夢を見てしまった痛いファンです(笑)
夢の中の水ちゃんは、少年のように爽やかなニコニコ笑顔でした!
たぶんブルーミングサイトの写真を見たせいです。
(3枚目の白シャツ&デニムの写真の笑顔にそっくりだったもん)
単純なファンです(苦笑)


さて、表題の「Diana」
公演評をちらっと見掛けて興味を持ち、急きょチケットを探して観に行ってきました。

東京劇術劇場には何度か観に行ってますが、小ホールは久しぶり。
マウスプロの「新版相続法概説」以来かな?

TSミュージカルも「フォーチュンクッキー」以来。
調べたら2002年上演作品だから8年前!?
Nessyさんが出てて、当時はヅカの生徒だったわたるくんが外部出演していて…
内容はあまり覚えて無いんだけどね(^^;

…と思い出話は置いといて、Dianaです。





ひとことで言えば、素晴らしかった!

誰が、とか何処が、というより全体的に素晴らしい。
つまり偉大なのは謝先生ということか、うん。


実は一幕が終わった時にはそこまで絶賛はしてませんでした。
普通に「いいなぁ」程度。

わたるくんの表情いいなぁ、とか。
ずんちゃん可愛いなぁ、とか。
セットが、シンプルなのにちょっとした小道具で転換するのが好みだなぁ、とかね。

3人の男性共演者が動くことで場面が変わったり、狂言回し風に展開したり…
先ほども書いたけど、舞台セットは数本のポールがぶら下がっているだけというシンプルなもので、それが色々な場面に展開するのも巧くて…

そういう作り方は凝ってるけど、ストーリーそのものは意外と判りやすくて。
歌詞も台詞もとっても判りやすくて。
それが、捻くれ者の私にはちょっと物足りなかった(笑)


で、そんな安直な自分を二幕で反省した次第です(苦笑)

歌詞も台詞もとっても判りやすいけど、比喩表現をしたり理屈を捏ね繰り回したり、そんな言葉遊びなんか必要無かったんだって。
ストレートな言葉が、ストレートな思いになって、ガツンと頭と胸を打つんだなって実感しました。

あ、泣きそう、泣く…と思う前に泣いてました。


舞台と客席の張りつめた空気――小劇場芝居の醍醐味。
小道具の鈴が床に落ちる「カツン」という音さえ聞こえてくる、狭い空間だからこその作品。
子供の入れない大人だけの空間だから生きる芝居。

でも逆に、狭いから自分の嗚咽が劇場中に響いてしまいそうで…
こめかみが痛くなるほどに、歯を食いしばるほどに、号泣するのを堪えるのがツラかった(^^;



“タカラヅカ”が好きな人には、どうなんだろう?って思うけど。
野田秀樹さんとか好きな人には、結構いいんじゃないだろうか(ミュージカルに抵抗なければ)と思う。

野田さんほど難しく無いし、長塚さんのような狂気は無い(笑)
でも揺さぶられる。
くすくすっとした笑いもあるし、観終わった後に「普通の人が普通に生きて行く」ための勇気を貰えるような作品だと思います。



いつか、こういう作品を水ちゃんとゆみこちゃんで観たいなぁ~と思ったのは…まぁ、水ゆみ担のお約束ということで(^^;
(わたるくんの役→水ちゃん、ずんちゃんの役→ゆみこちゃん、どうかなぁ?)
その他の舞台・コンサート・イベント | 【2010-10-28(Thu) 16:14:14】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。