スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ビクター・ビクトリア 7/16 16:30

連休最終日の昨日は、朝4時前から夫婦でTV前にかじりつき(笑)
ひと眠りしてから、午後はハリーポッター最終章3Dを見てきました。

特別ハリポタファンというわけでもないのですが、2作目の「秘密の部屋」からずっと旦那と映画館で見て来たので「ここまで来たら行くしかないでしょう」と出掛けました(笑)
純粋な人ならば感動するであろうシーンをちょいちょい斜めに見てしまう自分に、我ながら大人としての汚れを感じたりもしましたが(だって大人だもん)
迫力もあって、ラブもあって、なかなか楽しかったです。

ちなみになぜ2作目から見始めたかというと、トム・リドル役の吹替えが石田彰さんだったから・・・なんですよね。
今も昔も私の行動原理は「ファンだから」なのです(^^;


さて、続きは本題のVV感想。
ネタバレしてますし、辛口の部分もありますし、最後は支離滅裂ですのでご注意ください。






まずはストーリーについてですが、第1幕を観終わった時点では正直「うーん、つまらないとは言わないけど特に響かないなぁ」という感じでした。
1幕は主人公のビクトリアが「本当は女性なんだけど、女装した男性として売り出される」という設定になるまでのドタバタがメインで、音楽も台詞のやりとりも楽しいけれども中身が無いっていうか。
でも第2幕でビクトリアが恋をして「男性として生きることの自由さ」と「女性としての恋」に葛藤するところあたりから少し面白くなりましたね。

私は最初、ビクトリアが本性をバラすのを拒むのは、てっきり「人気スターじゃなくなる」ことが嫌だからだと思ったんですが、そうじゃなくて彼女は「女性として生きる窮屈さ」に戻るのが嫌なんですよね。
なんか同じ女性としてはすっごく共感できるというか考えさせられて、単なる軽いだけのシチュエーションコメディじゃ無いんだなって思いました。
ま、結局ラストシーンでは、そこんとこ解決したのかしてないのか良く判んないんで不完全燃焼なんだけど(^^;


そんなビクトリアの悩み所である「女性の窮屈さ」を全然モノともしていないのが、ゆみこちゃん演じるノーマ。
むしろ本能のままに生きてますって感じ(爆)
これはイギリス女性であるビクトリアとアメリカ女性であるノーマの違いでもあるでしょうし、だからこそこの作品にはビクトリアとの対比としてノーマという役が存在するんでしょうね。


実は観る前はノーマってもっと「イヤな女」かもしれないと覚悟していたので、そうじゃなくて良かったというのが一番の感想かな。
まぁ、予想通りのおバカさんなんだけど(^^;
物事を深く考えなくて、イイ男と見れば誘わないではいられないというか←でも見る目は無い(^^;
目の前の快楽に一直線というか、アレしか考えていないというか←恥じらいも無い(^^;
いやまぁ、正直ゆみこちゃんの口から出るのが「うわあっ!?」という台詞もありましたが、こっちも大人だからねーーー平気で笑い飛ばしちゃいました(爆)
(純粋なお嬢さんファンの子にはショックかもなぁ?)

衣装については全然平気!
・・・というか、いつものように「脱げば脱ぐほど色気が無くなる」になるかと思ったら、なんだか今回は「脱げば脱ぐほど逞しい!こわいよー」と思いました。

ごめんなさい、ほんっとゴメンナサイ!!
ゆみこちゃんの全てがブラボーっていうファンの方に怒られそうですが、私はそう思っちゃったんですよ。

なんでだろう?
立派な肩とウェストが原因ですかねぇ?
美脚はもうほんっと素晴らしく眼福なんで、あと必要なのは、うん、くびれだ!!
(アフタートークショーからしてご本人も自覚ありみたいだけど^^;)


他の出演者では、やっぱり岡さんが最強!
私、今までに何種類の岡さん観てるんだろうなぁ?
(何役というより何種類と言った方がしっくりくる気がする^^;)

トディは、ノーマとは別の意味でビクトリアと対比になる役どころ。
ゲイの役って一歩間違えると中途半端に気持ち悪いだけになるけど、イキイキしてて魅力的なのは岡さんがしっかり人間像を作り上げているからだろうな。
岡さんのトディは頼りになる年上の女友達って感じがしましたね。
下村さんはまた全然違うらしいので、どんな感じなのか観るのが楽しみです。


かしちゃんは、たぶん私初めて観たんですよね。
音ちゃんの同期生だったから下級生の頃から名前もお顔も知ってたけど、当時から綺麗な子っていう印象で、今回ナマで観てもやっぱり綺麗な人でした。
退団してもう5年なんですね。
女性役に全然違和感なくて、でもキラキラ衣装はさすがの貫禄で、そして最後のドレスの裾を後ろ蹴りしてるのがとっても男らしかった(爆)

好きな役者さんが出ているから観に行くっていうのが私のスタンスなんですけど、今回は観ながら色々と考えちゃいました。
宝塚出身者の場合、やっぱり前世のイメージがあるからビックリ心臓に悪いこともあるよねぇ・・・って。
というのも、かしちゃんのキスシーンが普通の女優さんがするのと違ってショックだったんです(^^;
エリザでコムちゃんとかも観てるけどさぁ・・・
ファンの人は平気なの?ねえねえ、平気なの???


ゆみこちゃんが卒業してから出演したミュージカルはこれで3作目だけど、ひとつずつハードルを(ご本人もファンも)越えさせられてる感じがするのよね。
でもでも、キスシーンとかは、ま、まだ、心の準備があああああぁぁぁ(混乱)


きゅーぴーちゃーーーん!


混乱のまま終わる・・・(^^;

彩吹真央・ゆみこちゃん | 【2011-07-19(Tue) 16:42:07】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。