スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

1st. Anniversary Special Talk Live レポのような感想のようなもの その11

続きです。

昼(14時)夜(17時)両公演とも観たので記憶ごちゃまぜです。
レポも感想もごちゃまぜです。
順番もごちゃまぜです。
宜しくお願いします。


※注意※
毎度のことながら、私の低レベル脳内メモリーに頼ったレポですので間違っていることも多々あります。
水ちゃん&ゆみこちゃんの発言のまんまでは決してありません。
あくまでもニュアンスレポとして読んでくださいね。



たたみます。








これは夜公演の時だったのですが、花組時代の話で盛り上がっていると…

彩「雪組の話もしましょうよ~」

と、ゆみこちゃんからご提案。
ちょうど次のコーナー(水ゆみの歌)に移るタイミングだったので『ナイスきっかけ!ゆみこちゃん』という感じでした。
水ちゃんも同じように思ったんでしょうね。

水「それならまず、これから始めなきゃね(^^)」←立ち上がって椅子を動かし始める
彩「え…?」←座ったまんまキョトン
水「(あれ?)」←ゆみこちゃんの様子に気づく
彩「…??」←まだキョトン
水「こないだ春野さんと歌ったんでしょう?」←ゆみこ判って無いんだ!と気付いてヒントを出す先輩
彩「あ……ああ!そうなんです」←ようやくピンときた!

ゆみこちゃんてば、きっかけ作りに「雪組の話も~」と言い出したのかと思いきや、まったくそんな意図は無かったようです(笑)
慌ててヨイショヨイショと椅子を後方に運ぶゆみこちゃんだったのでした(^^)



ここで歌われたのは、エリザベートの『闇が広がる』

歌う前に「春野さんに負けないもん」宣言をした水ちゃん。
昼公演では「春野さんと歌ったんだよねぇ…負けないからっ!p(^_^)q」頑張るぞって感じだったのが、夜公演では「春野さん……春野さんかぁ(←ちょっと弱気?)……負けないぞぉっ(>ε<)」と負けん気の駄々っ子みたいで超可愛かったです(笑)

そんな風に水ちゃんが言ったのは、8月初旬のオサさんイベントにゆみこちゃんがゲスト出演して二人で「闇広」を歌ったから。
ゆみこちゃんファンの多くはこのことを知っていたものの水ちゃんファンは知らない方がほとんどだったみたいで、前奏が流れた瞬間に「わあぁっ!」とドヨメキが起こりました。
(私は知っていたので、水ちゃんが「春野さんと歌ったんでしょ?」と言った瞬間に「うおお!闇広かっ!」と内心でドヨってました^^;)


でも、そんな会場のドヨメキなぞ歯牙にもかけず
前奏が掛かった途端、水ちゃんの表情がガラリと変わって

トート閣下 降臨!!

どよめいていた客席も即座にシーン。
ヅカメイクもしてないのに、衣装だって変わって無いのに、そこにいたのは紛れもなくトート閣下でした。


歌の間はもう、水ちゃんから視線を外せませんでしたね。
自分が歌うところだけじゃなくて、ゆみこちゃんの歌詞に合わせて表情や視線が変わるんですよ。
手の内に落ちて来たルドルフに「してやったり」の微笑みなんて………ゾクゾクしました。

私、本当に水ちゃんの芝居心が好きだわぁ。
もう幾度となくそう思わされてるんですが、こういうの見せられるとあらためて思っちゃいます。
ダンスもそうなんですが、水ちゃんて歌う時も「その世界」が見えるような気がするんですよね。

あぁ、コンサートもすっごく楽しかったけど、やっぱり役者としての水夏希も観たいなぁ~
でもコンサートやショーを見ると“エンターテイナー水夏希”にBRAVO!だしなぁ~

贅沢だなぁ~
幸せだなぁ~

はあああぁ(*´∀`*)



夜公演では、歌い終わった後でゆみこちゃんが「水さんの目が違う!」って言ってました。
目がトートだったって…
(水ちゃんは「そう?」って感じで照れてたけど)

客席から観ててもそうなんだから、あの視線で直撃されるゆみこちゃんってどんな気分なんだろう?
皇帝陛下の時はライバル同士だったからバチバチ火花を散らしてましたけど、今回のゆみこちゃんはルドルフ殿下として歌っていて。
(ゆみこちゃんの男役声の歌を久しぶりに聞きましたが、やっぱり良いですねぇ)
水トートも、子供の頃から手懐けてきた(←んだよね?笑)から余裕な態度で扱っていて。
それでなくても殿下は心が揺れてるんだもん、あの目で引き摺られたら抵抗できないよねぇ(*´∀`*)



今回の大阪イベントは最初から最後まですごく楽しかったのですが、私の中の「大阪まで来て良かったぁ!」Best1と2は生ギターとこのトート閣下でしたね。
ああ、ええもん見せてもろたぁ。



しかーし!
そんな閣下はあっという間に去って行き(笑)すっかり元通りな水ちゃん。

水「ネイルが役に立った!(*^▽^*)」←自分の爪を見せながら
彩「ほんとだ。(トートの時)黒のネイルされてましたもんね」
水「(これは)紺なんだけどね~」←ばっさり
彩「あ、すみません…」

なんて、相変わらずな水ゆみトークが続いたのでした(^^;




打ち合わせの時は、ふたりで何を歌うか結構悩んだそうです。

水「意外と無いんだよね、ふたりで歌ってるのって」
彩「そうなんですよね」
水「私達で歌ってるって言ったら、ほら銀橋で ♪元凶は~」
彩「サルディバル~(笑)」
(客席:笑)
水「サルディバル……つまりはハマコの歌ってことですけど(^^;」
(客席:笑)
彩「そうそう(笑)」
水「今は、ばあやですけどね」
彩「ん?」
水「(ロミジュリの)乳母」
彩「あ、そうですね(^^)」


考えてみると不思議ですよね。
あの頃の三人は、悪徳政治家と特殊部隊あがりの元軍人だったんですもんねぇ(笑)


水「それを歌うわけにもいかないしね」
彩「エリザベートだったら」
水「あの…裁判?(笑) ♪わたしのつーまだぁ~」←確か陛下の歌詞を歌ってたかと
彩「(笑)」


そして色々と考えたあげく、本公演では無かった水トート&ゆみこルドルフが実現することに!


水「私にとっては夢の競演ですよ(照)」
彩「いえいえいえ(照)」


なんだ!?
この可愛いヒトたちっ(はなぢ←)



以上、闇広のトート閣下にやられて、かなり沸騰した脳みそでの記憶でした…






今日はここまで。
今から歯医者に行ってきま~す!

次回予定は「女子化」のお話(笑)




あ、そう言えば…

今回のイベントの演出が平澤先生ってことで、先生が振付した『ミロワール』のアクアのシーンをやろうか?って話も出たそうです。

彩「水さんが歌う周りで、私と先生が手を繋いでぐるぐる回る~ってね」

爆!





水ちゃん&ゆみこちゃん | 【2011-09-27(Tue) 17:28:12】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。