スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

第13話 茜色の空に・・・

卒業 キタ――――(゚∀゚)――――!!

いや~見事に予想を裏切ってくれましたね > 舞乙スタッフ!
今までアカネちゃんとカズくんを見る度にビクビクしていた視聴者 (主に前作から見ている人たち) は何だったの!?(^^;
でも、良かったね!って気持ちの方が大きいです。
こういう楽しい裏切りはOK!
まったく逆方向に期待を裏切り続けた某サンライズ番組とは天地の差だわ、ホント









アリカ
見事な恋煩いですね。単純な子だけに典型的症例(笑)
私の望むアリカのキャラ的にはあんまりそっち方向に行って欲しくないんだけど、スタッフは 「この年頃のオンナノコなら当然」 って考えみたいだし仕方ないかな。 
(自分がこの年頃だった頃は全然そっち方面には興味なかったんで、その理由にイマイチ納得できないんだけど(^^;)
最後、ようやく自分の不調が恋煩いと気付いて
「うそって言ってぇーーーーーーー!」
ここ、すごいアリカっぽくて良かった!
菊地さん、最初の頃はセリフが一本調子でどうなるかと思ったけど、この作品でぐんと巧くなったんじゃないでしょうか。


ニナ
なんだかんだでアリカと仲良くなってるんだよね。
それ故にセルゲイを挟んだときのことを考えると可哀想になってくる。
メガネっ子ニナちゃんカワユイ!
アカネの駆け落ち騒ぎに赤面しているニナちゃんもカワユイ!
セルゲイに頭なでられたときはもっとカワユイ! 
セルゲイ、こんな可愛いニナちゃん泣かすようなこと絶対許さんっ


トモエ
「バカよね、この人。男なんかに恋をするから・・・」
うわ、ついにレズっ子であることが確定されました。
やっぱりシズルお姉さまへの想いは 「憧れ」 じゃなくて 「恋」 なわけね。
その陰湿さ故に決して好きになれないキャラだけど、この直後にラブラブなシズルとナツキのシーンを続けられると (つまり対比でしょ?) さすがに不憫な気もする。
ナツキ 「シズル、行ってくれるか?」
シズル 「ナツキが望みはるんやったら」

だもんねぇ~(^^;
トモエもさ、嫉妬の炎を燃やす相手はアリカじゃなくて学園長だと思うんだけど。 あ、でも自分と同等 (というか成績は断然下) のアリカだからこそ腹が立つっていうのもあるんだろうね。


シズルお姉さま
今まで飄々としていたお姉さまにも、少し憂鬱な陰りの表情が増えてきましたね。今後のシリアス展開が予想できます。
アリカ 「あの、シズルさんって恋とかしたことありますか?」
この時の、驚きと哀しみが入り混じったようなお姉さまの表情。
ナツキとの絆はあるけれども、ナツキの方は友情のみを感じていて、お姉さまのその想いは秘めたままなのかしら?
それとも過去にナツキ以外の相手でつらい思いをしたことがあるのかな?
それでも、そんな表情を一瞬で押し隠して
シズル 「きばりよしや、アリカさん」
って言える強さがお姉さまのカッコイイところ!!
それでも、オトメ同士の戦闘がついに行われたことで、今後はお姉さまにも大変な展開が待っているんでしょうね。


そして
アカネ
カズくんとデート・・・・・・って、おいおい!初めての○○が外ってのは可哀想だろ、カズくん ← いや、場所が問題なんじゃないから(^^;
結局アカネはオトメになる夢を捨てて、カズくんとの恋を選んだわけですよね。
だけど、マイスターオトメって引退して結婚するってことも出来るみたいだし、なら、まずは夢であるオトメになって、それから時期をみてカズくんと結婚してもいいんじゃないの?
出身国のカルデアとフロリンスが敵対関係だから無理って設定なんだろうけど、それこそ一方は国の要職につき、一方はオトメとなって二国間の友好を取り持つ努力をするってのもアリだったんじゃないかなぁ? (そこまで描いてる尺が無いのか・・・)
「私はオトメなんです!」 ってシズルに告げた時の悲壮な決意も決して間違っていたとは思わないんですよね。
ま、フロリンスの王さん 「これからずっと可愛がってあげるよ、アカネ」 って何となくイヤラシイから嫌悪感はわかるけど。 
でもこの声優さん、声だけ聞くと渋くて穏やかでいいんですよ! ←つくづく声フェチだな>自分(笑) 一方カズくん役の方はもう少し技術が欲しいな・・・(^^;
とりあえず前作での不幸カップル、見事リベンジ達成おめでとう!
憤るフロリンス王の後ろであきれかえったナツキの顔に笑った。お疲れ様です、学園長(^^)





前作になぞらえた展開を予測していた視聴者にとっては今回は意外だったわけですが、スタッフにしてみたら 「前回と同じにして何の意味がある?別路線でも充分面白くできるさ」 ってな感じなのかも。 ということは、今後の展開は前作を忘れて見た方がいいのかもしれません。
もしかしたらカギを握るのは殿下なんでしょうか。毎話ほんの少しずつでも出番が途切れずあるし、キャストクレジットでの扱いも小物で終わるわけにはいかなさそうですしね、石田さん。

ナ ギ 「歌と紡ぎ手と守り人か」
スミス 「それがハルモニウム起動に必要な条件のようです」
ナ ギ 「興味深いねぇ。本物の姫の行方探させていた甲斐があったかな」
スミス 「それともうひとつ。あれに記されていたデータのおかげで、失われた高次物質化技術、よりその原型に近いものを生み出すことが可能になりました」
ナ ギ 「能書きはいいよ。使えるの?それで」
スミス 「もちろんです大公殿下。これの実力すぐにお判りになります」


スレイブ化する人に渡されるペンダント。それの進化系(?)の開発&実験にも殿下が関わってきました。
前作での凪は根っからの悪人ではなかったけど、今回のナギは腹の底から真っ黒な人になっちゃうのかも・・・ちょっと悲しいけど。
ラストのオトメ同士の戦闘にも殿下はかんでいるのかな?それとも、また別の組織 (例えばアスワド) の所為なのか?

うう~次週が待ちきれない!


アニメなど | 【2006-01-07(Sat) 01:55:57】 | Trackback:(18) | Comments:(2) | [編集]
コメント
はじめまして
いつも感想楽しみにしてます

ナギ殿下真っ黒ですよねー‥
ある意味この位置はおいしいのかなとも思うんですが、前作で凪が好きだった者としてはやっぱり色々と複雑だったり;
アカネちゃんはおめでとうですね!笑顔が見れて良かったです
2006-01-09 月  23:39:50 |  URL | なこ #J9XY4T.w [編集]
コメント有難うございます!

>ある意味この位置はおいしいのかなとも思うんですが、前作で凪が好きだった者としてはやっぱり色々と複雑だったり;

そうなんですよねぇ。
真っ黒でも面白いとは思うんですが。
マシロちゃんとの関係もちょっと期待してたりするので・・・(前作でも真白と最後に一緒だったのは凪くんでしたし)

>アカネちゃんはおめでとうですね!笑顔が見れて良かったです

ベタな展開なのに、良かった!面白かった!って思わせるところが、この作品の巧さですね。 幸せの後がちょっと怖かったりもしますが・・・(^^;

また遊びに来てください!
2006-01-11 水  01:02:24 |  URL | グラス #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2006/01/09 23:19 | パプリカのアニメ鑑賞よた話 | 舞-乙HiME 第13話「茜色の空に…」 舞-乙HiME舞-乙HiME スペシャルサイトアニメ・パプリカこの話…第一期のあかねちゃんの精神崩壊の話と重なって見えるから怖かった…。やっぱり最初の犠牲者はアカネちゃんか!! ッて思ってたから、戦闘中も、式抜け出す時も、  『後ろ後ろっ!! 刃物持って....

2006/01/09 23:27 | サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改 | 舞-乙HiME第13話・「茜色の空に…」を見て  今回は、マイスターに推挙されたアカネの、恋と夢との間で揺れ動く彼女の葛藤、そして引き続き怪しげな態度をとるアルタイのお話。※例外的にキャプ詰め合わせの順番を変えております いやー、よかったよかった!何が良かったって、今までの情勢と前回の予告を見る限り、

2006/01/09 23:39 | ホビーに萌える魂 | 舞-乙HiME 第13話 今回の舞-乙HiMEは、アカネに特例でマイスターへの話。そしてカズヤは”卒業”のダスティ・ホフマンに(笑)

2006/01/10 00:01 | ラブアニメ。 | 舞-乙HiME 第13話 「茜色の空に…」アカネが輝いてました!!今回は夢と恋に挟まれて悩むアカネと、アリカが恋を自覚するまでがメインでしたが、トモエのシズルへの告白や、舞衣と思われる紅玉の

2006/01/10 00:32 | 仕様ですにゃ | 舞-乙HiME 第13話 「茜色の空に…」 感想 恋するアリカキター?元気のないアリカなんてアリカじゃないですよっ!で、本編はアカネとカズ君のお話。これ前作では鬱な話だった気がするんで、ちょっと怖かったです。

2006/01/10 01:06 | ボーダーライン | 舞-乙HiME 第13話「茜色の空に…」 なんだか元気がないアリカ。美味しそうなプリンアラモードを前にしても食欲が湧かないとぐったり。「わぁー、ぷるぷる! エルスちゃんのおっぱいみたい!」といつもははしゃいでるらしいのだがw(イリーナ談それにしてもこの作品はキャプ枚数が減らせません。手...

2006/01/10 04:03 | shimazaki00 | 舞-乙HiME第13話「茜色の空に…」私はお義父さまの為にオトメを目指しているの。

2006/01/10 09:54 | 現代視覚文化研究会「げんしけん」 | 舞-乙HiME 第13話「茜色の空に・・・」  この13話は物語の中盤にかかるストーリー展開は「人の目を忍び【カズヤ・クラウゼク】との逢瀬を重ねる【アカネ・ソワール】だったが、オトメになる為、どうしてもまだ一線を越えられないままでいた。【カズヤ】との恋とオトメになる夢の間に、板ばさみに悩む【アカネ】

2006/01/10 11:59 | 師匠の不定期日記 | 舞-乙HiME #13 「茜色の空に…」 前作では随分と酷い待遇を強いられたアカネちゃんですが、今作でも危ないんじゃないかと思っていた#13です。タイトルからして前作通り、彼氏のカズ君が死んでしまうのか、もしくは対立

2006/01/10 14:59 | Cクイック | 舞-乙HiME 第13話「茜色の空に…」 新年初の舞-乙HiME、待ちくたびれましたよ。どうして恋なんかしちゃうんだろうね。ネタバレ含みますんで続きからどうぞ。

2006/01/10 15:57 | Kimiteru's Blog | 舞-乙HiME 第13話 「茜色の空に…」 舞-乙HiME第13話そりゃあ待ちに待ちましたさ。一週空くだけで結構な久々感ですよ。って年明け一発目からいきなり激しい絡みですな。ほぼ事に及ぶ寸前じゃないですか。カズくん発情しすぎだよ。たまらない気持ちは分かりますけども。そしてアリカの元気の無さはなんだと。と

2006/01/10 20:22 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | (アニメ感想) 舞-乙HiME 第13話 「茜色の空に…」 舞-乙HiME 1関西では、月曜日が大変なことになっています。「落語天女」「タクティカルロア」「パラダイスキス」「プレイボール2nd」「エンジェルハート」「舞-乙HIME」とアニメ好きにとっては土曜日に続いて大忙しの一日となります。これは、昨年以上に放映される...

2006/01/10 20:31 | endlessspace-無限空間 | 舞-乙HiME #13「茜色の空に…」感想 カズヤもやっぱり男だwてっきりアカネが消えちゃうかと思ったけどなんとか消えずにすんだ。個人的には消えて欲しかった(ぇニナが丸くなったなぁと思った。シズルの百合キタね。今回の話はあんまり面白くなかった(たぶん管理人だけセクースシーンは出さないと思うが(それ

2006/01/10 21:28 | 突撃! 俺ん家の晩ご飯 | 今日の舞-乙HiME・13話 アカネちゃんとカズ君、生存おめでとう。これは「おめでとう」って言って良いのかな? でもアカネちゃんはこれでオトメではなくなってしまったわけだし、カズ君もあんなことやってしまったらカルデアには戻れないし、冷静に考えれば出来上がったのは無職二人、なんだけれ..

2006/01/10 22:57 | TKのアニゲー日記! | 舞-乙HiME 第13話 今回は題名どおり?アカネ中心の話でした。アカネがマイスターになるということですが…アカネ本人は複雑な心境。それはカズヤのことが引っかかってるみたいです。 この2人のコンビは意外に合ってますよねw なにやらたくらんでいる2人。ああ、悪

2006/01/11 00:29 | 菊地美香応援ブログ~秋見月 蛍~ | 結局、さようなら、第1号?(舞-乙HiME#13) 舞-乙HIME#13「茜色の空に…」を見る。 わおっ、プルプルっ!! エルスちゃんのおっぱいみたい… っていう、イリーナの発言に動じもしないエリスティン。 いつもほんとにアリカ、そんなこと言ってるんだ(^^; この会話が行われてる、後ろでピザにタバスコをかけまく

2006/01/11 21:50 | オヤジもハマる☆現代アニメ | 舞-乙Hime 第13話 サブタイトル「茜色の空に…」  アカネに用意されたマイスターの座。  大きな岐路に立たされたアカネは...  『舞-乙HiME』オープニング主題歌「Dream☆Wing」以下詳細  ***********

2006/01/15 00:08 | ティンカーベルをください | 舞-乙HiME 第13話 『茜色の空に…』 見終わった今、良かったー(´∇`) という気持ちと、きちゃったー…ヽ(´Д`;)ノアゥア という気持ちが同居してます。それでも、「よかった」の気持ちのほうが大きいですvでは


Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。