スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

拍手コメントレス(~3/25)

「意識は無意識をコントロールすることができるだろうか」

毎日毎日7DOORSの世界をあーでもないこーでもないと考えています。

ユディに対するイメージも初日からどんどん変わってきていて面白い。
彼女には光も影もある、さらにはそれが混沌としている・・・だって人間だから。
最初の頃は、ヅカ的な絶対ヒーロー完璧ヒロインを水ちゃんに重ねちゃってたのかもしれない。
その感覚からようやく私も抜け出してきたかなぁ~と思います(笑)

あとはね、私自身が「生々しい女」を演じる水ちゃんに抵抗が無いからかも。
これには我ながら驚いてるけど(笑)
男役ファンの多くは、たぶん抵抗あると思うんですよ。
あ、いや、そこら辺はこの作品を、ユディちゃんを、ファンがそれぞれ自分の精神に優しいように捉えたらいいのかな。
私の捉え方だと(こちら参照、ネタバレあり)単なる女子化以上にすっ飛んだことになってるわけですよねーあはははは(^^;

観客が、自分自身の感覚・感性・希望などなどに合わせて解釈も出来るし、そのどれも間違っていない。
そういう意味でも面白い作品だなぁと思います。

大阪まで遠征はできないので(涙)明日から4公演フル観劇です。←結局追加しました(^^;
自分の感覚・感性をフラットな状態に開放して観たいなぁと思っています。





続きは3/25までに頂いた拍手コメントへのお返事です。

※お返事の中に7DOORSネタバレが含まれますのでご注意ください。





3/22 19:47 おけい様
>なんだか・・・変わった気もするんだけど どこがどう変わったかはわからない***  自分に余裕がないと本当に楽しめないような気がします(汗)

そうですね、この作品は開演前から音楽とか凝っているので(詳しい人はそれだけで興奮できるような選曲らしいです)余裕を持って楽しめたら良かったですね。
でも、その時その時の心持ちで捉え方が変わってくる作品だとも思うので、それもまた「有り」なのではとも思います。


3/22 21:53 じゅり様
>あのラスト、私は「入れ替わった」と思っていたのですが、「融合した」って解釈もあるんですね。だとしたら、公爵の「お前は私で、私はお前だ」というのセリフの意味が理解できますね。
>観る人によって解釈が違う、だからこそ面白い作品だと思います。

本当に観る人によって違うのが面白いです。
そして自分の中でも変わっていくのが楽しいです。
「融合した」という解釈も、私がこの記事を書いた時はそう思っていたんですが、今はまた変わっていますし(すみません)
でも正解なんて無いんだと思います。
演出のスズカツさんは、なんでも白黒つけたがる最近の傾向をも逆手に取っているのかもしれませんね。


3/22 23:48 にゃんこ先生様
>2階いいですね。全体がよく見えます。泉も十字架形の照明も。お着替えも肉欲くんとのダンスもばっちり見えて満足です。うふ。
>今度はどこなのか楽しみです。

私も1度だけでしたけれど2階から観られて良かったです。
チャンスがあるなら2階席からも観て!とオススメしたくなるような景色でしたよね。
こうなると観ることの無かったLとR席の番号が大きい席(舞台裏に近い方)からも観たかったなぁ~と強欲の罪が出て来ますが、残念ながらそれは無いまま終わりそうです。
でも観るたびに発見があるので(舞台上にも、自分の中にも)楽しみです。


3/23 19:14 YOKO様
>Spiとのダンスシ-ンに寄せる皆様の想い!メチャ受けしましたあo(^^)0
>でも、それでもあくまでも清廉で美しい水さん・・・ああ、もう何て表現して良いか、、皆さんとお友達になって一杯お話したいですね。
>森ノ宮は全て観ますので、お仲間に入れて下さ~い☆

あははは、嫉妬の罪人と憤怒の罪人が続出してますよね。
Spiも野獣ですが、水ちゃんの表情もかなり生々しいんですよねぇ~
でもギリギリいやらしくならないところがご本人の生来の潔癖さゆえなんでしょう。
というか本来の性質が清廉なのに、ああいう表現が出来るところに惚れるぜ役者・水夏希!って感じです。
本当にオフ会とかして一晩中語り合いたいです。
私は残念ながら大阪遠征は出来ないので、レポお願いします!!


3/24 16:31 花水木様
>最後“ときの間”で公爵とふたりになってからのユディットの切なそうな表情から滴と同じような涙がポトポトと床に落ち美しかったのを思い出しました。因みに私はRサイドの席で観たときでした。水さんのユディットいいですよね。

ユディット本当にいいです!!
切なさも、傲慢さも、なんかもうすべてが愛おしいです。
すっごく綺麗だけど、あくまでも生身の人間なところがまた良いんですよね。
最後の姿だけは(私はユディットとは別物だと思っていますが)これまた人間を超越した美しさで・・・
R、L、センター、1階、2階、3階・・・それぞれに楽しめるし、感じ方が違うので、本当に深い舞台だと思います。


3/25 1:21 中村様
>まるで3D映像のように それぞれの席でしか 見られなかった表情をつなぎ合わせて記憶をしてみたものの やはり このブログ文面の お助けがあればこそ 観劇の感激倍増です!!
>そうそう!!教えていただいたお陰で水さまの お背中の ホクロを何度も見て とても嬉しくなりました♪*^。^*

色々な角度から観られたとのこと、とてもラッキーでしたね。
同じような席ばかり重なったという方もいらっしゃるそうですので・・・
私も当初は席が偏っていましたが最終的にはバランス良く観ることが出来まして、その分いろいろと解釈がぐるぐるしております(^^;
ふふふ、背中のホクロはやっぱりロックオンですよね(^^)
金曜日の出待ちは私もいたんですよ!! というか土曜日も日曜日もいましたけど(笑)
明日からも千秋楽までの3日間は城下町に出没予定です。
大阪(本当の城下町?)には遠征出来ないので、また感想など教えてください。


3/25 12:56 みみずく様
>今回は1階上手の舞台奥の方(?)でしたので、侯爵と2人になってからの感情がよりわかりやすかったです。

RもしくはL席の番号が大きい方のお席でしょうか。
きっとまた全然違った表情が観られたんでしょうねぇ・・・
私は結局そのあたりでは観ないことになりそうなので、みみずくさんの目をお借りしたいです(笑)




3/25までに頂いたコメントへのお返事は以上です。
ありがとうございました。

3/26以降に頂いたコメントには明日お返事させて頂きます。
宜しくお願いいたします。


拍手・コメントレス | 【2012-03-29(Thu) 17:48:39】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。