スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

拍手コメントレス

「意識は無意識をコントロールすることができるだろうか」

昨日も書きましたが・・・これプログラムの一文です。
この“意識”を“信仰心”に、そして“無意識”を“欲望”におきかえると、この舞台のテーマの一部になるのかなぁ・・・なんて思います。


続きは拍手コメントへのお返事です。

※お返事の中に7DOORSネタバレが含まれますのでご注意ください。







3/26 9:20 おけい様
>私も初めて見たときは最後の水さんのセリフ、男前~(トートみたい♪)と思ったのでした。でも、この前見たときは・・・もっと柔らかい感じ?抑揚もついたような気がしていたので ぐらすさんのを読んで納得でした。
>怠惰のシーンの最後に怠惰さんを問い詰めようとユディットが振り向きざまに何かを言おうとする「その時」の表情とか勢いとか・・・(すぐに執事に止められちゃうけど)あれは迫力ありました!きっと水さんご自身も怠惰は許さなさそ☆

コメントの一部を省略させて頂いちゃいましたが、本当に色んな角度から見られる舞台なので感じ方も違ってきますね。
水ちゃんご本人は確かに“怠惰”の罪は無さそうですねぇ(笑)
私は・・・・・・全ての扉の前で懺悔します(^^;


3/26 9:26 おけい様
>楽しい読み物になってますね?! 笑いながら読ませていただきました(笑)
>ラストシーンもきっとたくさんの見方があるんでしょうね~☆” 自分の中でもいくつかはありますからね~・・・
>水さんとスズカツさんが話されたラスト・・・ってそれを知りたい気がします。 それが正解と押しつけになったらいやだからあえて出さないのかな~?

面白い読み物ですか!?(笑)
確かに自分の中にもいくつか捉え方があるんですよね。
ラストシーンだけじゃなくて途中途中でそれがあります。○○のシーンをこう捉えると、○○はこうなるなぁ・・・みたいな感じで幾つも枝分かれします(^^;
なんだかねぇ、マリポーサやソロモンを思い出しますね。
解釈は観た方が自由に考えてね・・・っていうの、水ちゃんも好きそうだしなぁ(笑)教えてくれないでしょうね、きっと。


3/26 23:31 おけい様
>ユディットを演じる水さんは本当に細やかな演技をされますね~!表情・仕草・動き方・・・(階段の上り下り・ドレス捌きも含め)
>心してオペラなしで見てみようと思います! ダンスはダンスですものね~?!(同じ足を直角っぽく広げるにしてもなぜかロックオンの時のはカッコよく見えるのに・・・Spiくんと一緒?ドレス?のせいなのか やけに??っぽくて(照))

うん、細やかですよね。
まだ男役の匂いもありますけど、そんなの関係無しに巧い役者さんだなぁと思います。
もちろん劇場の大きさや作品によって「演じ方」って変わってくるし、役者さんそれぞれに向き不向きってあると思うんですが(テレビではパッとしないのに舞台だと映えたり、その逆だったり。大舞台では光る人が、小劇場だと粗が見えてゲンナリしたりしますから)
まぁ水ちゃんが女優になっても、私の好みの演技をされる役者さんである・・・ってことが嬉しいです(笑)
Spiとのダンスを観るのは千秋楽ですか?
動きもそうですけど、ユディの表情を見てくださいねー!


3/27 2:39 水色えのぐ様
>私もセンターで観たとき、ダンスでの官能的に変わりゆくユディの表情にドキッとしました。おそらく、水さんが演じる女優としての新しい表情でしたので、そういう意味のドキッとです。
>ユディの最後の解釈も同じです。あ~面白いですね 7DOORS…

男役としてもセクシーな人でしたけど、女としての艶めかしさ・・・っていうんでしょうか、あれには血が沸騰しましたね。
同時に役者さんとして惚れ直しました。
歌にもダンスにも芝居心があって、さらにテクニックで美しく魅せてくれる人ですよね。
本当に面白いです、この作品。そしてユディという女性像も・・・めぐりあえたことに感謝です。


3/27 21:39 おけい様
>光の当たる加減で・・・影の・・・という件は納得です!! ホント、だれでもひょんなきっかけで罪を犯す可能性はゼロではない、という怖さがあります。

これは感想記事に書こうと思ってたんですが・・・
ここで私たちのいっている“罪”って、実際に行動に起こしたものですよね。
例えば「あいつを殺してやりたい」って思ってても、心の中で思っているうちはまだ犯罪じゃないんですよね。
でも神を信じている、常に神の存在を感じている人にとっては“思っただけ”でも罪なんですよ。
だからユディは、私たちなんかとは比較にならないほどの罪の意識と葛藤があったんじゃないかなって・・・そう考えると、なんか可哀想でギュッとしてあげたくなります(笑)


3/28 20:43 おけい様
>1階の後ろの方からなら・・・十字架とか水の色が変わるのは見えるでしょうか・・・?
>それにしても ラストのストーリーは笑わせてもらいました^_^ なんだか・・・力強いユディちゃんだな~と。。。(笑)

1階だと段上がり(M列、N列)でも十字架の照明は見えないそうです。
水が赤く変わるのは・・・わかるかなぁ?でもこの時のユディが最高に美しいので、水の色は気にせずユディを見てくださいな。
あの「7DOORS~ユディ牧場に帰る~」ストーリーはお遊びです。
真面目なのも好きですが、おふざけも好きな私です(^^)


3/28 21:20 冬銀河様
>私も最近は物語としては公爵にユディットがよりそった時点で「完」でその後はテーマ復唱のエンディングかな~と思い始めています。
>私も絶対の自信はないですけど。ホントに考え始めると尽きないですよね(^^)それもまた楽し、ですね。

はじめまして、コメントありがとうございました。
私も絶対の自信は無いんですけど、同意して頂けて嬉しいです!
難しい話じゃないのに、こうやってあれこれ考えて皆で話せるのが本当に楽しいなって思います。


3/29 0:22 takeママ様
>思えば…ひろみちゃんと食事にでも行ったのかなぁ、あの後。
>後から公爵が迎えに来るの、かぁ。でも私にはなんだか二人に『恋愛』要素がないような気がするんだけど。全然色っぽくないんだモノ、どこから見ても(笑)

ひろみちゃんとかどうかは判らないけど、お洋服も可愛かったしお化粧も綺麗だったし完全にお出かけモードでしたよねぇ(^^)
眼福でした。
後から公爵が来るのは・・・半分お遊びですってば(笑)
でも神がユディの迎えに誰かを寄こすなら、公爵にさせるんじゃない?「お前、行って来い」「え?私ですか?」「お前な、助けてもらったんだろう?」みたいな感じで(爆)
プログラムに“愛は死を思う”みたいな一文があるんで、まったく“愛”が無いとは思わないんですけど、どうでしょう。


3/29 8:53 meg様
>最後、最高です♪やっぱ、エリザだったんだぁぁ~ つーれていってー♪

よしっ!! うけた!(笑)
まさかエリザ(閣下では無く)ネタが出来る女優さんになられるとは思わなかったので感無量です(笑)←笑うのか!?



お返事は以上です。
ありがとうございました。





拍手・コメントレス | 【2012-03-30(Fri) 16:42:04】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。