スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

7DOORS 4/1 14:00(東京公演千秋楽)

出待ち後は水友さんたちと打ち上げ!
約5時間、5人でワインボトル5本空けた・・・・・・らしい ←しかも後半は3人だった(^^;

ライターのNちゃんも一緒で楽しかったんだけど、ほとんど記憶が無い。
とりあえずユディちゃんを思って泣いたのは覚えてる ←ばか

7DOORS20120401.jpg


続きは千秋楽の感想です。



最後にして初めての下手サイド席。

千秋楽ってたいてい舞台も客席も妙に緊張した空気になりますけど。
やはりというかなんというか、カミカミの神が下りちゃうお父さんや、勢いよく攻めまくって空回り気味の肉欲さんやらが出現しておりました(^^;
ユディちゃんも放送事故起こしかけてたし←

観ている私も下手サイドからは初めてだったし、しかも“最後のユディちゃん”でもあったので、ストーリー動かしている人を観ないで(ほとんどストーリー無視?)ひたすら水ちゃんをガン見してました(笑)
腕の注射痕とか手の甲に浮き上がる血管とか、ふくらはぎだけでなく太ももの筋肉のスジも綺麗だなとか・・・って、おいおい(^^;

下手からしか見えないことは、やっぱりいっぱいありました。
公爵様との初対面のシーンでは、結構しんどそうな体勢をキープしてるということも初めて知りました。
美しく魅せる為にはパワーがいるのですね。

暴食さんの演説を「???」って思いながらも一生懸命理解しようとしているお顔が可愛かったし、肉欲さんのところでは「大丈夫です踊るくらい」と言った後に「なんでこんなこと言っちゃったんだろう」っていう後悔と戸惑いが見えました。
憤怒さんのところでは「メス豚め」と言われた時の反応が確認したかったんですが、遅れて来た人が席の前を通ったので適わず・・・心残り。
嫉妬さんとのデュエットでは、横顔がめっちゃ綺麗だなぁ~と身惚れました(^^)

すごく印象に残ってるのは、公爵にナイフを「拾え」と言われた時の苦しそうな泣き顔・・・必死で堪えていたものがグシャリと崩れてしまう一瞬。
それから「神がお前を選んだ」と言われた時の、天の意志を伺うように見上げる顔。
心を決めてナイフを拾った時にこぼれる涙。

『ひとたび踏み出せば、彼方を見ずとも良し』

ストーリーを半ば無視して水ちゃんにロックオンしていた私ですが、そう歌うユディの背中にいつの間にか涙が溢れていました。



そしてエピローグの女公爵様には「やがてどんな者の上にも死が訪れる」のところで睨めつけられた気がします・・・ ←超怖くて、超カッコ良かった!ぞくぞくした!!(爆)




カーテンコールは3回目からスタオベ。
初日から前楽までずっと、世界観をキープするために水ちゃんお得意のお喋り(←)は無かったのですが、千秋楽はやっぱり夏希節です(笑)

「この作品が皆様のこれからの人生の中で、ひょんな時に(笑)思い出してもらえたらいいなと心から思っております」
「個人的なことを言っていいですか?(客席拍手) 女優として演じることの難しさを感じつつ(笑)濃いキャラの皆さんに囲まれて刺激的な毎日でした」
というようなことを仰ってました。

何度も繰り返されるカーテンコールで、SUGIZO様の手のポーズを真似したりするユディちゃんはとっても可愛かったのですが。
最後にSUGIZO様が投げキッスをして客席が湧くと・・・・・どうやらスイッチが入っちゃったらしい?
スッと男前な顔になり、たっぷり間をとって投げキッスを飛ばすユディットさん(&揺れる客席/笑)

ほんと負けず嫌いなんだからぁ(^▽^)




出では
「今からキャストと打ち上げで・・・明日?あさって?・・・」
と、ここまでいつものような小さな声だったけど、ファンが遠くまでいっぱいいることに気付いて
「あさって大阪に行きまーす!」
と声を張って叫んでからニコニコ手を振って帰って行かれました。



水ちゃん、キャスト・スタッフの皆さま、お疲れ様でした!!
大阪公演の成功も祈っております!
(観に行かれる方、レポ&感想お待ちしております)

水夏希・水ちゃん | 【2012-04-02(Mon) 15:53:13】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。