スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

マイネリーベwieder 第6話 「楽園」

書くことな~い!! (マジ弱り)

今回 「カミユかわいい~!」 って人以外は、感想無いんじゃないでしょうか(^^;






カミユは性格的にシュトラールとしては向かないと思う。
先週も書いたけど、私が市民だったらこんな精神的に弱い市長は不安です。

別に政治家だけが目指す道じゃないと思うし、カミユにはその繊細な性格を生かせる場所が他にあると思うんですよね。
色んなキャラの男の子がいるのが乙女ゲームの必須条件ですけど、これだけ性格違うキャラに同じ目標を持たせるところに無理がある・・・って感じでしょうか?(^^;

エドやオルフェたちがあんなに必死になってカミユを連れ戻そうとする理由も、いまひとつ実感として判らないです。
カミユに学園生活を楽しんで欲しい・・・ってのはわからないでもないんですけど、そのためにはシュトラール以外の道もあるようにしなきゃいけない気がする。

どのキャラも見た目が綺麗なだけで、男としてカッコイイ!っていう描写が無いのがつまらないな~ (先週のエドは良かったけど)
美人は3日で飽きるのよ(笑)

敵対してる (?) 三人組のひとりエルムントがカミユに会いに来たシーン、カミユ派の方は萌えたんでしょうねぇ(爆)
まぁ、オルフェにはエド、ナオジにはルーイがいますから、カミユにも必要ですよね (って何が!? げほげほっ)
アニメなど | 【2006-02-28(Tue) 23:43:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。