スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

種運命39話「天空のキラ」

毎週、話の展開よりも「ツッコミできるところはどこかなぁ?」という姿勢で見てしまっている。
そんな自分に気付き、思わず苦笑いしながら見始めた39話。


案の定、あんまりネタがなかった今回は記事を書く気もなかなかおこらず、UPが遅れてしまいました(^^;


タイトルロールの人はほぼ無視、アスラン中心レビューで参ります。


相変わらずAA(アスラン除く)には厳しいので、特にキララク大好きな方は即刻Uターンをお願いいたします。

ラクスの推測

37話の「次はおそらくオーブです」というラクス女史の言葉に、視聴者の多くが「はぁ?」とか「電波キター!」とか叫んでから2週間。ようやく女史が少しはまともな発言をしてくれました。

・ 議長は「地球とプラントをひとつにまとめた新しい世界秩序」を作ろうとしているのではないか。
・ 現在の騒乱はそのための土台作りなのではないか。
・ オーブは強国(力も理念も)のため、議長にとっては邪魔な存在でしかない。故に狙われる。


この「オーブが強国」っていうのが、私にはいまひとつピンと来ません。
オーブは現代の日本がモデルらしいですが、日本の他にも、いえ日本よりも大きな国ってたくさんありますよね?
コズミック・イラの世界でも、オーブと同等以上の国が他にもいくつかあってもいいと思うのだけれど、そういう国が全く出てこないところに今作の「オーブ至上主義」が表れていて、私の不快感をあおるのです。理念だって各国それぞれの事情の下にあるものでしょうし、オーブの理念だけが議長にとって邪魔だというのは無理があるかと思うのですが如何なものでしょう。
まあ、オーブが前大戦で本土攻撃を受けながら、たった2年で復興しているらしいこと。そして、今作の冒頭で議長がカガリをそれなりに相手にしていたことから、無視のできない強力な国のひとつであるということはわかるのですが・・・


ラクスは宇宙にあがってから色々と情報を集めていたようで(描写が無いからMS造ってただけかと思ってたわ)、そこから議長の目論見を予想したのだと思われます。
しかし、やはりそれは憶測の域を出ません。
その証拠にラクスの言葉は「~だろうと思う」「まだはっきりと分かったわけではありませんが~」「~ではないでしょうか」「~かもしれません」と全て推測のかたちを取っています。
今後、このラクスの予想と、アスランが実際に見たり聞いたりしてきたことをすり合わせるシーンがあることを期待します。
ラクスとキラだけが(推測で)全てを把握し、他の者は愚かにも何も知らない・・・という現在の描き方は物語をつまらなくしているだけですから。 

・・・というよりなにより、私はアスランが電波になるのが嫌なのです!
今後どう方向を変えようと、AAが今までやってきたことを正しいとは思えません。なんの声明も無く戦場に乱入し、結局は武力で片を付けたAAが正しいといえますか?
しかも「よくわからないけど」と言いながらです。
作中でAAの行動が否定されないことに対しては、ずっと憤りを感じていました。ただひとりアスランだけがキラたちのやり方に対し批難しましたが、それすら曖昧にされそうな流れです。

それでも、もしこのままアスランがAAに乗ってしまうのであれば、今後のAAには「わからないけど・・・」のまま行き当たりばったりの行動はしないで欲しいのです。ちゃんと普通の人が納得する展開を今後のAAには望みます。
(もしAAが電波のまま行くのなら、お願い、アスランは即刻AAから出て!!←懇願)



シンの憤り、そしてレイの思惑

陥落後のヘブンズベース近く、ミネルバ艦内で、ジブリールが逃げたことをレイから知らされ、怒りに震えるシン。
「今度見つけたら、絶対オレが踏み潰してやる!
踏み潰す・・・やっつけるとか倒すというよりも、憎しみや怨念を感じさせる言葉です。あるいはロゴスを蔑視し、見下しているために出てきた言葉かもしれません。
それを聞いてハッとするルナは、シンを心配しているというよりも、シンの強い負の感情に恐れを抱いているように見えました。

そして、そのシンの発言を聞いたレイは「ふっ」と息を吐きます。これが気になりました。表情が無いため判りづらいのですが、ジブリールの往生際の悪さに嘆息しているのか、それとも思い通りに動くシンを馬鹿にして笑っているのか?
後者だったら嫌ですね。
レイは議長と信念を同じくし、議長のサポートをするために、シンが議長の言う「役割」をこなすように誘導している節はあります。でも、シン自身を馬鹿にしたりはしていないと思っています。そう思いたいです。



ジブリールの行方

シンに「踏み潰す」宣言をされたジブリールはというと、どうやらオーブへ逃げ込んだ模様。ヘブンズベース戦はのんびりテレビ観戦していたセイラン父子ですが、この状況をどう思っているのでしょう。台詞が無かったのではっきりとは判りませんが、苦虫を噛み潰したような表情から察するに、セイラン親子にとってもこれはあまり喜ばしい状況ではないのでしょうか。
先程書きましたようにオーブが強国かどうかは私にはピンと来ませんが、ジブリールが逃げ込んだことが判れば、議長の次の矛先がオーブに向かうことは間違いありません。
議長いわく「ともかく彼(ジブリール)を捕まえないことには話にならない」ということですし、ラクスの推測どおりオーブを邪魔だと思っているのなら尚更、このチャンスを無駄にはしないでしょう。

制作陣への疑問なのですが、話の展開をオーブ戦に持っていきたいのならば、このジブリールの一件だけで良かったのではないでしょうか?先々週ラクスたちに電波発言をさせる必要は無かったように思います。
もしかして「ラクス様は素晴らしい」演出をしたかったということですか?そういうことするからラクスを嫌いになる人も(ここに)いるんですけどねぇ(^^;
※私は前作前半のラクスは好きでした。ビジュアルなら未だにラクスが一番好きです。どうしてあんな悟りきった女になってしまったのか・・・(涙)



アスカガの会話

ヘブンズベース陥落のニュースを見ているネオ←まだムウとは言いたくない!ジブ並みに往生際の悪い私^^;
それを聞いて嘆息するアスラン。
と、そこに入ってくるカガリ。

※ここのアスランとカガリの台詞は全部おこしてしまいましたよ!

カガリ「起きてたか。大丈夫か?」 ←ここのカガリの作画、めちゃくちゃ可愛い!
アスラン「ああ、死にたいような気分だが・・・残念ながら大丈夫みたいだ」
「やめろよ、そういうこと言うの。誰も嬉しくないから」
「・・・・・ごめん」
カガリってばNice!
自虐癖のあるアスランには同情よりも厳しい言葉が効くってことを良くわかってますね。
やっぱり2年間恋人だったんだなぁ~って感じが滲み出ています。

「メイリンは?」
「今ちょっと熱出してる。でも大丈夫だよ。ミリアリアが少し話聞いたって」
「そうか」
「ミネルバに乗ってた子だよな。官制の」
「ああ、助けてくれたんだ。殺されるくらいなら行けって。ほとんど話した事も無いのに、俺甘えて、巻き込んで」
「お前のこと好きなんだろう。きっと」
カガリ、だぶん男女の機微とかあまり得意じゃないと思うけど、でもやっぱりアスラン(の周りの女の子)のことは判るんだね(*^^*)
アスランも黙っているところを見ると、メイリンの気持ちを何となく推測していたんでしょうね。ベッドに寝てるだけで暇だっただろうし(?)色々考えてたんでしょう。
アスランとしてはメイリンに思うところは無いと思いますが(何かあればカガリに対して「メイリンは?」なんて聞けません)、でも巻き込んでしまった責任はありますし。
複雑なところです。
私としても、カガリとメイリンどっちを応援するか複雑なところ(え

「大丈夫だよ、彼女のことは心配するな。ちゃんと私が面倒見るから」
えーっと、なんとなく「愛人の存在を容認する本妻さん」の発言に聞こえちゃったりして(^^;

「それで、あの・・・」
カガリがアスランに本当に言いたかったことは別にあったようです。

「私のことは、許してくれるか?」
「それは、俺のほうだろう。謝るのは・・・ クレタでキラに言われたこと、俺は・・・」
アスラン、まさかクレタでの自分の行動を否定するのですか?それは止めてください(制作陣!そんなことしたら怒るよっ)
以前にも書きましたが、私は、あの時点でのアスランの行動は間違っていなかったと信じています。そもそも、間違いか正しいかという問題ではないでしょう。
結果として、アスランは議長の考え方に添うことは出来ませんでしたが、あの時点ではミネルバから離れるだけの理由はありませんでした。おそらく殺されそうにならなければ、未だにアスランはミネルバにいたはずです。アスランの性格からして、あの時点でミネルバを見捨てることは出来なかった。私はそれを否定しませんし、アスラン自身にも否定して欲しくはありません。
たぶん、ここでアスランが言いたかったのは、クレタでキラに言われたこと=ラクスの暗殺事件を、約束どおりに調査しなかったことを謝りたかったのだと思います(そう思わせてください!)

すみません、訂正です。クレタ=四者会談の場所と勘違いしておりました(^^; クレタはあのセイバーバラバラ事件現場でしたね(小波さんご訂正ありがとうございました)
故に「キラに言われたこと」は「カガリが泣いている」ということ。アスランは、状況や理由はともかく、カガリを泣かせてしまったことを謝りたかったんですね(納得!)
あ、でもセイバーバラバラについては後述しているように納得していませんからっ!キラには謝らなくていいからね、アスラン!


でもね、アスラン、カガリが許して欲しいと言ったのは、それとは違うことなのよ。

「私は・・・ 結婚しようとした。お前に何も言わずに」

カガリ、言ってくれたよ~!
感涙・・・

実は、私はかなり以前からずっと「カガリが結婚についてアスランに謝ること」にこだわっていました。カガリがアスランの指輪を嵌め直した時から。
恋人に何も言わずに結婚を決めれば、それは当然相手を傷つけます。アスランが「裏切られた」と思っても仕方の無いことです。だから、この件はちゃんとカガリからアスランに謝って欲しいと思っていました。このふたりがカップルを続ける限りは。
それもなく「なあなあ」で恋人同士を出来るような器用なふたりではないですからね。

「守りたかったんだろう? オーブを」
アスランは、カガリがどうして結婚を決めたかをちゃんと理解していました。
しかし表情は晴れません。
たとえ気持ちは分かりあっていても、結局ふたりを阻む問題は何も解決していないのですから、それも当然かもしれません。

「俺は焦ったのかな」
「え?」
「嫌だったんだ。何も出来ない自分が。カガリは国という重い責任を負って、毎日死に物狂いなのに。俺は何も出来ないどころか、ユニウスセブンがあんな・・・何かしたかった。止めたかったんだ、本当は。戦争になるのを」
ここで顔を背けるアスラン。
そう思って行動したのに、結局は何も出来なかった自分がやるせないのでしょう。
さらには、議長の言葉が実は詭弁でしかなく、それを信じた自分の行動が結果としてカガリを傷つけてしまったわけですから、情けな~い気持ちになっちゃってるんでしょうね。
でも、こういうアスランが私は好きなんですよ。
ええ、ええ、わかってます。私はアスランには甘いです。
でも、何度も言っているように「すべて正しい」「悟りまくり」な連中には魅力は感じませんからっ!

「アスラン、わかってるよ、それは」
カガリも、ちゃんとアスランのことを理解しています。

「でも、難しいな」
「カガリ」
「皆、そうしたくって、そう言ってるのに。何でそうならないんだろう。やっぱりロゴスの所為なのか」
ここで議長のことを回想するアスラン。
「戦争はロゴスの所為」そう世界中に言ったのは議長であり、カガリですらその言葉に一理あることを認めています。
カガリの言葉から、議長の言葉の正しい部分、そして間違っている部分をアスランがもう一度整理しはじめているように感じました。

「しょうがないのかな。もう、本当に」
弱気になるカガリ。まだカガリも本来の自分を取り戻していないのでしょうか。それとも、アスランの前だから思わず弱音が出ちゃったのかしら(後者希望!)

「いや、そんなはずは無い。絶対に」
きっぱりと言い切るアスラン。
ここでアスランがシンを思い出しましたが、すべて笑顔のシンなんですよね。
シンが37話でアスランとのことを回想したときは、ほとんど殴られたり説教されたことだったことと比較すると大変面白いです。アスランにとって、やっぱりシンは可愛い後輩だったんだということが良くわかります。
でも、何故ここでシンを思い浮かべて「そんなはずは無い」と言ったのかが、私には良くわかりません。チャット仲間にこの疑問をぶつけたら「アスランのシンメモリアル」とか腐った方面でしか答えが返ってきませんでした。女性だけでなく男性からも(涙)
他のブログさんを巡って、答えを探したいと思います。
(コメントも大募集です!)


このアスランとカガリのやりとりは、私が想像していたより冷静な感じでした。
もっと、ぐっと距離が近づく(一線を越えるという意味ではなく精神的に)かと思っていたのですが、そこまでは行きませんでしたね。
会話の内容も恋人同士というよりも、戦友のような感じです。
おそらく、元々このふたりはその要素が強かったんでしょう(それは私の理想のアスカガだからOK!)
まだ、わだかまりもあり、そして目の前に立ちはだかる山積みの問題もあります。このふたりの行く末は簡単なものでは有りません。
OPの歌詞にある「ペシミスト」を代表しているような現在のアスラン。今後カガリとの「恋」で変わっていくのでしょうか?

でも、アスランとカガリの不器用と誠実さが表れていて、人間くさいキャラであるふたりはやっぱり好きだな~っと思わせてくれた、とても良いシーンでした。



議長の「DESTINY PLAN」

ダコスタがコロニー・メンデルで手に入れてきた資料に書かれていた「DESTINY PLAN」
議長が、かつてメンデルで研究員をしていた頃に発表したプランのようですね。
メンデルは遺伝子研究所ですから、やはり遺伝子によって「運命」=「役割」を割り振り、それを全人類がにこなすことで世界秩序を保っていこう、という内容の論文だったのでしょう。
当時の同僚の見解を読むバルトフェルド

「人は世界のために生きるのではない、人が生きる場所それが世界だ」

うんうん、そうだね。


・・・ってさ、これ当たり前すぎませんか?
これが言いたいがために今まで展開してきたの?(^^;




メンデルに潜んでいた偵察用ジンに後をつけられていたダコスタ、そのためにエターナルが発見されます。どうやらエターナルが鼻先だけ出していた岩の中は、エターナル以外にもMS製造ファクトリーがあったみたいですね。
しかし、今回の戦争が始まる前から、議長の知らないMSファクトリーが宇宙にあったわけですよね。なんというか「準備がいい」のか「疑心暗鬼の世界」なのか微妙なところですね。


ラクスはファクトリーを守るため、そして最悪の場合は2機(新フリーダムと新ジャスティスのことでしょう)と資料だけでもAAへ向けて投下するために、エターナルを発進させます。
それを知ったキラは、アスランの助言もあってストライクルージュで宇宙へ飛びます。


ここで、アスランが「ラクスを助けろ」とキラに言った意味。
おそらくキラは「愛するラクスを助けなくっちゃ。アスランもわかってくれてる」という解釈をしたのでしょうけれど(^^;
アスランの考えは違うように思います。
もちろんラクス自身の身も案じているでしょうけれど、ここで本物のラクスが死んでしまうと、ミーアという偽者を使っている議長の裏の姿を証明するカギがひとつ減ってしまう。またミーアの身が議長の思惑ひとつで消されてしまう可能性が出てくる、というのが大きな理由でしょう。意外と(失礼?)アスランは頭が回っているようです。
そのわりには隣のベッドの人をすっかり(死んだはずの)フラガだと信じていましたが(^^; ま、そんなボケたところもアスランらしいということで・・・(え



そして、エターナルに合流したキラは新フリーダムを受け取り、敵を全滅させましたとさ。

めでたしめでたし







その他もろもろ


サトー?
ラクスが操作していたデータ、議長の次に映ったのは誰ですか?
プロファイルは削除されてしまっているようですが、ユニウスセブンの写真が一緒に映っているということは、もしかしてユニウスセブン落としをしたサトーですか?
やっぱりこれも議長が裏で手を回していた、ということになるんでしょうか?
あーあ、予想範囲内のつまらない展開・・・


カガリがアスランに謝ったことで満足していましたが・・・
以下言葉遣い悪すぎるので反転↓
キラ、あんたも謝れ!!
セイバーボロボロにしてからに!
アスランはあの時ちっとも戦闘意思は無かったんだぞ! 言いがかりのような理由で討ったことはどう思ってるんだ?
あの時、無事にミネルバに戻れたから良かったようなものの、もしアスランが連合の捕虜になってたらどうするつもりだったんだ?
パトリックの息子がブルコスの仕切る連合でどんな扱いを受けたことか・・・考えるだけで恐ろしい!!
アスランはお前のようなパンピーとは違うんだ。まったく少しは考えろボケッ!



vestige
期待の挿入歌は、結局、新フリーダムに使われてしまいましたね・・・orz
絶対シンのために使って欲しかったのに。
もう、ここまで露骨だと・・・・・・言葉も出ません。
しかし、新フリーダムの金ぴか関節、やはり悪趣味としか思えないのですが。あれだけ強調して描かれているということは、制作陣の間では好評ということなのでしょうか?ちょっと信じられないセンスです。
そして、キラの相変わらずの無敵っぷりには、やっぱり萎え萎え。
このひと「力だけが僕の全てじゃない」って前作で言ってましたが、とてもそうは見えません。
休戦中は隠遁生活でほぼ無言(アスランの悩みにだってまともに答えない)、戦争始まったら急にAA内を仕切りだして、フリーダムが落とされた途端に意気消沈して、新ストライク貰ったらまた急にイキイキして。「当たれー!」ってドラグーン(?)まで使って、殺る気まんまんに見えるのは私だけでしょうか。
結局ラクスやカガリなど大切な人が危険であれば、平気で「力」を使うんでしょう?
別にいいんです。キラのように「身近な人を守りたい」という意味で戦うのは有りだと思いますから。
でもね、アスランの「戦争を止めたかった」「世界を守りたかった」という思いで軍に戻ったことを結局は間違いだった・・・という風に描くなら。
キラには「世界」を語ってもらいたくないんです。「大切な人を守りたいだけ」って素直に言ってくれればここまで苛付かないものを。

ラクスもそう。
「機体だけでもAAに送る」と言いながら、いざキラが乗ろうとすると躊躇するのは、やめてください。急に乙女振られても引くだけです。いつもの悟り切った態度で「おいきなさい!」とでも言えばいいのに。

このふたり、見ていると無性に苛々してしまいます。
自己愛と偽善の塊だと思います。
まったく、虎さんが苦戦してるんだから、そんなとこでイチャこいてないでさっさと出ろよっ!(怒)
と、キララク派の方にとってはどうか知りませんが、私にとって正直このシーンは神経逆撫でされっぱなしでした。


テロリスト
「エターナルとは、どこまでフザケた奴等なんですかね」
「逃さんぞ、テロリストめ」
AAはテロリストじゃない、いやテロリストだ、という議論を以前どこかのブログさんで見たことがありましたが、しっかりザフト軍にはテロリスト扱いでしたね。


「じたばたしているアスラン」
何となくチビアスランが「ああ~ん(泣)」ってぐずっている姿を想像してしまいました(笑)
ネオの軽い言い方が、アスランの必死さとチグハグで(^^;

そうそう、作画が先週とは格段の差でしたね。
今回は石田さんの台詞に合っていました。アスラン、声だけでなく表情も苦しそうでした。
先週は声はつらそうなのに、顔はヌボーって感じでしたから(涙)
絵だけを見ると、まるで今週の方が怪我が悪化しているみたいです。今回ぐらいの作画レベルを保って欲しいものです。

今回はアスランもカガリも綺麗可愛い画ばかりでしたが、その中でも
「あれ?そういえばフラガ少佐は死んだはずじゃ・・・」
と思い出したときのアスランの「え?」の表情

可愛い!可愛すぎる!(上の前歯を指でなぞりたい←変態^^;)

やっぱ私アスラン好きだーーーーーーー!

石田さんの声や、生真面目な性格だけじゃなくてビジュアル的にもアスランが好きだと再確認。
この後、アスランとネオの間でどんな会話が繰り広げられたのか。それが気になります。

そして石田さん、ここの苦しそうな演技といい、カガリとの微妙なわだかまりがありつつ・・・の演技といい、本当にお上手です。
どうしてシンと離れてしまったのか・・・声優ファンとしても悔しいです。
演技力のある石田さんと鈴村さん、おふたりの緊迫感のあふれる、あるいはほのぼのとした演技のやりとりがもっともっと多く見たかったです。



ああ、今回は本当に書くのに苦しみました。納得は出来ていませんがこれが精一杯です。読んで頂き有難うございました!
アニメなど | 【2005-07-17(Sun) 20:10:36】 | Trackback:(15) | Comments:(25) | [編集]
コメント
さて、39話の
「でも、何故ここでシンを思い浮かべて「そんなはずは無い」と言ったのかが、私には良くわかりません。」ですが・・・・。

 アリガチな考えかも知れませんけれど、少なくとも、アスランにとってシンにはまだ、戦争を止めるためのなんらかの希望を持っているのではないでしょうか。
 シンも戦災孤児であり、いくら議長の手のひらで踊っているとはいえ、平和に貢献するだけの意思と力を持っている、とアスランは見ているのかも知れません。
 とはいえ、まだシンには見えていないものや見せられていないもの、気づかない、気づいているけれど認めたくないものもたくさんあるようです。たとえば、レイはなぜステラを「生きられる命なら・・・」とかいって見逃したのに、アスメイを「その存在に意味はない」とバッサリ切り捨てたのか。その二重倫理にシンは気づくことはあるのかどうか。

 もしシンがアスランたちと合流することになるとしたら、アスランがそうであったように、アカラサマな切捨てがミネルバ組全体、もしくはそのうちの誰かを襲うと思います。どうしても、彼らが自分の考えで抜けるとは思えませんし、自分の意思で抜けたら、それこそ反逆罪なんですよね。(前作のアスラン・ラクス・ディアッカはカナーバさんの恩赦が出たから良かったようなものだけど。)
2005-07-17 日  22:48:28 |  URL | 小林 #I4t1ZHtI [編集]
グラス様、感想お疲れ様です。今回は苦しんでらっしゃた様なので、短いかなと思ってましたが、結構長かったですね。(笑) それに思ったより早かった。

>そして、エターナルに合流したキラは新フリーダムを受け取り、敵を全滅させましたとさ。

めでたしめでたし

製作側としてはメインの所をかなりスルーですね。(笑) と言う訳で私もスルーします。今回キララクの事は書きません。長くなるので、また別の機会に。

>「メイリンは?」
「今ちょっと熱出してる。でも大丈夫だよ。

先週の予想が外れて一安心です。誰だ!メイリン今週死ぬかもって言った奴は!!

>パトリックの息子がブルコスの仕切る連合でどんな扱いを受けたことか・・・考えるだけで恐ろしい!!

拷問を受けるアスランくん。そして嫁は大喜び(えっ違う・・・)

>キラあんたも謝れ!!
セイバーボロボロにしてからに!

地が出てる!地がっ!(笑)

>でも、何故ここでシンを思い浮かべて「そんなはずは無い」と言ったのかが、私には良くわかりません。

う~ん、言われてみれば単純じゃ無いのかも知れません。私は、アスランがシンの笑顔だけを思い出したのを見てまだ彼を信じているのだと思いました。彼がたとえ見たくない、信じたくないものでも、真実を見て自分で考えてくれれば、彼は議長の人形でい続ける訳が無いと信じている。そしてその力は議長に負けるものではないと。そう考えるとEDの君は僕に似ているはアスランとシンだと思うのですけど・・・。

さて、ここまでアスカガを書かなかったのはもちろん最後に取っておいたのですよ。今週の二人は良かったです。キラと違ってアスランはカガリ以外には弱音は吐きません。「死んだ方が良かった」なんて絶対言いません。カガリがなんて言ってくれるか分かってて甘えてるんですね。よくキラやシンのファンからアスランの行動を批判されますが、私は間違えないアスランが好きな訳ではないんです。こうして、自分の行動を反省できる彼が好きなんです。どこかの電波と違って、お互いの言葉で伝え合おうとする二人の姿は微笑ましい。人物描写がイマイチな種デスの中で二人は人間として描かれているなと思いました。(今後、アスランやカガリが豹変したら暴れます)

さて、来週の予告 「黄金の味」いや意志。これってカガリの事ですよね?アスランも結構出てたし、二人の進展に乞うご期待です。
2005-07-17 日  23:50:26 |  URL | 神威 #aIcUnOeo [編集]
セイバーバラバラ事件が見事にスルーされてますね。そういえば。
アスラン本人があまり気にしていないんだからしょうがないですけど(苦笑)
2005-07-18 月  01:00:11 |  URL | 橘葉 #SFo5/nok [編集]
どうも、菅平院です。

>「でも、何故ここでシンを思い浮かべて「そんなはずは無い」と言ったのかが、私には良くわかりません。」

私も考えましたが、シンがどんな顔をしているかまで興味がなかったので単純に

「今、ロゴスさえ倒せば全て解決すると、もっとも勘違いしている男」

の代表としてアスランが思い浮かべたのかとスルーしてしまいました。
回想シーンのシンが笑顔ばかりだったとすると……あんなに無邪気に正義を語っていたシンをあんな歪んだ考えにしてしまった議長の進め方を否定する、という意味なのかもしれません。
2005-07-18 月  22:38:22 |  URL | 菅平院 #5lgk84Pk [編集]
>少なくとも、アスランにとってシンにはまだ、戦争を止めるためのなんらかの希望を持っているのではないでしょうか。

なるほど、そうかもしれませんね。「戦争は嫌だ、終わらせたい」というシンの気持ちを、アスランは良く知っていますから、アスランがそんなシンのことを「希望」と考えているのなら嬉しいですね。

>もしシンがアスランたちと合流することになるとしたら、アスランがそうであったように、アカラサマな切捨てがミネルバ組全体、もしくはそのうちの誰かを襲うと思います。

シンにはAAと合流せずミネルバで行動を起こして欲しいのですが (本当はアスランにもそれを希望していたし、未だにアスランがミネルバに戻るという希望を捨てていない私ですが)、シン単独であってもミネルバごとであっても議長サイドを離脱することになった場合は、なんらかの大きなキッカケがあるでしょうね。ただ、それがどんなキッカケなのかと考えると、とても怖い思いがします。

2005-07-18 月  22:43:01 |  URL | グラス #- [編集]
コメント2回分まとめてのレスです(すみません)

まず1通目 (通目?手紙?・・・笑)

>主役が伝えるものがその作品のすべてでは無いと思います。
>今回もうキラが主役でいいから、テーマはシンやアスランが背負って欲しいと思います。

そうですね!! でも、そもそもキラが主役というのが、なんか、ううう・・・
こだわる方が馬鹿なんですかねぇ。 最近「諦めちゃった方が楽になるよ~」と囁く声が聞こえます。

>私がAAを否定するところは、オーブの軍服を着ているところ。着るなら自分達はオーブの為に戦うと宣言しろ。

オーブ軍服を着るなら「オーブのため」と、せめて「カガリのため」と言え。同じ口で「世界」を語るな。
ということですよね。
なんか「オーブ大事」で自分勝手に動いていたのに、結局は世界を救う・・・っていうのが、もうAAすごいよね流石だよね(あ~つまらない)

続きます。
2005-07-18 月  22:47:39 |  URL | グラス #- [編集]
続いて2通目です(笑)

>製作側としてはメインの所をかなりスルーですね。(笑)

ええ、私としては見る価値がほとんど無かったものですから(笑) なんて・・・
いえ、嫌味としてではなく (多少有りますが) 私にとってMS戦闘シーンというのは特別感慨の無いものなのです。この辺りは女性的な感覚かもしれません。実は前作でも第4クールは戦闘シーンが多く、少々つまらなく思っていたぐらいです。しかも今回は天下の(天空の)キラ様であり、相手は名も無きキャラですから初めから勝敗は決まっていますし。
戦闘シーンに隠された意味 (伏線など) があれば、それを楽しむということもできますが。今回は新フリーダムとキララク様の素晴らしさをご覧あれ!というだけだったと思うので (見直していないので、もし伏線があったのならスミマセン) 演出がどれほど派手であろうと、私にはあえてブログに載せるような面白い箇所ではありませんでした。

>先週の予想が外れて一安心です。誰だ!メイリン今週死ぬかもって言った奴は!!

あなたですわ (ニコッ) ←教祖様並みの黒い笑み

>拷問を受けるアスランくん。そして嫁は大喜び(えっ違う・・・)

それは、いやだ~!! 綺麗なアスランが傷物になるぅ~! 
でも石田ファンは大喜び (え?)

>地が出てる!地がっ!(笑)

あ、あら? おかしいですわ・・・

>私は、アスランがシンの笑顔だけを思い出したのを見てまだ彼を信じているのだと思いました。彼がたとえ見たくない、信じたくないものでも、真実を見て自分で考えてくれれば、彼は議長の人形でい続ける訳が無いと信じている。そしてその力は議長に負けるものではないと。

小林様からも「アスランにとってシンは希望ではないか」とのコメントを頂いたのですが、やはりアスランはシンを見捨てるどころか、信じているんですよね!
うわ~ん、泣けるっ! 
もう、主役はキラに譲ります。 どうぞどうぞ、勝手に最強な戦いを繰り広げてください!
アスランとシンで、人間らしい心の触れ合いを、希望、迷い、挫折、そして再生のドラマを描いてください!

>そう考えるとEDの君は僕に似ているはアスランとシンだと思うのですけど・・・。

実はED曲名を聞いたときに 「これはアスランとシンの曲だ」 と思っていたのです。だから公式では「キラとシン」を指すらしいと聞いたときは 「なんで?」 と思いました。 さらにEDの画を見ると「キラとアスラン」って感じでもありますし。 たぶん、この3人それぞれの関係に当てはまる・・・のでしょう (妥協?)

>さて、ここまでアスカガを書かなかったのはもちろん最後に取っておいたのですよ。

おお!やはり今回のメインですからね!

>アスランはカガリ以外には弱音は吐きません。「死んだ方が良かった」なんて絶対言いません。カガリがなんて言ってくれるか分かってて甘えてるんですね。

うんうん、それに答えるカガリもまた、そんなアスランを良くわかってるんですよね (深いよ!)

>私は間違えないアスランが好きな訳ではないんです。こうして、自分の行動を反省できる彼が好きなんです。

アスランを批判する人って、今までの人生で間違えたことは無いんでしょうかねぇ?
それとも「ロボットアニメのヒーローとしては選択を間違うのはダメ」ってことなのかしら?
でも、これはガンダムですし、それに「間違えない悩まない完璧なヒーロー」が主役だったら、前作で女性からあれほどの支持を得なかったと思います。
「間違えない悩まない完璧なヒーロー」は男の子(そして一部の女の子)なら好きかもしれませんが、大人の女性には何の魅力も無いですから。 (前作のキラだって、悩んだり苦しんだりしたから、応援したいという女性ファンがついたんでしょうし)

>人物描写がイマイチな種デスの中で二人は人間として描かれているなと思いました。
落とされまくった二人ではありますが、描写は多かったですからね。
落とされる期間があまりに長すぎてファンとしては辛かったですけれど、これからその分を取り戻して欲しいですね。

来週の予告ではカガリが大泣きしているのが気になりました(グラサンアスランは回想じゃないかと思うので)
カガリ!頑張れ!
2005-07-18 月  22:48:32 |  URL | グラス #- [編集]
>アスラン本人があまり気にしていないんだからしょうがないですけど(苦笑)

うわ、アイタタタタ・・・
それが一番の問題ですね(^^;

じゃあ、キラ、アスランファンに謝れ!!

(そうなったら、キラは色んなキャラのファンに謝りまくりですが)
2005-07-18 月  22:50:16 |  URL | グラス #- [編集]
>「今、ロゴスさえ倒せば全て解決すると、もっとも勘違いしている男」
の代表としてアスランが思い浮かべたのかとスルーしてしまいました。

おお!菅平院さんらしい!(褒めてます!)
私はシンに少々甘いので、違う視点の菅平院の感想は興味深いですね。そうすると、アスランは既にシンを切ってますかねぇ・・・悲しい(涙)

>回想シーンのシンが笑顔ばかりだったとすると……あんなに無邪気に正義を語っていたシンをあんな歪んだ考えにしてしまった議長の進め方を否定する、という意味なのかもしれません。

シンの歪みの原因としての議長・・・なるほど、そういう見方も出来ますね。新しいご意見です。

今後の展開(アスランが動いたとき)が楽しみになってきました!
2005-07-18 月  22:57:15 |  URL | グラス #- [編集]
こんばんは。コメント失礼します。

私も議長の野望になぜオーブが邪魔なのか納得できません…
理念も強い国なら、「プラントと地球を統合したい」という議長の考えはオーブの「コーディネイターもナチュラルも住んでいいよ」というものと同じなので、助けにこそなれ、障害にはならないと思うのですが…
まだなにか深い理由があるのでしょうか?よくわかりません。
ちなみに私も前作前半のラクスが大好きでした。
あの頃は可愛かったのに、なんであんなひねた子になったんだろう…(⊃Д`).゜.*
監督の言ったらしい「ラクスは、ぼーっとしたフリをして、(キラやアスランなど)相手の力量などを測っていた」というのを聞いて、どんびきしてしまいました。
「そんなことはない!」と、今でも信じてます。(自己暗示

シンを思い出した件ですが、シンが「戦争をとめようとして逆に戦争を拡大させてる代表例だから」かなあ…と思っています。
戦争をとめたいと思ってもとめられないのは、力づくでそれをとめようとしてるから。
力で抑え込まれようとすれば、人間は恐怖を感じるのでそれに負けないようにより強い力で反発しようとするものです。
だからお互いの力が強くなっていって戦争が拡大するという悪循環になる。
敵もまた「戦争をとめたい、ただ愛する人を守りたい」だけなのだと知れば、そこに戦争をとめるための鍵があると感じたのではないかなと思います。
根拠も論拠も全くない推測ですけどf(^_^;
私たちが生きてる世界では、そんなことでは戦争はとまらないんですが、種世界ではお互い守るための戦争をしてるようなので、とまりそうな気がします(苦笑

長々と失礼しました。m(_ _)m
2005-07-18 月  23:02:58 |  URL | チャンポン #- [編集]
>もしAAが電波のまま行くのなら、お願い、アスランは即刻AAから出て!!
これ!私もそう思います。アスランまで電波になられたら、泣くしかないです(涙)

>でも、何度も言っているように「すべて正しい」「悟りまくり」な連中には魅力は感じませんからっ!
私もです!悩んで、へなちょこで、それでも一生懸命なアスランなメロリ~ン♪なのです。
2005-07-19 火  01:43:50 |  URL | 有吉 #3un.pJ2M [編集]
>クレタでキラに言われた事=ラクスの暗殺事件を調査しなかった事を謝りたかったのだと思います
私はこの件に関してもアスラン謝る必要ないと思います。前作?かどっかで国のトップ信じてないと命かけて戦ったり出来ないって言ってた様な気がするし。アスランはあの時点でまだ議長を疑いたくなかったんですよ、きっと。疑うのは信じるよりも簡単な事です。(あら?私甘すぎですか?)
反転の部分は…激しく同感です!!!
この作品って軍でやる事は間違ってて、テロでやる事は正しいっていう傾向がありますよね。っていうかそう表現してる。(ふざけんな!!)
>キララク見てると無性に苛々してしまいます
これも激しく同感です!!!敵を躊躇なく全滅させておいて本当は倒したくないみたいな。いい子ぶるなよって感じです。アスランが軍で同じことしたら攻め立てるくせに!!!自分達だって同じじゃん!
あ・あとOPの歌詞の「ペシミスト」ってどういう意味ですか?すみません…おバカで…
2005-07-19 火  16:21:13 |  URL | 菜月 #- [編集]
ペシミスト【pessimist】
厭世家(えんせいか)。厭世主義者。悲観論者。⇔オプティミスト
(広辞苑 第5版より)

 と、書いている私もペシミストなんですけれど、本当に恋をすれば変われるのでしょうか。失恋で自殺しちまった話とか、逆に新しい命を発生させて修羅場になっちまった例とか聞いたことあるので、あまり希望が持てません。
2005-07-19 火  19:01:18 |  URL | 小林 #I4t1ZHtI [編集]
>もしAAが電波のまま行くのなら、お願い、アスランは即刻AAから出て!!
うわー激しく同意です。
アスラン、AAに残るなら、視聴者のための通訳になってください……。

>先々週ラクスたちに電波発言をさせる必要は無かったように思います。
これは、引きなんですよきっと。
「え、なんでそうなるの? 種明かししてよ!」
と、翌週への興味を持続させるための演出。
……だといいな(^^;

>何故ここでシンを思い浮かべて
書こうと思ったら長くなってしまったので、自分のとこにアップしておきました。
よろしければ参考までにどぉぞ。

>新フリーダムの金ぴか関節
あれですよ、ほら。MS見分ける手段!
ガンダムに慣れてないと、配色が似通ってたらどっちがどっちだかわかんないじゃないですか。
だからぱっと見て見分けがつくように、デザイナーが配慮した結果ですって。
……センスがいいかどうかはノーコメントで(^^;
2005-07-19 火  20:33:56 |  URL | 可菜 #MnTc.E7Y [編集]
こんばんは、アスランバカでえす。

>クレタでキラに言われたこと=

他のブログでもみなさんこの件を考察されていますね。私の感覚はズレているのでおめでたく解釈しちゃいました。
クレタでオーブ軍とミネルバが再び戦ったとき、キラと戦場を駆けめぐる兄弟喧嘩の末(カガリを介した兄弟(^_^;)、「みんな姉ちゃんのせいにして、姉ちゃん泣かすアスランなんて見たくないっ!」ってかんしゃくおこして斬鉄剣おみまいされたときのことだと勝手に思込んでます。
んで、アスランは単に「泣かすようなことになってごめんね」とカガリに謝ろうとした会話だと都合良く脳内補完しております(あはは)。
というか、四者会談でキラが何言ったのかあまり覚えてないし。。。

>「じたばたしているアスラン」

かわいい!さすが別人になっても性格はあんまりかわってない兄貴的表現。
おかげで、妄想がいっぱい広がりますです(^^)

>可愛い!可愛すぎる!(上の前歯を指でなぞりたい←変態^^;)

わお~っっ!グラスさん、す、すごい!
思わず、イスからずり落ちそうになりましたよ。(^0^)/
そして、暴れそうになりました(爆)
2005-07-19 火  22:36:23 |  URL | Aten #CHbLV.HQ [編集]
コメント有難うございます。

>理念も強い国なら、「プラントと地球を統合したい」という議長の考えはオーブの「コーディネイターもナチュラルも住んでいいよ」というものと同じなので、助けにこそなれ、障害にはならないと思うのですが…

議長が知っているオーブというのは、カガリ(アスハ家)の「内政不干渉」と、セイラン家の「親ナチュラル」ですから、内政に干渉したいコーディの議長にしたら確かに邪魔ではあるんでしょうね。
でも、オーブはヘブンズベースとは違います。「ロゴスを討つ」ことを戦う理由に挙げている議長が「理念と力が強いから」という理由でオーブを攻めるわけにはいきません。ヘブンズベースの時のように「ロゴスを引き渡せ。さもなくば・・・」なんて侵攻の理由付けもできません。ですからオーブはいくらでも外交で切り抜けられると思うんですよね。
前作でオーブ戦を主張したアズラエルと違い、強硬な手段に出ることは議長としては得策では無いはず。「理念が自分と違う」なんて理由でオーブを攻めたら、今までずっと「温和で友好的」なプラント議長を演出してきたのが台無しですから。
ゆえに、ヘブンズベースが落ちたら即オーブ侵攻なんていうのはかなり強引な展開でしょうし、ラクス(電波)教でなければ導き出せない憶測だと思います。
まあ、都合よくジブがオーブに逃げ込んできましたから、見事にラクス様の予言は当たるのでしょうけれど・・・(あーすごいな、らくすさまは)

>ちなみに私も前作前半のラクスが大好きでした。
あの頃は可愛かったのに、なんであんなひねた子になったんだろう…(⊃Д`).゜.*

本当にねえ・・・ キラに会って何らかに目覚めちゃったんでしょうか(涙)
キラファンでも「ラクスと会う前のキラが好き」って言っているひとを見ますし 『混ぜるな危険』 を混ぜちゃったということ?(^^;

>監督の言ったらしい「ラクスは、ぼーっとしたフリをして、(キラやアスランなど)相手の力量などを測っていた」というのを聞いて、どんびきしてしまいました。

ええ? 監督そんなことを?
それが本当なら黒すぎるよラクス! 可哀想だよキラ&アスラン! (良かったよアスラン婚約破棄して)
もしかしてラクスの遺伝子操作は、歌よりもそちら方面に重点が置かれてたりして・・・ 黒いよシーゲルさん!
しかし普通は言わないだろうに、そういうこと。 監督って、やはりオツムがよw・・・(以下自粛)

>シンを思い出した件ですが、シンが「戦争をとめようとして逆に戦争を拡大させてる代表例だから」かなあ…と思っています。

なるほど、そういう見方もあるんですね。
アスランが思い出したシンが全て笑顔だったので、マイナスというよりはプラスのイメージなのかな~とは思っているのですが(希望的観測)

>私たちが生きてる世界では、そんなことでは戦争はとまらないんですが、種世界ではお互い守るための戦争をしてるようなので、とまりそうな気がします(苦笑

そうですね。民衆もすぐに「良く見える」方に迎合する世界のようですから、ラクス教が広まって一気に収まるんでしょうね (^^;
2005-07-20 水  00:12:01 |  URL | グラス #- [編集]
>これ!私もそう思います。アスランまで電波になられたら、泣くしかないです(涙)

アスランには、ちゃんと自分の目で見て耳で聞いたうえで判断し、行動して欲しいですよね。
きっとそうしてくれます・・・よ・・・たぶん・・・ね・・・(自信ないのかよっ/苦笑)
 
>悩んで、へなちょこで、それでも一生懸命なアスランなメロリ~ン♪なのです。

本当に愛しい子です。メロリ~ン♪
2005-07-20 水  00:15:17 |  URL | グラス #- [編集]
>私はこの件に関してもアスラン謝る必要ないと思います。前作?かどっかで国のトップ信じてないと命かけて戦ったり出来ないって言ってた様な気がするし。アスランはあの時点でまだ議長を疑いたくなかったんですよ、きっと。

そういう見方もできるかもしれませんね。ただ、アスランとしてはやっぱり恋人のカガリ、友達のキラの言葉を信じて(議長がアヤシイという憶測はともかく、ラクスが狙われたことは事実なわけですから)何らかの行動は起こすべきだったかと思います。 アスランが議長を疑いたくないのであれば尚更、ラクス襲撃犯人は議長とは別のところにあるという証拠をあげればいいわけですし・・・ (まぁ、アスランがラクス暗殺事件を調べなかった一番の理由は、穴だらけの脚本のせいでしょうけれど)

>この作品って軍でやる事は間違ってて、テロでやる事は正しいっていう傾向がありますよね。っていうかそう表現してる。(ふざけんな!!)

今作では、ザフト軍だってオーブ軍と同じく「他国を侵略したいわけではなく、虐げられている一般人を救いたい」って思いで動いているんですよね。(裏に議長の思惑はあっても、ザフト軍としてはそうでしょ?) 
なのにオーブ軍だけが正しい、しかもセイランについた正規軍は正しくないっていうのは無理がありますよね。

>いい子ぶるなよって感じです。

そうそう、それに尽きますね。 しかも都合の悪いことは他人のせいにしますから・・・
それでも脚本で許されるから余計に腹が立つんですよね。

>OPの歌詞の「ペシミスト」ってどういう意味ですか?

小林様が回答してくださいましたが、何事も悪いほう悪いほうに考えてしまうタイプの人のことです。
楽天家すぎるのも問題ですが・・・(^^;
2005-07-20 水  00:48:39 |  URL | グラス #- [編集]
>私もペシミストなんですけれど、本当に恋をすれば変われるのでしょうか。失恋で自殺しちまった話とか、逆に新しい命を発生させて修羅場になっちまった例とか聞いたことあるので、あまり希望が持てません。

私は子供のころ本気で自殺を考えたことがあるのですが(原因は恋愛ごとではありませんでしたが)、その後「生きてたら楽しいこともあるんだ」と実感した時に、「私は絶対自殺なんかしないぞ」と心に決めました。 
恋愛でつらい思いをしたときに、積極的自殺はせずとも(上記理由から自殺はしないと決めていたので)ウツ状態で危なくなったことはありますけれど、やっぱり生きてたら「ああ幸せだ」と思える恋に出会えました。 
「恋をして変わる」には、それなりの恋に出会わなければいけないとは思います。
でも、一番大切なのは「自分を大切にする、自分を愛する」ことかもしれませんね。

2005-07-20 水  00:49:44 |  URL | グラス #- [編集]
>アスラン、AAに残るなら、視聴者のための通訳になってください……。

お、おれ口下手なのに・・・通訳なんて、む、無理だよ・・・
(とアスランが言っているうちに電波攻撃が~ うわぁぁぁぁぁ)

>ガンダムに慣れてないと、配色が似通ってたらどっちがどっちだかわかんないじゃないですか。
だからぱっと見て見分けがつくように、デザイナーが配慮した結果ですって。

そしてキラ様には一番目立つように「ゴールド」を配色したわけですね・・・
いっそ関節だけでなく全身金ぴかでもいいのでは? (それは百式、じゃなくてアカツキ?)
2005-07-20 水  00:50:55 |  URL | グラス #- [編集]
>アスランは単に「泣かすようなことになってごめんね」とカガリに謝ろうとした会話だと都合良く脳内補完しております(あはは)。

変に考えるよりも、Atenさんの考えがいいですね! カガリを泣かせてごめんなさいということで、VIVA!アスカガ!

>というか、四者会談でキラが何言ったのかあまり覚えてないし。。。

わははは! たぶんキラは何も言ってないで、必殺「質問返し」してたような・・・


>思わず、イスからずり落ちそうになりましたよ。(^0^)/
そして、暴れそうになりました(爆)

失礼しました!(笑)
今回の作画、妙に可愛いと思ったら、原因は口元なんですよね。
ちらっと覗く前歯や舌が気になってしまいました~(^^;
2005-07-20 水  00:59:45 |  URL | グラス #- [編集]
お返事ありがとうございます。
昨日の私のコメント時間がなくて焦ってた上、感情的にもなっていたので今読み直すと…イヤ~~~!!!恥ずかしすぎる~~~!!!
ところで謝る必要ないと思う件についてですが、グラス様のご意見もごもっともなんですが、それでも私は、いくら作中神で後々言ってる事が全て正しくなろうとも(けっ)、あの時点でのキラは何の証拠もなくカンだけで疑っているに過ぎません。だからアスランはそれよりも自分の目で見て、聞いてきた議長たちの言葉の方を信じたんだと思います。(頑固だな~私も)神とか電波じゃあるまいし、あの時点での彼の言動、行動を責める資格なんて誰にもありませんよ。
(でもここまで書いておきながら、やっぱりアスランが調べなかった一番の原因は穴だらけの脚本のせいのような気もします)
あ、それから小林様、グラス様「ペシミスト」の意味回答して下さってありがとうございます。
2005-07-20 水  15:16:24 |  URL | 菜月 #- [編集]
アスランの「それは俺の方だろ、謝るのは・・・」ですが・・・
「クレタ沖」は28話の戦闘の場所ですから、
クレタでキラに言われた事=ラクスの暗殺事件を調査しなかった事、ではなく
やっぱり「カガリは今泣いているんだ」の方だと思います。
キラの言い分はちょっとめちゃくちゃな感がありますが
理由はどうあれ、カガリを護りたくて復隊した他ならぬ自分が彼女を泣かせるようなまねを
結果的にしてしまったことに、アスランは胸が痛んだのだと思います。
すなわちAtenさんのご意見に一票。
そもそもアスラン、25話の四者会談の後も議長を調べるなんて約束、まったく忘れていたような気が…(^^;
だからまあ、あれはカガリ限定で謝りたかったわけですよ。(決してキラは含まれず!←笑)

「私のことは、許してくれるか?」と言うカガリに
「それは、俺のほうだろう?」と返すアスラン。
アスランもカガリに許してほしかったんだなぁ…と胸がジーンとしました。
(かなりアスカガフィルターがかかっています。お気になさらず)
2005-07-20 水  17:52:35 |  URL | 小波 #ElZ.WoSw [編集]
再度のコメントありがとうございます。

>いくら作中神で後々言ってる事が全て正しくなろうとも(けっ)

わはは・・・「けっ」に気持ちこもってますね(笑)

実は、小波さんから「クレタ」はあの四者会談の場所ではなくセイバーバラバラ事件(!)のあった場所だというご訂正を頂きました。
あの辺りは二度と見たくなくて確認もせず、すみませんでした!

>神とか電波じゃあるまいし、あの時点での彼の言動、行動を責める資格なんて誰にもありませんよ。

でも、四者会談の際のアスランの行動を誰も責められないというのは、本当にそうですよね!

まったく作中神は、どれだけ勘で行動しても補完してもらえるからいいですよねぇ(けっ)←私もマネ
2005-07-20 水  21:43:20 |  URL | グラス #- [編集]
クレタは四者会談の場所じゃなかったんですね。私の勘違いでございました。ご訂正ありがとうございます。

アスランが謝りたかったのは「カガリを泣かしたこと」で納得です。理由や状況はどうであれ好きな女性を泣かせたら男は謝らないとダメですもんね。
(でもキラには謝らなくていいぞ!アスラン)

>キラの言い分はちょっとめちゃくちゃな感がありますが

確かにあれには「はあ?」でした。だってアスランは一度も「カガリのせい」にはしてないしねぇ(^^;

>かなりアスカガフィルターがかかっています。

いえいえ、フィルターかけることも必要ですよね、この作品は・・・
(電波にはフィルター返し!)

2005-07-20 水  21:50:02 |  URL | グラス #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2005/07/18 00:18 | 蒼白な月 | PHASE-39 「天空のキラ」 この際もう、タイトルにはつっこみません。(笑)えっと、今回はすみません。いつにもましてアスランとカガリのことばかり書いてしまいそうです。(笑)もちろん39話のメインは「天空の」の冠にふさわしい、ストライクフリーダムの登場、活躍だったとわかっているのですが、ど

2005/07/18 00:48 | CODY スピリッツ! | SEED DESTINY 39話 最近、OPがあまりも番組と合わなくて不満を漏らしながらも、どうせケミファンは大勢いるのだからSEEDファンの人が曲を買わなくても結局ランキングの上位にくい込むだろと思っている全国のSEED-Dファンの皆様さっそく感想に行くしかないじゃないか!

2005/07/18 00:58 | 橘葉日記~きつようにっき~ | ガンダムSEED DESTINY第39話・天空のキラ 「アンタは一体なんなんだぁーッ!!」「真の主人公ですが何か?」シンのデスティニーの時とは大違いなどうだ俺が主人公だ文句あっか!!な初出撃となったストライクフリーダムお披露目の回となりました。愉快ですね、楽しいですね。というわけで今週もシンに甘くキラ(それ

2005/07/18 05:05 | Refuge | ガンダムSEED DESTINY第39話「天空のキラ」 ハラハラドキドキのドラマと戦闘があって普通に燃える回でした。キラきゅんカッコイイよ!新フリーダムも意外とカッコイイ!アヒャヒャ(皮肉キャラ作監は鎌田氏。ラクス様が可愛かったです。キララクはやっぱり平井ですた。以下、詳細感想いきます。

2005/07/18 08:43 | + SERAらく日記 + | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-39 PHASE-39 「天空のキラ」 ロゴスを滅ぼした議長も恐れる赤の女王(ラクス)。赤の女王に危機が迫るとき、自由の騎士が駆けつける。女王に与えられし、新たなる剣が天空を疾ける!ヘブンズベースは陥落した。ロゴスのメンバーのほとんどが捕縛されるが、ジブリールは基地陥

2005/07/18 10:38 | いろいろ☆雑想ノート | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-39 「天空のキラ」 すごかった。 ダコスタくんのおっちょこちょいな話や、 ラクスの議長に対する仮説や

2005/07/18 11:04 | 暁の空 | 種運命感想第39話 今週分の感想を書こうと思ったのですが……。あれをもう1度見直す勇気がわきません(苦笑)。30分かけて、キラが主役だということをまざまざと見せ付けられた気分です。オープニングもエンディングも挿入歌も、すべてキラの曲なんですね。ヴェスティージにだけはまだ希望を

2005/07/18 17:38 | milky-SF-town | 39話『天空のキラ』 今日のGUNDAM SEED SUFRE(スーフリ)!!とっても楽しかったです!キラはやっぱりかっこいいね。皮肉の意味もあるけど、今日の彼は普通にかっこよかった。うん。それが素直な感想です

2005/07/18 17:43 | DESTINY追跡日記 | PHASE-39 天空のキラ くそー。途中まで書いてた原稿がわずかなキータッチミスで全部消えました。ああ、根性なくしそう。アスカガ特集記事で元気を出そうっ!^^;さて、OP前はメンデルに潜入し残っていたノートを回収し、ついでに後もつけられてしまったエターナルのアーサーことダコスタ君の

2005/07/18 17:48 | 螺旋運命―SPIRAL DESTINY― | PHASE-39 「天空のキラ」感想 色々な意味で面白い回でした。ええ、色々な意味で。まぁ、当初29話の再来かと思われましたが、ちゃんとシンもセリフ付きで登場してホッとしたのが本音です。シンは物凄い少ないセリフの中でまたしても鈴村さんの演技力が光っていて、そして今回、石田さんの演技が良す

2005/07/18 21:53 | 大好きなキミへの愛を語る。 | 第39話 天空のキラ これぞガンダム!!って感じでしたね。キラが主人公の!!!ははんっ。...

2005/07/18 22:29 | G-FOUR Blog-Stage | ガンダムSEED DESTINYレビュー PHASE39「天空のキラ」 天空のキラ?まずはいきなりサブタイトルに萎え。キラ様賛美もいい加減に汁、嫁。そもそも天空って言うと「天空戦記シュラト」を思い出して仕方ない。え、思い出さない? ゴメンなさい、年寄りの戯言です。昨日は3週間ぶりに秘密チャットに参加したのですが(寝落ちしてス

2005/07/18 22:48 | 前田慶次郎店長のブログ | ガンダムSEED Destiny PHASE-39 『天空のキラ』 予想通りの展開でした…。

2005/07/18 23:05 | のろしをあげろ! | PHASE39 天空のキラ ラクス「(また、人が死んでしまいました…)」ラクス「(…まいっかv)」……表情の切り替えしの速さが怖いです、ラクスさん。アークエンジェルではキラが不安そうな顔をしてて、マリューが「不安なのはみんな同じよ」となぐさめます。マリュー「もうすぐラクスさんも帰っ

2005/07/23 21:37 | 前田慶次郎店長のブログ | ガンダムSEED Destiny PHASE-40 『黄金の意志』 百式の登場です!


Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。