スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

種運命40話「黄金の意志」

地震情報で画面が途中で小さくなってしまいましたね(;。;)
確か第1話も台風情報で同様の状況でしたし、新潟地震で中断したことといい、やっぱりこの作品は天からも見放されているのかしら(洒落にならない・・・)
ちなみに我が家ではジンとデュエルが倒れました(笑)

さて、第40話はシン主役奪還か?そしてカガリ復活の兆し?の回でした。

キララクが出てきませんでしたので、どなた様も安心してご覧ください(^^)
※当方はアンチAA(特にキララク)でございますので、普段はAA好きな方にはUターンをお願いしている次第でございます。




今回のレビュー、読み直してみると粗筋部分が多くなってしまいました。それだけツッコミどころもなく、また感動シーンも無かったということなんですけれど・・・(^^;
粗筋部分は太字にしておりますので短縮して読まれたい方は太字部分を飛ばしてください。


アバンタイトル

先週に続いて「おさらい」無しのアバンは、シンの悪夢から始まりました。
自身が4機ものデストロイを倒したヘブンズベースの戦いから、ステラの悲鳴、フリーダムを討ったとき、そしてアスランを討ったときを夢に見て魘されるシン。

ヘブンズベースを落としたことについてシンが悔やんでいるとは思えなかったのですが、戦闘の興奮状態が覚めやらずにいたために、連鎖的にステラやアスランのことを思い出してしまった・・・ということでしょうか?
フリーダムを落としたことについてもシンに後悔は無かったと思うのですが、無意識の中であれが逆恨みだったことを認めているのかもしれませんね。(※)
※ 私としては、フリーダムを討ったことをシンに後悔して欲しくは無いのですが、脚本の流れだとありえそうかと・・・(溜息)

シンを悪夢から揺り起こしたレイ。友人としてシンを気遣う様子を見せながらも、シンがアスランとメイリンについて悔やむような言葉を出した途端に「悪夢はそれか?」と冷たく突き放すような態度に変わります。
続く「優しすぎる、お前は」という言葉は一瞬褒め言葉かと思われたのですが、すぐに「それは弱さだ」として切り捨て「それでは何も守れない」とシンを戒めるレイ。

やはりレイは、シンが「(議長が定めた)役割」から外れようとした時に修正する役割を担っているようですね。それもシンが望む、もしくはシンに効果のある言葉を使って巧みに行うため、シンは何の疑問を抱かないまま、まるで自らがそう望んでいるかのような錯覚の元に、レイに操られている状態なのでしょう。
その辺り、口下手(にも程がある?)アスランには到底真似のできない芸当です(^^;
もちろん、言葉巧みなアスランなんてアスランじゃないので嫌なんですけど(笑)

2個目のネヴュラ勲章を授与されるシン。そしてシンとレイはフェイスに任命されます。
ここでシンがアスランのことを回想したのは、議長の「裏切ることなく」という言葉から、アスラン=裏切り者のフェイスと連想したからでしょうか?
浮かない顔のシンは、やはりあの生真面目なアスランと「裏切り」ということがつながらずに違和感を抱いているのかもしれません。

しかし、シンとレイまでフェイスですか。既にアスランとハイネはいないとはいえ、ミネルバはフェイスだらけですね(^^;
あまりに多くいると「フェイス」も安っぽくなる気がするんですが、いったい議長は何を考えているのでしょう。単にプレゼント攻撃でスーパーエース・シンを繋ぎとめておこうというだけでは無さそうです。

タリアの議長に対する不信感もますます募っている様子。
「うかつに言える事ではないので黙っている」と大人の対応をしているタリアでしたが、少なくともアスランとメイリンの撃墜に関しては納得していないと議長に告げます。
それに対する議長の言い訳答えが聞きたいところでしたが、そこに入った「ジブリール発見」の知らせにタリアと議長の会話は中断されてしまいました。
ジブリールの逃げ込んだ先、それはオーブ。思いがけず祖国の名を聞いてシンは驚くのでした。


内容の濃いアバンでしたね。
毎回これぐらいのレベルであれば、もっと肉厚のストーリーになったと思うのですが、残り10話ではねぇ・・・


Aパート

オーブへ逃げ込んだジブリールですが、間の抜けたことに簡単にザフトに発見されています。しかもセイラン父子とのスリーショット写真付きで(^^;
ジブリール受け入れについては、どうやらセイラン家の独断だったようで、オーブ政府も軍部も動揺している様子。
しかしザフト側の判断は素早く、オーブ近海にはカーペンタリア基地からの艦隊が展開されます。また、ミネルバもジブラルタル基地からオーブへ向かうこととなりました。

オーブの氏族にはロゴスと繋がりのある者もいたようですが、それは一部の氏族だけのこと。おそらくザフト軍としても、これまでオーブ国自体を攻める理由は無かったかと思われます。
しかし、高い軍事技術という元々あった要素に、今回のジブリール隠匿が加わったことにより状況が一変しました。
全くのデタラメではなく一部真実(ロゴスに繋がりのある者がいるという)が含まれていること、そしてオーブの軍事力やブルーコスモスに対する拭いきれない恐怖感、そういったものが綯い交ぜになった結果、ザフト軍の中では、いつの間にか「オーブという国自体」がロゴスの陣営と決定されるという流れになりました。
もちろん、そこに議長の巧みな話術による操作もあったことは確かですが、オーブという国の脆い部分が衝かれたということでもあるかと思います。


Bパート

修復中のAAにも「ジブリール、オーブ国内へ」の情報が入ります。
不安ながらも「今は動くべき時ではない」と判断し耐えるカガリ、そして怪我のため物理的に「今は動けない」アスラン。
そんな状況で発表されたオーブ(セイラン家)からザフトへの回答は
「ロード・ジブリールなる人物は、我が国内には存在しない」
という、到底ザフトが認め得ない内容でした。


ジブリールの高圧的な態度に屈したウナト、そして現状認識の甘すぎるユウナ。
そんな政府に治められたオーブは、ザフトの攻撃が始まっても、市民に対する避難勧告すら出ていない状況。セイラン家の邸宅が爆撃され、軍の対応は後手後手にまわり押される一方。軍司令部のユウナも、効果的な作戦を立てるどころか他力本願で無責任な発言を繰り返す始末です。


もちろん、そんな状況を黙って見ていられるカガリではありません。
お兄ちゃんキラに愛機ルージュを奪われ壊され貸しているカガリはスカイグラスパーで出ようとしますが、キサカに止められます。
カガリの決意を知ったキサカとエリカが彼女を連れて行った場所、そこには亡き父ウズミが「カガリへの遺言」として残した一体の機体がありました。黄金のガンダム・アカツキ。
守るための剣=力が必要であればこれを使え・・・父の想いを受け取り、カガリはアカツキに乗り込みます。
「カガリ・ユラ・アスハ、アカツキ発進する!」

カガリかっこいいよ~!!
と思う一方で、カガリがやるべきことはMSに乗って前線に出ることなんでしょうか?ここがどうしても引っかかります。
「このままここで見ているくらいなら国と一緒にこの身も焼かれたほうがマシだ」というかっこいい台詞に騙されそうになりましたけれど、結局カガリって「政治家」としては成長していないような気がするのです(涙)
もちろん、オーブが焼かれるのを黙って見ている、なんていうのはダメです。そんな冷徹なのはカガリじゃありません。
でもカガリがやらなきゃいけないことは、前線で戦うことではなく、行政府に乗り込んでいってジブリールの居場所をおさえるとか。あるいは別チャンネルでザフトに呼びかけて「私が正規の首長であり、回答は私から行うので時間をいただきたい」と言って状況を立て直すことじゃないのでしょうか。
そう思っていたら、その後「ユウナを拘束」「ジブリールの居場所を聞き出せ」という指示を出したので多少は安心したのですが。
でも、その時点でMS部隊の指揮はキサカかアマギに委譲して、カガリは軍司令部に行って欲しかったですね。そして回線を通して議長と交渉して欲しかったです。
それがオーブを焼かない方法だと思うのですけれど。
(議長が交渉を受け入れなかった場合は、司令部から防衛指示を出せばいいと思いますし。将が先陣を切るのも軍を鼓舞するには大切ですが、将が落ちては意味が無いのですから)

あと、ウズミが「カガリに兵器を残していた」ことと「教え足りなかった他のことは別の人から教えてもらえ」みたいなことを言っていたのが不満ですね。
やはり「オーブの獅子」として後継者であるカガリに対し、ウズミにしか教えられなかったことってあると思います。それを教えることはウズミの責任です。
前作でオーブが攻撃されウズミが自爆したのは予定外のことだったのかもしれませんが、アカツキとメッセージを残しておく時間があったのならば、もっと音声ディスクなど(コロニーメンデルの学者みたいにノートでもいいけど)で、施政者として大切なことを残しておくべきだったのではないでしょうか?

多分に脚本の都合であろうことはわかりますが・・・
(展開の矛盾を「脚本が・・・」でほとんどの視聴者が諦めてしまう作品って、かなり情け無いですよね)

カガリは自分が「代表首長カガリ・ユラ・アスハ」であることを認めさせたうえでユウナを拘束し、軍の指揮を直接取ります。カガリの的確な指示と、そしてカリスマ的存在の「カガリ様」が国に戻ってきてくれたことによる影響は絶大。オーブ軍は態勢を立て直します。

オーブ軍の奮戦により膠着状態になりかけた戦場へ到着したミネルバ。
レイの気遣いは無用とばかりに、故国オーブを討つために出撃するシン。
「オーブを討つなら、オレが討つ!」

この言葉には憎くて愛しい故国オーブに対するシンの複雑な心情があらわれていますね。
そして、議長の思惑がこんなところで生かされました。タリアの許可も得ず「フェイス権限」で出撃したシンとそれを許可したレイ。
アスランにはとても出来なかった「フェイス権限」発揮です。
ほらぁ、勝手なことし始めたよ~(レイにも与えた意味がここに!)タリアさん頑張って!
※ちょっとツッコミ※
シンの発進の時、CIC(アビー)はブリッジにいなかったの? あのタイミングでタリアが「え?シンが?」って驚くのは不自然じゃないですか?


カガリはデスティニーに立ち向かっていきます。
シンとカガリ、オーブの理念をはさんで対立していたふたりが、ついにMSで直接対決することに。
そして、ふたりに深い係わりのあるアスランは、今はただ動けない身体を抱えて為す術も無く戦況を憂うしかありませんでした。

オーブの理念、それを「きれいごと」と断罪したシンの言葉によってカガリは翻弄され、セイラン家の決断を是としたこともありました。しかし、父の言葉の元に再び立ち上がったカガリはシンと直接討ちあうことになり、いったいどんな言葉を交わすのでしょうか。
来週が楽しみです!(と思ったら来週は総集編???)






その他もろもろ

赤目アスランと緑目シン
シンの悪夢の中でバンクが変色されて使われていましたが、その為にアスランとシンの目が本来の色と反対になっていましたね。何だか不思議な感じでした。

ルナは?
ルナだってレイと戦果は同等のはずだと思うんですけど。ルナはフェイスにはなれなかったのね。でも何らかの勲章は貰っていたようですね。

アーサー
勲章の授与式の時、アーサーの厳しい顔を見て何かの伏線かと思ったんですが、どうやらひとりだけ拍手が長かったことにハッとしただけのようですね(ダコスタがお休みの今回はアーサーにオトボケ担当が戻ってきたようです)

キサカ
キサカっていったい・・・確か東アジア共和国の軍にいませんでしたか?アスランとメイリン助けてオーブへ戻ってそのままなんですけど。やっぱりアスラン救出のための無理矢理展開だったのでしょうか?(え、これは聞いちゃダメなとこ?)

レクイエム
ジブリールが言った「レクイエムが流れれば・・・」ですが、これって「レクイエム」っていう兵器が出てくるってことですよね?「ニーベルング」の時に感想で書きましたけれど、きっとジェネシスもどきのジェノサイド兵器なんでしょうねぇ。
またまた変なネーミングですが、普通こういう不吉な名前を付けるものでしょうか?

アカツキ
カガリが思わず手をかざすほどのまぶしい機体(笑)
ちょっと戦場では目立ちすぎですよね~「狙ってくれ」と言っているようなものです。
クワトロ大尉くらいの腕があるならいいでしょうけれど・・・(ごめんカガリ)
左肩に「暁」って漢字で書いてあるし、百式をここまでパクっていいのでしょうか?
ウズミが残したということは2年も前の機体なのに、すごく強いのも変な感じです(オーブの軍事技術恐るべし! ロゴスやプラントとどう違うの?と思ってしまいました)
そういえばカガリと「暁」って何かと縁がありますよね。アスランの名前もそうだしね!

ユウナ
初期と比べて、本当にオバカなキャラにされちゃいましたねぇ(涙)
軍の人たちからも冷たい目で見られてるし・・・
カガリに「マイハニー」っておいおい(^^;
でも野島さんは楽しんでいらっしゃるような気がします(笑)

「アカツキ」「オーブ戦」「カガリと父」
さらに梶浦由記さん&南里侑香さんの挿入歌・・・と、前作40話「暁の宇宙へ」とリンクさせたかのような今回のストーリーですが、前回と違って燃えなかったのは何故?
MS同士の「ふぁいとー!いっぱーーーーっつ!」シーンが無かったから?(違
やっぱり展開が強引すぎるからでしょうか?
前作も結構強引でしたけれど、それでも話の流れがずっとAAサイドで来ていたから気持ちが乗り遅れることなく付いていくことが出来たんですが、今作はシン視点とカガリ視点と両方で見てしまうので感情が付いていかない部分がありました。
まぁ、アスランファンの私ですから、アスランの台詞が少なかったというのが一番大きな理由でしょうけれどね(笑
アニメなど | 【2005-07-24(Sun) 16:23:13】 | Trackback:(17) | Comments:(20) | [編集]
コメント
>カガリのやるべきこと
難しいですね。カガリが前線に出なかったら、オーブ軍はあのまま押し切られて完全に掌握されていたでしょう。
そうなるとオーブは独立国家として成り立たなくなるわけで、これは選べる選択じゃない。
カガリ自身が出るべきかはともかく、前線で戦う役は必要だったかと思います。
そしてカガリよりも軍の士気を向上させられる人材は、他になかった。
とすると、前線に出るのも仕方のないことではないでしょうかね。

ジブリールをキープするのも当然やるべきことですが、行政府にいるという情報はないわけで。
しかも行政府に突然MSが向かったら、これはオーブとしては放置できないわけで。
軍部を放置して行政府に向かうという選択肢も、やっぱり取りえないものかと。

それからザフトに呼びかけることですが、これは一蹴されると思います。
ジブリールを逃がすための時間稼ぎ、と受け取られるでしょうからね。
オーブの国内事情を知らないザフト側としては、いったん侵攻させた軍を戻すだけの説得力はないかと。

そんなわけで、ベストかどうかはともかく、ベターな選択だったとは思います。

>カガリに兵器を残していた
余所でも書きましたが、「カガリが乗ることが前提」ではなかったと思いたいです。
カガリが「力が必要」と判断したときに、適切なパイロットに渡せ、という意味だと。
……違ったらヤだなぁ。

>別の人から教えてもらえ
これは、ある意味ウズミの自己批判なのかと思いました。
ウズミが考え、行ってきた施策では、結局オーブを焼く結果になってしまった。
ウズミの指導でもってカガリを教育すれば、結局カガリもオーブを焼くような「ウズミ二世」になってしまう。
だからカガリには、ウズミのコピーでない為政者になってほしい。
そんな思いがあったんじゃないでしょうか。
もしウズミの政治能力がばっちりでオーブが焼かれなかった場合は、直接指導していけばよいので、記録に残す必要はありませんから。

>ルナ
メイリンが犯罪者扱い、というのが大きな要因の一つかもしれませんね。姉妹ですし。
インパルスに乗る前は、ろくに活躍もしてなかったですし……(^^;
2005-07-24 日  19:26:10 |  URL | 可菜 #MnTc.E7Y [編集]
カガリがMSに乗ること。
可菜さんがおっしゃるように、確かに様々な長所(特に士気を上げること)はあると思います。けれど、やっぱり「カガリの身体はカガリだけのものじゃない」「カガリが落とされたらそれこそオーブは最期」という点でどうしても賛成できないのです。

ウズミの遺産についても・・・本当に娘が大切ならMSだけ残すなんてことあるでしょうか?
政治家としての教育も、まったくのコピーでなくても「これだけは」というものだけでも残しておいてくれたら、カガリはここまで苦しまずに済んだんじゃないかと思うのです。
残したのはオーブの理念とアスハの名の重みだけなんて・・・

記事にも書きましたけれど、一番の問題は「背景」が見えないために視聴者が推測でしか考えられない・・・という脚本の薄っぺらさですね(^^;
2005-07-24 日  22:38:11 |  URL | グラス #- [編集]
グラス様、いつもお疲れ様です。いやぁ、冷静に分析してますねぇ~。お兄さん(誰だっ!おじさんとか言ってるヤツはっ!!) アスカガフィルターつけて見てたから、カガリのかっこいい所しか見えませんでしたよ~。

>カガリがやるべきことはMSに乗って前線に出ることなんでしょうか?
>将が落ちては意味が無いのですから

真面目にコメントしますと仰るとおりだと思います。今までだってカガリをオーブに返すためにやって来たんだったら、ここで死んでは意味がありません。まあ弁護してあげるとしたら、アスランが落とされた事でカガリはギルを信じていない。どんな回答をしてもオーブ攻撃をやめることは無いと思っている。そして、行政府に行く前にDESTINYに出会ってしまった。と書いた所でグラスさんが仰っている事が本来は正しいのだと思います。まあ指導者としてはまだまだ未熟な面もあると思いますので、こういうのもカガリらしいかなと思います。

>アスランにはとても出来なかった「フェイス権限」発揮です。

これが、フェイス権限なら、ザフトは軍としてはどうかと思います。本来階級が同じでも艦の中で指揮権があるのは艦長です。こういう軍規や指揮系統を軽んじた描写はすごくいやなのですが、今回はレイがタリアさんと自分達は同じだと言う事を強調する意味があったと言うことなら分かります。シンは志願などしてないけどうまい言葉を使いましたね。私はシンに対しては腹が立ったり怒ったりするが、レイに対してはそれ程ではない。しかし人間としては大嫌いです。

>初期と比べて、本当にオバカなキャラにされちゃいましたねぇ(涙)

本当ですねぇ。何でカガリはこんなバカボンに操られたんでしょう。一人のキャラを立たせるために相手を貶めるのは描き方としてはどうなんでしょう?
でもここまでバカボンだと真剣に怒る気にもなりません。愛すべきバカボンですね。(笑)

さて来週は総集編だそうですね。すべて回想だったら感想書かれます?せめて議論できる材料がいくつかあるといいですね。

それでは失礼します。
2005-07-25 月  22:33:30 |  URL | 神威 #aIcUnOeo [編集]
>カガリ親衛騎士団に入団してきました

おお!今回はカガリファンが大盛り上がりですね。

そういえば以前シェラさんとチャットで「アスハ家のメイドになりたい」という話で盛り上がりました。シャイなご主人様(カガリ)と恋人(もちろんアスラン)の仲を進展させるために、あの手この手と作戦を練るメイド隊です(爆)
親衛騎士団の皆様も、もちろん協力して頂けますよね?(笑)

>いやぁ、冷静に分析してますねぇ~。

冷静に分析して「これは如何なものか?」と眉をしかめる自分と、単純に「カガリ復活!いいぞ~!」と喜ぶ自分がいて、どちらにシフトした記事を書こうかと正直悩んだんです。でも、カガリマンセーブログにはしたくなかったので、ちょっと厳しい目で見させていただきました。当方はアスランマンセーブログですので(え

>今までだってカガリをオーブに返すためにやって来たんだったら、ここで死んでは意味がありません。

視聴しながらのリアルタイム記事であれば別物になったと思います。今回のカガリは本当に強かったし「ここで死んでは・・・」なんて心配も無用なほどでしたから。ただ最後にデスティニーに向かっていったところで「ちょっとそれは危ないよカガリ!」と私の心配モードが炸裂→やっぱりMSに乗っちゃいかん!になったんだと思います(自己分析)

まがりなりにも相手は最新鋭機に乗ったザフトのスーパー・エースです。キラでさえ梃子摺ったデストロイを4機も倒した男です。それに向かって行くのはさすがに無謀だろ~!カガリ姫!!

>これが、フェイス権限なら、ザフトは軍としてはどうかと思います。

そもそも国防委員長でもないデュランダル議長が軍を指揮している時点でザフトはメチャクチャですよね(^^;

>今回はレイがタリアさんと自分達は同じだと言う事を強調する意味があったと言うことなら分かります。

おそらくそういう描写だったのだと思います。もう少し描き方があった気もしますが、この作品の脚本はそれ以前の問題が山積みですから期待しても無駄というものでしょうね。

>何でカガリはこんなバカボンに操られたんでしょう。

そうなんですよ。このご都合主義の脚本のせいで、結果的にはカガリまでをも貶めることになるんですよね。あくまで狡猾なユウナを超えることでカガリの成長を見せて欲しかった(涙)

>すべて回想だったら感想書かれます?

アスラン@石田さんの新録り台詞があれば書くと思いますが(笑)キラがまたブチ切れそうな台詞を吐かないかが不安です。

あ、でも週末は花火を見に行く予定なので視聴も感想も遅くなりそうです。のーんびりお待ち頂いて、また覗いていただけると嬉しいです。
2005-07-26 火  19:58:56 |  URL | グラス #- [編集]
↑の

キラがまたブチ切れそうな台詞を吐かないかが不安です。

ですが、ブチ切れるのは「私グラス」です。
アスランの台詞に「キラが」ブチ切れるのではありませんので!
(なんか読み直したら、そうとも取れるかな~と心配になりまして)


2005-07-26 火  20:35:04 |  URL | グラス #- [編集]
グラスさん、こんばんは。

>ブチ切れるのは「私グラス」です。

もちろん分かっております。私も同じです。

アスランのセリフにキラがブチ切れたりしやがったら、私は画面を殴ります。(その瞬間に画面はキラからアスランに変わります。)

バキッ!!

神威 「あっ・・・」

ですからグラスさんも
どうぞ 遠慮なくブチ切れちゃってください。(笑)
2005-07-26 火  22:50:02 |  URL | 神威 #aIcUnOeo [編集]
>「カガリの身体はカガリだけのものじゃない」「カガリが落とされたらそれこそオーブは最期」という点でどうしても賛成できないのです。
んー。それはもっともだと思います。
ただそういうのは、カガリの周囲が指摘するべき内容かなとも思います。
アスランが元気で一緒に戦場に出ていれば、戦況立ち直した時点で「ここはオレに任せて行政府へ急げ!」とか言ってくれたんでしょうけどねぇ……。
逆に、カガリにそういった指摘ができない人材ばかりがオーブに残ってしまっている、ということなのかもしれません。
カガリが来るまで、ユウナ相手に何もできなかった人たちばかりでしたしね。

>カガリはここまで苦しまずに済んだんじゃないか
「オーブの獅子」の異名を持つウズミですから。
獅子は千尋の谷にわが子を突き落とすものです!
……という風に思わないと、納得できないかもしれません(^^;
わたしも、もうちょっと残せるものはあったと思います。
いろいろやるための時間がウズミになかったとか、何を残せばいいか決めあぐねていたとか、考えられる理由はいろいろありますが……。
まぁ、「ウズミも四方八方完璧にこなせるほどの神人間ではなかった」あたりで落ち着くのかなぁ。
全般的に描写不足なアニメですし(^^;
2005-07-27 水  09:58:06 |  URL | 可菜 #MnTc.E7Y [編集]
メイド仲間のグラスさんへ。(誇張・嘘・紛らわしいあり。JAROに連絡しないで!・笑)

さっき見たら私の日記にカガリ様親衛騎士団の神威隊員が落書きしてるの。
何かと思ったらね?「グラスとシェラのメイド服姿は視聴に耐えられるのか」ですって。
……どう思う?

なんちゅーわけで告げ口しに参りました(爆)
これから私のほうでレスをする予定ですが、神威隊員をどうとっちめましょうか?(笑)
2005-07-27 水  22:25:27 |  URL | シェラ #8l8tEjwk [編集]
グラスさん こんばんわ。
いつも楽しく種運命の感想を読ませて頂いてます。
せっかくなので足跡を残しにきました。
(元)キラファン・・・・(笑)です!
キラの登場しない回はとても心安らかでした。
神々はお星さまになって出てこないほーがいいぃ。
2005-07-27 水  23:01:27 |  URL | xiao mei #9u3Thl.I [編集]
グラスさんこんばんは。
しばらく自分の所の感想をろくろく書いていないかなでです(汗)。

私はカガリ好きなのですが、今回の出撃にイマイチ盛り上がれなくて「?」だったのですが、グラスさんも複雑な心境の御様子で、ちょっと安心いたしました。
ウズミへの「もっと他にやることあるしょ!」な気分が先に立ってしまってせっかくのカガリ晴れ舞台(←親戚のおばちゃん風)が純粋に楽しめなかったのがちょっと残念でした(笑)。
おのれウズミ!(←こういうのを逆恨みっていうんですかね・苦笑)

シンVSカガリはとても楽しみで、戦場に出向いた二人の心情はとても複雑でまっすぐそうなので、MS戦以上に、この子たちが何を考えるのかがとても楽しみです。

それと、ユウナがどうしていいのかわからない愛しさなんですけど、どうしましょう!

2005-07-28 木  01:52:31 |  URL | かなで #- [編集]
冬樹くんに心うばわれてましたが、お女中(メイド)も気になるなぁ。(笑)

ご存じかも知れませんが、こんなのもありますね。
http://meidotai.gozaru.jp/

カガリ、世界観がだいぶ違うかも知れないけど、「ナウシカ」みたいにキャラをしっかり描いてくれれば、戦いの先頭に立とうが、一人で危険に身をさらそうが、みんながこぞって「姫さまっ、姫さまっ!」ってあがめたてまつってもぜんぜん違和感ないのにね。(え、それができれば不朽の名作になっちゃう?それにカガリ主役じゃないし・涙)
まあ、単純にナウシカっぽくしてしまったら、シンちゃんが最初にカガリに噛みついた時点で仲良くなって、カガリの肩にのってしまいそうだ(だから世界観ちがうって・笑)
「血はむしろそなたを清めた、王道こそそなたにふさわしい。」なーんてセリフがかっこよく聞こえる世界じゃあないですもんね。
でも、あれの10分の1くらいでも、ちゃんとキャラを。。。(願)
2005-07-28 木  14:43:55 |  URL | Aten #CHbLV.HQ [編集]
>描写足りないよ描写!

まったくもって、その通り!(怒)

>アスランが元気で一緒に戦場に出ていれば、戦況立ち直した時点で「ここはオレに任せて行政府へ急げ!」とか

うわ~ん、そんなシーンが見たかった!!
もうそろそろいい加減、ヒーローなアスランが見たいです!
2005-07-28 木  20:59:53 |  URL | グラス #- [編集]
>私の日記にカガリ様親衛騎士団の神威隊員が落書きしてるの。
>「グラスとシェラのメイド服姿は視聴に耐えられるのか」ですって。

んまぁ!なぁ~んですって!?
仮にも、カガリお嬢様のメイドですよ? 
器量良しばかりを揃えているに決まってるじゃありませんか!(ぼよんっ)

と、乳母マーナの大柄な身体に弾き飛ばされる神威隊員!
(あれ・・・盗作?著作権侵害?ごめんなさいシェラさん!)

でも私たちメイドにそんな失礼なことを言って、一番困るのは神威隊員よ。
だって、私たちがカガリお嬢様に
「ひどいんです~神威隊員が私たちに○○なことや○○なことをするんですぅ~」
って告げ口したら、ほら! お嬢様のことだから
「なんだと!?私が厳重注意してやる!」
とか怒って親衛隊の詰め所へ一直線!
・・・って、もしかして、それこそが神威隊員の望むところなのかしら?


神威隊員Mかもしれないし・・・(爆)


神威隊員自ら

>バキッ!!
>神威 「あっ・・・」
>どうぞ 遠慮なくブチ切れちゃってください。(笑)

って言ってますしね(引用間違い)

2005-07-28 木  21:01:11 |  URL | グラス #- [編集]
どうもいらっしゃいませ~!
誰かと思ったら、やっぱり貴女なのね(^^)

>(元)キラファン・・・・(笑)です!

「元」にカッコが付いていると言うことは、やっぱりキラファンに戻ったの?

>キラの登場しない回はとても心安らかでした。
>神々はお星さまになって出てこないほーがいいぃ。

でもないのか?(爆)
2005-07-28 木  21:02:49 |  URL | グラス #- [編集]
>私はカガリ好きなのですが、今回の出撃にイマイチ盛り上がれなくて「?」だったのですが、グラスさんも複雑な心境の御様子で、ちょっと安心いたしました。

そう言って頂けると、私も仲間を見つけたようでホッとします。
カガリが好きでも手放しにカガリを誉められない、というこの展開は正直つらいものがありました。

他のブログを巡っていて
力を完全否定した“理想主義者”だったカガリが「必要な力ならば使うという現実に目覚めた」という意味で成長なんじゃないか・・・
というような記事を読んで「なるほどな~」とも思ったのですが、それならそうと判るように描いて欲しいです。要は演出下手なんですよね(涙)

振り返ってみれば、クレタ沖など確かにカガリはルージュに乗ってはいましたが自らは撃っていません。けれどAAやキラは撃っていましたし、カガリもそれを責めようとはしませんでした。いわばこの時点で「必要ならば力を使用」をカガリが既に認めているように感じてしまっていたわけです。
だから、今回の「力をむやみに厭うのもどうか」というウズミの言葉に泣き、現実に「守りたいものを守るための力」を手にしたカガリの「変化」が見えづらい。

>ウズミへの「もっと他にやることあるしょ!」な気分が先に立ってしまってせっかくのカガリ晴れ舞台(←親戚のおばちゃん風)が純粋に楽しめなかったのがちょっと残念でした(笑)。

これもきちんとベース作りを・・・例えばキサカあたりが「理想」に凝り固まっているカガリを見て「ウズミ様は違う考えだった」というようなことをさりげなく匂わせる台詞を言うとか、そういった場面を今までに入れていれば違和感もわかなかったと思うんですよ。

作品のプロットは悪くないけれど、それを視聴者に伝える術があまりにも稚拙・・・
そのあたりが、この脚本家が「素人」とか「同人」とか言われる所以でしょうね。

>それと、ユウナがどうしていいのかわからない愛しさなんですけど、どうしましょう!

えっと・・・ど、どうしましょう? 
かなでさんの深い愛で叫んであげます?

でも、お願いです。アスランより好きにはならないでください(笑)
2005-07-28 木  21:06:55 |  URL | グラス #- [編集]
「アスハ家のメイドになり隊!!」は、シェラさんとの成りきりチャットをした後に知りました。同じ事考える人はいっぱいいらっしゃるのね(笑)
でも隊員に志願はしていません。だって私、アスランがアスハ家から離れたらアスランに付いて行っちゃうから・・・アスハ家のメイドになる資格がないのです(^^;

>「ナウシカ」みたいにキャラをしっかり描いてくれれば

ナウシカ自身のキャラ描写もそうですが、風の谷の人々(国民)とナウシカ(姫様)の信頼関係の表現がしっかりされていましたよね。だから違和感が無いのだと思います。
一方、オーブ軍の皆さんは突然出てきて「カガリ様」連呼ですから(しかも市民はカヤの外^^;)どうしても感情移入しにくいですよね。

カガリが悪いんじゃ有りません、作り手です。
(種運命の場合、キャラは皆、夫妻の被害者ともいえますから^^;)

>ナウシカっぽくしてしまったら、シンちゃんが最初にカガリに噛みついた時点で仲良くなって、カガリの肩にのってしまいそうだ

ほら、こわくない(笑)
2005-07-28 木  21:29:27 |  URL | グラス #- [編集]
グラスさん、こんばんわ。

>カガリが好きでも手放しにカガリを誉められない、というこの展開は正直つらいものがありました。

まったく同意です。
私もできればMSにはもう乗ってほしくないという気持ちも大きかったし。
巡っていたサイトで、「カガリは言葉で戦うべきだ。それができる人間は限られているし、君にしか出来ないことだろう? 君が今望むことは、俺がやる。これ(暁)には代わりに俺が乗る」とアスランが言う、というSSがあっていたく感激しました。(笑)

>力を完全否定した“理想主義者”だったカガリが「必要な力ならば使うという現実に目覚めた

そうですね。カガリの「力の否定」はある意味「綺麗事」だったわけだけれども、守る力がなければ再び国を焼いてしまう現実を目の当たりにして、ウズミ氏の「むやみと力を厭うこともまた愚か」という言葉に泣き崩れたのだろう、と私も解釈したのだけど…
でも、ラクスの「思いだけでも、力だけでもダメです」もなんかよくわからんのですー!

>カガリが悪いんじゃ有りません、作り手です。

そうだー! そうだー!(笑)
もう全てそれで片付けちゃいそうです。(^^;

次はアスラン復活祭り?だけが今の種運命の楽しみです。ほほほ
2005-07-29 金  00:40:11 |  URL | 小波 #ElZ.WoSw [編集]
>風の谷と比べては悲しすぎます(涙)

悲しいけど、カガリのナウシカっぽいところがとくに好きだったので、ついつい思い出してしまうんです。すみません。

>カガリが悪いんじゃ有りません、作り手です。

たしかに、↑ に限ると思います、マジで。

その上で、あえて別の視点でみるとすれば、カガリはカガリの生き方をしてもいいのかなあ、なんて思います。
カガリは前作の最終回で、自爆嗜好の愛しい人(萌)にたいして「逃げるな!生きる方が戦いだ!」と叫んでます。すでに自爆の道を選んだウズミパパとは少し違う見解を持っているような気もします。
ウズミパパはカガリのことはお見通しだと思うので、カガリが自由に自分の道を探せるよう、選択肢が少しでも広がることを願っていたのかも知れません。
かつて、アスランがザラパパのことで悩んで、議長カウンセリングを受けたとき「君は、君だ」と、その場面だけ限定すれば、まっとうな方法で呪いを解いてました。(うさんくさい奴ほど真実を言うの法則?)
カガリは、良くも悪くもウズミパパの呪縛を受け入れているので、カガリらしさは生殺し状態に見えちゃいます。ジレンマがありますね。

「私たちは血を吐きつつくり返しくり返しその朝をこえてとぶ鳥だ!」みたいなセリフをカガリはもう叫んでくれないんだろうか。。。(あ、これはナウシカのマンガのほうでした)

ところで、メイリンはちゃんと前開きの病衣みたいなの着てましたね。(笑)
2005-07-30 土  14:16:32 |  URL | Aten #CHbLV.HQ [編集]
グラスさんこんにちは。

昨日は例の「アニメフェス」に行ってまいりました。行かないと言っておきながら結局行ってしまった(しかも開演5分前現地着・・・汗)
ゲストは豪華でTMR(本命)、ケミストリー、ラルク他とトンでもなく盛り上がりました。
中でも特別黄色い声援を受けてたのが アスラン=石田さんです。画面にアスランのアップが出る度に場内騒然(笑)

キラ=☆さんも出演されてましたが、やはり語り口調が「神キラ」でしたので、前回のカキコ(元)のカッコはやはり消さなきゃなりませんね~~はぁ。

終了後の規制退場のアナウンスが何故か石田さんでした。結局、直ぐには退場せず最後まで麗しの美声(お疲れ気味)を堪能して帰宅しました。


脱線カキコになりました。皆様ごめんなさい。
2005-07-31 日  11:17:29 |  URL | xiao mei #- [編集]
実はまだ41話見てません。見る前にレスを・・・ということで短レスです。すみません!

TO:小波さん

>君が今望むことは、俺がやる。これ(暁)には代わりに俺が乗る」とアスランが言う、というSS

これぐらい書いてくれたら・・・同じ同人的なストーリーでも燃え(萌え)られるんですけどねぇ。

>でも、ラクスの「思いだけでも、力だけでもダメです」もなんかよくわからんのですー!

いえ、たぶん小波さんも、そしてアスラン含めキャラも皆それくらい判ってるんです。
「思いだけでも力だけでもダメ」
その通りです。だから、そのバランスを取りながら必死で皆動いているんじゃないですか。
ただ問題は、ラクス教祖とキラ神様による「力」と「思い」のみが結局正しいとされることですよね。
他のキャラが必死でやってても、すべて無駄なのかよっ(怒)


TO:Atenさん

>カガリのナウシカっぽいところがとくに好きだったので

ああ、確かにイメージ的には合いますよね。前作では・・・(^^;
でも今作では泣いているイメージしかないです(涙)

>カガリは、良くも悪くもウズミパパの呪縛を受け入れているので、カガリらしさは生殺し状態に見えちゃいます。ジレンマがありますね。

確かに、カガリがウスミのやり方をそのまま受け継ぐ必要は無いのかもしれませんね。
いっそカガリの提案で、オーブは「首長国」やめて、選挙によって国のTOPを選ぶ民主主義へ転換するとか・・・
(オーブ国民が何を考えているのか全く見えてこないので、国民が反対するかもしれませんが^^;)

>ところで、メイリンはちゃんと前開きの病衣みたいなの着てましたね。(笑)

そうそう、私もそれ思いました。アスランはきっと後ろ開きなんですよ(笑)


TO:xiao meiさん

お~!結局行ったのね!暑い中お疲れ様でした。私がゆかた着るのに悪戦苦闘してた頃かな(^^)
久々の西川くんは堪能できましたか?

>中でも特別黄色い声援を受けてたのが アスラン=石田さんです。画面にアスランのアップが出る度に場内騒然(笑)

そうなの?よ、良かった・・・ヘタレアスランでブーングだったらどうしようかと思ってました。
暑さの中で石田さん溶けてませんでしたか?(爆)

>キラ=☆さんも出演されてましたが、やはり語り口調が「神キラ」でしたので

私やっぱり行かなくて良かったわ・・・(毒)

>終了後の規制退場のアナウンスが何故か石田さんでした。

うきょー!聞きたかったなぁ~
レポありがとね!
2005-07-31 日  13:17:55 |  URL | グラス #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2005/07/24 17:09 | DESTINY追跡日記 | PHASE-40 黄金の意思 悪夢に苛まれるシン。彼が今まで殺した人間は100を下らないだろうが、それでも彼が悪夢を見るのは初めてのことだ。彼がそれまで殺してきた相手とまったく違う相手。同じ艦で起居をともにし、一度は尊敬し、懐いて慕っていた上官と、ミネルバに乗艦する前から、養成学校の

2005/07/24 17:26 | 焼きプリン定食 | カガリ・ユラ・アスハ、暁、発進するっ! ところで、カガリって礼服(?)の下に何着てんの?(・3・)襟元赤いしなぁ…でもオープニングでは下着だけで上着羽織ってるしね?けど、インナーってあるよね、たぶん。あと、OPの下着姿が、カガリのイメージと違うんで参考にしませんでした。似てないとか言わないように(´_

2005/07/24 17:33 | まさとのヲタ的行動記録 | SEED Destiny 40話 おお!?色反転!ステラーー!!!!!!♪初っ端からシンの心の内。レイに優しくされるが、やはりザフトから抜けるのか?優しすぎる・・・お前、それは弱さだ、それでは何も守れない。byレイ一番シンが弱い台詞を的確に突いてくるレイ。ここでフェイ...

2005/07/24 18:56 | 紫苑の園 | 【アニメ】ガンダムSEED DESTINY #40「恋の黄金律作戦(違」 FAITHの資格って、議長の独断であんなにホイホイ与えていいもんなんだろか?ネビュラ勲章が、兵士の軍功を考量して与えられる栄典だとすれば、FAITHは、議長が自分のお気に入りの人物に『頑張った御褒美にあげるもの』といったイメージが。ただ、与えられた者は、上意下達が

2005/07/24 18:59 | CODY スピリッツ! | SEED DESTINY 40話 最近、2分で25機のザクやグフを撃墜した全国のS-Dファンの皆様!先週の土日はストライクフリーダムやら響鬼紅やら最強なのが色々と出てきましたけど、本当の最強はマイメロの確信犯的な天然が最強だと思いますってことで感想に入ります。

2005/07/24 20:05 | ひよこ探偵団 | ガンダムSEED DESTINY 第40話「黄金の意思」 DVD8巻のジャケットはシンステみたいですね!ふたりともかわいいけど、バックのデストロイに握りつぶされそう。ジャケ絵はSEEDの苦労人考さまで確認出来ます!それでは40話の感想。

2005/07/24 21:08 | オレンジの花 | PHASE-40 黄金の意志  今さらフェイスと言われても・・・  前作SEEDの「PHASE-40 暁の宇宙へ」は上手くまとまっていましたが、 それと比べて、今回はかなり面白くありませんでした。 《オーブ》  ユウナは本当におバカなキャラになっちゃって… (前からか)  国家反逆罪で、やっと退場.

2005/07/24 22:07 | milky-SF-town | 40話『黄金の意思』 いたるところで大いにわらかせてもらった。ユウナといい、カガリといい。それに冷静に過去の経緯を思い出すとどうしても、バカバカしく思えて、拍子抜けする。とりあえずうなされるシン君萌え!!

2005/07/24 22:09 | 蒼白な月 | PHASE-40 「黄金の意志」  ■その名は「暁」        本音を言えば、私はあくまでもカガリがMSに乗って戦うというのには反対でした。28話以降、カガリは自分が為政者として道を誤ったことを痛感したはずです。だからカガリがこれから代表首長に復帰して振るうのは「力」ではなく「政治的

2005/07/25 12:56 | Refuge | ガンダムSEED DESTINY第40話「黄金の意志」 なんですかこのカガリ様マンセーアニメ。なんですかこのアホ過ぎる展開は。地震L字テロップが見る側を冷静にさせてしまって寒かった。凍えるようだった。キャラ作監は森下氏。森下カガリは漢前だねー。ユウナの殴られ顔はGJでした!!以下、詳細感想いきます。

2005/07/25 13:56 | 前田慶次郎店長のブログ | ガンダムSEED Destiny PHASE-40 『黄金の意志』 百式の登場です!

2005/07/26 22:53 | 橘葉日記~きつようにっき~ | ガンダムSEED DESTINY第40話・黄金の意志 シン、FAITH着任おめでとう。16にして位人臣を極める。またしても一つの艦に独立指揮権を持つFAITHが三人同乗するという状態になってしまったミネルバ。山でも登る気か?しかも今度はシンとレイ。ハイネやアスランではやらなかったような無茶をやりそうで胃が痛いです(笑

2005/07/26 23:34 | 螺旋運命―SPIRAL DESTINY― | PHASE-40 「黄金の意思」感想 感想遅れてすみません。チャット会楽しんできました。今回の話は普通に面白かったです。脚本が野村さんだったということで、話の構成も良かったです。それにしても、今回はユウナ役の野島さんの演技が特に光ってました。ユウナ面白いな・・・当初の政治家ぽかったユウ

2005/07/27 00:35 | 大好きなキミへの愛を語る。 | 第40話 黄金の意思 悪夢にうなされるシン。色が反転してるの?アレ?ウチのテレビが壊れたのかと思って叩いちゃったよ(古典的すぎ)夢でよかったー。シンが抱えている罪悪感、自己嫌悪。そんなモノ達がこの夢を見させているのだとしたら、現実で考えを放棄している彼はきっと.

2005/07/27 20:48 | 俺のタイムラグ | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY #40 「黄金の意志」 暫定版をうpしたからには次は完全版をうpといきたいところなんですが、まぁいろんな都合上けっこうかなり適当になってみたり・・・。そんなことはおいといてとりあえず感想をば。シンはなにやら悪夢を見ているようで。流石にキラを倒したのはなんともなくても、....

2005/07/28 01:41 | 思うことを述べよ、煩悩を曝そう | デステニ40話メモ 40話感想のメモ。ちゃんとした感想を書けるかわからないのでちらりと思ったことを。39話を見逃してしまったのですが、ストーリーはなんとなく把握してます。インターネットってスバラシイ。あー本当に萌えそこねてしまったなぁ。じたばたするアスランを見てジタバタゴロ

2005/07/28 21:10 | Temporal Melody***種専用 | [TV感想]通常放送な運命PHASE-40 今回はそんなに書くのに時間かからないだろうなと思い書いてみることにします。かきかけ38話は修羅場抜けたら必ず書きますので!■悪夢にうなされるシン最初テレビが電磁波にやられてしまったかと思いました(笑)効果だったのね…やっぱりレイも言ってますけどシンって根は


Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。