スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

萌死!!!!!!! その3

桜の花にだまされて
6/1 19:00開演 紀伊国屋サザンシアター


今日はソワレです。

蒼さんに本当に殺されそうな気がしてきました(^^;



でも私
既に康ちゃんにハート撃ち抜かれて死んでるからvv (きゃっ)


以下ネタバレです。





今日のお客さんはノリが良かった。
キューティー○ニーのところなんて、練習中に大川さんたちがビビっちゃうくらい元気良かったし。
ただ、客席が元気過ぎるのも良し悪しで・・・
近くの席の人が物凄い大きい声で笑うもんだから、逆にこちらが興冷めしてしまったり。
明夫さんや真殿さんがボソッと言うセリフが面白いのに、それが客席の笑い声に掻き消されてしまったり。
一番もったい無かったのが、最後の最後、谷さんのセリフが聞き取りにくくなったこと!! 芝居のオチが中途半端になってしまったのが残念でした。
(谷さんは、それでも客席が静まるタイミングを計ってくれてたんだけどね)



さて、3回目ともなると、石田さん&岸くんチェックに集中できるようになりました。
(でも真殿さんとかに目が引きづられそうになるけど/爆)

岸くんの衣装も細かくチェック!
登場時は、レインボー柄の白Tシャツに青ジャージ、下はベージュの作業着っぽいズボン。 首には皮紐のペンダント。
靴は白の運動靴なんですが、何かイラストが描いてある・・・?
オペラグラスで良く見ると 「キャプテン翼」 のイラストだよっ!!
もしかして高橋陽一先生に頂いたのかしら?
(高橋先生は岸くんの曲を気に入ってくれてるのですv)

そうそう、青のジャージがアディダスでした!
つまり弟の靴と一緒です!!

安住兄弟萌え――――――――――――――!! (爆)

スーツは2種類。 昨日書いたとおり、グレーのスーツには赤のネクタイ。 黒のスーツの時は縦ストライプのWhiteシャツに、斜めストライプ(白赤黒) のネクタイ。 最後はタイだけ無地に替えてました。



昨日も思ったんですが、演出が少しずつ変更になっています。
(単なるNGではなく明らかに演出変更)
今日は、健一の演説時にマイクを脇に置いて陽一郎を抱っこするタイミングが変わっていました。
初日と昨日のマチネは 「最近思うことがあります」 って言う前にマイクをどかしていたんですよね。 そして、陽一郎を抱っこするという流れ。
これだと、まるで奥さんに向かって 「陽一郎はオレが面倒見るから、お前が代わりにしゃべって」 って言っている様に見えるんですよ。 正直、初日は 「ええ!?奥さんにしゃべらす気?」 って思いましたもん(^^;
その箇所が今日は 「最近思うことがあります」 って言ってからマイクをどかす形に変更になっていたので、不自然さが無くなりました。
あと 「利権うんぬん」 の言葉も少し変わっていて意味がわかりやすくなってました。


今日の康ちゃん@石田さん

例の 「バーン」 のとこ
「くるくる、つつつーーーー、ばーん!」 だと思ってたんですが、今日は 「くるくる、ちょん、ちょん、ちょん・・・・・・(とひとりずつを指差して) ばーん!」 でした。 (前からそう?)
石田さんノッてきたのか開き直ったのか(笑)
客席からは拍手がわいてましたよv

その後の
康二 「やる?」
ナース「やる!」

のとこも、昨日のマチネは中腰でガッツポーズでした。
今日は立ったままだったんですが、ガッツポーズの代わりにウィンク!! 
・・・・・・・・したように見えたのは私の幻想ですか!?(爆)

黒スーツ 最初はネクタイは緩めでスーツの前ボタンは開けてますが (このラフな感じが色っぽくて良いのです!) 健一の演説の時はタイもボタンもキッチリ締めてましたね。(こうなると今度は七五三みたく可愛かったりします^^)

今日渡されていたビールはたぶんスーパードライでした。
明夫さんは一番搾りを飲んでました(爆)

今日の席 (8列目下手寄り) からは残念ながら生腹は拝めませんでした(^^;




<今日の頂き物> (笑)

サインボールは私の腕に激突したんですが (結構痛かったデス) そのまま跳ね返って隣席に飛んで行ってしまいました。 チラリと見たら、峯香織さんのサインボールでした。
(どうやら投げる人とサインは一致して無いようです)


ボールはGETし損ねましたが、さくら候補の選挙事務所からチョコレートを頂きました。
これ↓



ちなみに昨日は安住兄弟の叔母さん=定岡さんからロッテのど飴を頂きました(笑)



その他の舞台・コンサート・イベント | 【2006-06-02(Fri) 00:32:04】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]
コメント
ごめんなさい。
気を悪くされたら、本当にごめんなさい。

『桜の花にだまされて』というのは、つまり舞台ですか?
石田さんというのは、アスランの声の石田さんですか?
石田さんは、俳優さんでもあるということですか?
声優と俳優は、特に厳密な区別はないということですか?
声優さんであり、且つ俳優さんでもあるのですか?
声優さんは、お腹とか見せませんよね、普通。
やっぱり、俳優さんということですよね。

えー!?
(何せ私は、アーサーの双子の姉ですので・・・)

以前のコメントで
>「相続法概説」は~
とありましたが、まさか石田さんが「相続は、被相続人の死亡により、その住所地において開始します。参照条文は民法第882条及び883条です。次に、相続人の認定ですが・・・・」と相続法について解説してる、ということではないですよね。

何と言うか、とにかくびっくりしています。
2006-06-03 土  01:39:34 |  URL | アサ子 #FIHijEaM [編集]
こんばんは。

>『桜の花にだまされて』というのは、つまり舞台ですか?

そうです。6/4まで新宿の紀伊国屋サザンシアターで上演中です。

>石田さんというのは、アスランの声の石田さんですか?

そうです。石田彰さんです。

>石田さんは、俳優さんでもあるということですか?

うーん。これは石田さんに聞かないと判りません。 ご本人は 「いえ、僕はあくまで声優です」 とおっしゃるかもしれないし。

>声優と俳優は、特に厳密な区別はないということですか?

どうなんでしょう?
そもそも職業の区別って誰が決めてるのかも私は判らないんですが(笑)
国? 政府?
区別なんて付けられないと思います。 例えば私なんかは一応 「事務職」 ですけど、まったく営業と関わらないかというとそうでもないですよ。営業の電話を受けて対応したりしますしね。

それに昨今では、俳優どころか、お笑い芸人までがアニメの吹き替えしてますから(^^;


>声優さんであり、且つ俳優さんでもあるのですか?

上に同じです。

>声優さんは、お腹とか見せませんよね、普通。
やっぱり、俳優さんということですよね。

お腹見せるとか、そういうことで区別することでは無いと思うんですけど(笑)

声優も俳優も「演技をする人」という意味では根本は似てるんじゃないでしょうか?
だから両方出来る人ももちろんいると思いますよ。
俳優を目指していて、それじゃ食べれないから声優の仕事を受けたら、そっちでブレイクしちゃった人もいますし。

あ、歌手になりたかったのに売れなくて、仕方なく声優やってみたら人気が出て、その人気に乗っかって元々の希望だった歌のCD出したりライブやっちゃう人とかもいますよね。
そういう人はそれこそ 「歌手なのか声優なのか?」 って全然別ジャンルで区別されちゃうことになるし。

逆に声優のはずなのに、キャラソンCDとか下手クソな歌を出しちゃったり。
石田さんは 「お金を取るほどの歌唱力じゃない」 ってことで歌のお仕事は断ってるようですけどね。

そうそう、SMAPなんて歌手なんだか俳優なんだか司会者なんだかお笑い芸人なんだか判んないじゃないですか(爆)

結局 「報酬を貰って何かを提供する」 のが仕事だから、報酬に見合うものであれば、そのジャンルを厳密に分ける必要な無いんじゃないですか。


今回の 「桜の-」 について言えば、石田さんが所属している事務所が定期的に舞台公演を行っていて、石田さんは今回の第4回公演に出演するよう事務所から言われた・・・というところだと思います。
そしてお金を取る(チケットを購入して観に来てもらう)限りは、石田さんは出切る限りの力で舞台俳優というお仕事をこなしていらっしゃるんだと思いますよ。(プロ意識の高い方ですから)


ちなみに「新版・相続法概説」は、相続法について解説するものではなく、とある地方の資産家が亡くなったことから派生する人間ドラマを描いた舞台劇です。

2006-06-03 土  02:40:45 |  URL | グラス #- [編集]
本当にどうもありがとうございます。
削除かな、と覚悟しておりました。

>結局 「報酬を貰って何かを提供する」 のが仕事だから、報酬に見合うものであれば、そのジャンルを厳密に分ける必要な無いんじゃないですか。

確かにそうだと思います。
ただ、SEEDシリーズの中でも、他の映画の吹き替えにしても、プロの声優さんと他のタレントさんでは、明らかな差があって、とても『プロ』とはいえないのでは?と思っていました。
私の中で声優という職業は、どこか職人的な、技術職のようなものではないか、と・・・

その、プロの声優でいらっしゃる石田彰さんが、舞台俳優というのですから、驚いたのなんのって!!
そんなの、あり?というか、大丈夫なの?というか。
声で表現することと、全身を使った表現では、同じ表現でも、ぜんぜん違うでしょうから。

でも、その後のグラス様のプログを拝見して、何と言うか・・・石田彰さんは、分野を問わず『プロ』なのですね。

声優さんが奥の深い方々なのか、石田彰さん個人が奥の深い方なのか…

私も、この舞台を見たかったです。
DVDが発売されるということですが、やっぱり舞台は、生で見たいです。
地方に住んでいることに、不便や不自由を感じたことはありませんでしたが、今は、感じています。

これからも、プログ楽しみにしてます。
2006-06-05 月  10:57:20 |  URL | アサ子 #FIHijEaM [編集]
こんばんは。

>プロの声優さんと他のタレントさんでは、明らかな差があって、とても『プロ』とはいえないのでは?と思っていました。

確かに、視聴者の興味を引くために歌手やタレントを声優に使うと最悪なときがありますね。 どこかのアナウンサーなんて最低の最低でしたし。

>そんなの、あり?というか、大丈夫なの?というか。
声で表現することと、全身を使った表現では、同じ表現でも、ぜんぜん違うでしょうから。

そのお気持ちは判らないでもないです。
私も多少はそう思ってました、幕が開くまでは。
ただ、一昨年の舞台を見ていたことと、その時やった役(そのほか大勢扱いに近い役)程度だと思ってたので、それほどひどくは心配してなかったんですよね。
それより主役の岸くんの方が心配だったし(笑) (岸くんはミュージカルですごい魅力的なのは知ってるけれど、ストレートプレイはほとんど見たことが無かったので、主役って大丈夫かな~ってすごい心配でした)

それが、蓋をあけたら石田さんってば凄い存在感のある役だったし、それを見事に演じてらっしゃるし、ただただ役者・石田彰に魅せられっぱなしでした(笑)

>でも、その後のグラス様のプログを拝見して、何と言うか・・・石田彰さんは、分野を問わず『プロ』なのですね。

石田さんはちゃんと大学で演技を学んだ人なので、基礎はきっちりあるんですよね。 アカデミックな裏づけがあり、更に天性の演技の勘を持っている方だと思います。 

>DVDが発売されるということですが、やっぱり舞台は、生で見たいです。

そうですね。
私は生の舞台芝居が大好きなので (テレビドラマや映画はあまり見ないんですが) 今の環境は大変ありがたいと思っています。 関西に住んでいた時には、お金溜めて東京に芝居を観に行ったりしてましたから、東京近辺に住んでる方で舞台を観たことが無いっていう人は本当にもったいないな~って思います。

また、コメントしにきてくださいね。
2006-06-05 月  22:53:59 |  URL | グラス #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。