スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

王の男

ようやく見ました。

実はこの手の映画は苦手な私・・・・・・ひとりで最後まで見る自信が無く、シェラさんに付き合ってもらってパセラにて鑑賞会と相成りました。


あ、男色うんぬんは平気なんですけどね(笑)
中世の拷問シーンとか 「激動の時代」 っていうのが苦手なんです。
「十二国記」で祥瓊が私刑にあうシーンは見られなかった(原作読んだときは貧血起こしかけた^^;)し、内容を知らずに「さらば、わが愛」を見に連れて行かれた時 (大昔です。男×男っていう世界も知らない頃/笑) も映画館じゃなかったら確実に逃げ出してました。

というわけで、覚悟を決めて見たわけですが・・・まぁ、そこまで心臓飛び跳ねることは無く見れました。 前半で死刑を宣告されたシーンも 「主人公たちが死ぬわけ無い」 という安心感があったからビクビクしなかったし(笑)
チャンセンが焼き鏝を突きつけられるところはさすがにキツかったですが、コンギルの叫び声だったので何とか神経持ちました。ここチャンセンの悲鳴だったらダメだったかも(^^;
そうそう、男×男・・・については気配程度でしたね ←期待してたんかい?!

さて、真面目に感想。
俳優も、そして吹き替え声優も役柄に良く合ってたと思います。
石田さんにしても 「正統なる美青年」 という得意分野なお声を、ようやく外画吹き替えで見られるな~という感じで期待していました。
が、石田さんの凄いところは、しっかり 「コンギルの声」 であるところ。石田彰の声じゃなくて 「コンギルってこういう声なんだ」 って思わせてくれるところが流石です。 なので、当初は石田さん目当てに見始めた私も、すんなり映画の世界に入っていってしまいました。

主な登場人物は4人なんですが、特に燕山君の描き方が良かったですね。野蛮さで歴史に名を残す暴君だそうですが、その裏に秘められた寂しさが描かれているんですよ。そこがしっかり描かれていたからこそ、コンギルが宮廷を出て行けなかったのも理解できるし、愛妾ノクスが 「馬鹿ね」 って言いながらも子供のような彼を愛しているのも伝わってくる。
ただ惜しむらくは、韓国の方には当然の 「燕山君=暴君」 という図式が私たち外国人には判らないので、意外性に欠けてしまう点。 それからノクスが嫉妬心から画策する陰謀をカットしてしまったのも勿体無かったな。 「愛憎劇」 にするためには、あそこは必要だったと思います。特典映像の未公開シーン見ながら 「そうだったんだ」 とか思っちゃいましたからね(^^;
映画の長さ的にはちょうど良かったけど、エピソードとしては詰め込みすぎ?もう少し丁寧に心情を描いて欲しかった気もします。
もう1回見たらまた違った目線で見られるかもしれません。

最後に、石田さんの演技で特に「巧いな~」と思ったシーンを。
王を笑わせれば死を免れる・・・という状況で芝居をするチャンセン、コンギルたち。他の芸人たちが緊張のあまり動けず 「もはやこれまでか」 という所で、コンギルがアドリブで芝居を始めるんですが。 その第一声がね、かすかに震えていて 「気を張ってるけど、緊張は隠せない」 という様子がすごく良くわかるんですよ! 女役だから声は高いし女性言葉なんだけど、コンギルが持つ芯の強さ、男らしさをも伝わってくるし・・・・・・これは石田さんの繊細な演技力ならではですね。
石田さんファン、ここは必見!!だと思います。


あ、そうそう特典ディスクの声優座談会は、座談会じゃなくて一人ずつのインタビュー形式でした。石田さんはどの質問にも真面目に答えてらっしゃったけど、最初の 「収録を終えての感想」 がね、とっても集中してアフレコされたんだな~ってのが伝わってきて良かったです。
ドラマCD・DVD | 【2007-04-22(Sun) 22:44:58】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]
コメント
某所でこっそり感想書きました(笑)
石田さんと言うより映画の感想になってますけど^^;
いや~。韓流映画初体験でしたわ。
見せてくれてありがとう、グラちゃん!

追記:
さっきSBアナザードラマCD3が出てきました^^;まだ手元に残ってたとは。聞きそうなら言ってね(笑)
2007-04-22 日  23:19:43 |  URL | シェラ #8l8tEjwk [編集]
おつかれっした~!
また何かあったら鑑賞会やりたいですね。
2007-04-25 水  00:37:00 |  URL | グラス #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。