スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

図書館戦争 第8話

端折ってる端折ってる~!

郁の査問、手塚兄の郁懐柔策失敗、柴崎と手塚の同盟開始(笑)、王子様発覚まで一気にきましたよ。



相変わらず原作ダイジェストみたいになってますが、逆にそれを楽しめたかな。

原作だと、柴崎&朝比奈の話にも郁の査問の話にも、女のドローっとした部分 (柴崎や郁が、じゃなくて周囲の女のね) が描かれていて好きじゃなかったんですよね。
私自身が女同士でつるんでどうこうってのが苦手なんで (おかげで子供の頃はクラスで浮きがちだったけど) 理解しづらいし。
そのあたりがさらっとダイジェストだったのは良かったです。

端折りながらも、査問直後の乙女な郁ちゃん 「怖かった」 発言を描いてくれたのは嬉しい!
井上さんの声がすごい可愛いし、慌てる様子も冷やかす周囲の様子も楽しかったです。

それから、郁を迎えに行かない堂上に 「いいのか」 って尋ねる小牧。
笑う正論・小牧が、堂上の「正論」に対して言うから深いんだよね……小牧の友情とか人間味とかが出てるシーンだったので、ちゃんと描かれていて良かったです。

郁に対する柴崎、が、堂上に対する小牧、なんだよね。
暴走野郎とストッパー(笑)
ストッパーふたりは何だかんだ言いつつ、暴走する友人が大事で仕方ないんだよね~うん。
でも理性的に見えて怒らせると怖いのは小牧や柴崎だよね、絶対(苦笑)



今回やたら石田さんの声が色気あった気がする(爆)
あらためて、ええ声やぁ~と思ってしまいましたよ。
もっと台詞プリーズ!
アニメなど | 【2008-05-30(Fri) 16:56:56】 | Trackback:(4) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2008/05/31 00:16 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | (アニメ感想) 図書館戦争 第8話 「策動セシハ手塚慧」 図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 図書隊の厳しい査問と、隊内の白い目に耐え続ける郁。手塚は、慧が主宰する『未来企画』の企みに気付き、悩む。慧から郁を呼び出す電話が鳴ったとき、すべての事情を察した堂上が動いた──!

2008/05/31 18:00 | SeRa@らくblog | 図書館戦争 第8話 「策動セシハ手塚慧」 査問に召喚されピンチな山猿…もとい郁(汗) 図書隊からも白い目で見られ孤立する…。 辛くなったら必ず俺に言え――堂上頼りになりますね...

2008/06/01 03:22 | 風庫~カゼクラ~ | 図書館戦争 状況〇八『策動セシハ手塚慧』 原作は『図書館革命』まで購入してるけど、まだ読んでませんでした。 おかげさまで今回意表を突かれましたよ・・・ そう来たか。

2008/06/02 16:04 | 一言居士!スペードのAの放埓手記 | 図書館戦争~第8話・策動セシハ手塚慧 図書館戦争ですが、笠原は査問にかけられます。図書館内では原則派と行政派に別れていますが、笠原は一応対策マニュアルに沿って答えます。ただ、元来正直なので矛盾する部分が出て来て、その辺を問い詰められます。(以下に続きます)


Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。