スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

太王四神記ver.2 8/20 18:30公演

星ぺ観て来ました!

いやぁ、久々の星組でしたね~
実に9年振り?(笑)

私、昔は星担だったんですよね。Nessyさん、音子ちゃんファンだったので。
でもヅカ離れしてから観て無かったし、テルくんの組替えが無ければ今回も観てないはず。

あれ?
まんまと劇団の組替戦略に乗せられたってことか!?

ま、星担だった時代の懐かしい方々(じゅんこちゃん、ゆずみちゃん、そして今は専科のヒロさんまで一緒に!)が観れて楽しかったけど。

以下、感想(少しネタバレ?)





まず作品の感想からいきますか。

全く予備知識は無かった(花組バージョンも観てないし)けど、話はすんなり判りました。

うん、話は判った。
判ったけど…

展開早すぎない!?

感情移入する前にどんどん話が進んで行くから、粗筋聞いただけみたいな感じで終わってしまいました(苦笑)
6時間ぐらい演ってくれたら、すんごい深くて面白い作品になったと思うんだけどね(無理だから)

なんか展開が唐突なんですよね。

タムドクが「友達を失った」と歌った時には、ええ~!?もう絶縁決定ですか~?と驚きました。
普通はあれだけ親しい友達&従兄弟ならもっと話し合いとか事情確認とかするよね~?と違和感しきり(苦笑)
ま、実際この後ホゲ様は急に悪役モード突入するわけですけど、これもなんだかねぇ。

タムドクがキハに「君だけが理解者」みたいに言った時も、ええ~!?いつの間にそんな信頼関係が!?と、これまた違和感しきり。
しかもその後すぐキスしようとするし、こ、こ、心の準備が…王子様!?な感じ(笑)

初見だからでしょうかねぇ?
もう1回観たら、ストーリー追わずにキャラ追いできるから印象変わるかしら?
(あと1回は観る予定です)


あと…最後のゴンドラは要るの?(苦笑)



次は出演者について。

悪役チームが濃くて良いわ~!!(まずそこ?)

中心のちえねねテルが若いせいか、上級生とか脇に厚みがある感じがしました。
特に涼さんは今回初めて舞台を観ましたけど、素はとても綺麗な人(グラフ誌とかではチェック済)なのに特殊メイクで悪役になりきってて…
ス・テ・キ!!
そのメイクのままフィナーレでキザってるのも堪りませんでした~!

下級生では、みやるりちゃんが可愛い!
キュートな顔立ちで、さらに長身揃いの星組では小柄だし(ねねちゃんの方がでかくない?)男役やるのは大変そうだけど、華のある人だと思うから頑張って欲しいな~

長身と言えば真風くん、目立ちますね。
…というか目が行きますわ、まぁ好みの系統の顔立ちであることは確かですし(笑)
ただねぇ、彼女はどうも動きが鈍重なの。若さを感じないの。
大きな身体を持て余してる感じがします。
惜しいな~勿体ないなぁ~って思います。

その点、ちえちゃん(初めて愛称使っちゃった*^^*)は大柄なのに、重さを感じさせないスマートな身のこなしが素晴らしいですね。
フィナーレのダンスの脚の高さもすご~い!!
声もいいし、歌も上手だし。
芝居も、まっすぐで大らかなタムドク役が似合ってましたね。
タムドクって単に「星に選ばれた」っていう理由で王になる設定なので、もちろん人間性の良さを表現するシーンもありますけど、何より役者本人のカリスマ性が無いと観客が納得しない難しい役だと思うんですよね。
ちえちゃんの柄というか、どーんとした感じ(ボキャ貧ですみません)が活かされた役だな~と思いました。
あとは、ラブシーンがもっと上手になれば更にいい男役さんになりそうだなぁ~(笑)

ねねちゃんは、可愛いですけど、あまり巫女という感じはしなかったです。
生身の女性でした。
台詞も下手じゃないんだけど…ところどころポロっと違和感を感じるようなところがありました。
うまく言えないんですけど、台詞に心が乗っかっていないような感じというのか。
キハという役が、ねねちゃんの柄じゃなかったのかもしれませんね。
CSで見た「大坂侍」はすごく良かったので、うまく当てはまる役を観てみたいです。

新コンビはすっごくお似合いですね。
ただ、デュエットダンスについては…ねねちゃん、死ぬ気で頑張って!(苦笑)
ちえちゃんのダンス力が削がれちゃって勿体無いって思っちゃいました。
みなこちゃんの歌が上達するか、ねねちゃんのダンスが上達するか…
ふたりとも頑張ってくだされ~!!(爆)

最後にテルくん。
よう頑張ってた!!
甘いかもしれませんけど、4番手から飛び級での大役、本当によく頑張ってたと思います。
勿論まだまだまだまだ…な点は多いですけどね(苦笑)
テルくんて美しさはダントツ!だと思うんです。
でも番手が上がれば、美しさだけじゃダメなんですよね。逆に美しいからこそ、他のことの未熟さが目立ってしまうのかもしれないな~と思いながら見てました。
4番手なら美しいだけでOKだったけど、2番手、そして今後トップになるなら、それに相応しい技術を(歌や芝居ダンスだけじゃなく、スターとしての魅せ方を特に)どんどん身に付けて行かないといけない。
でもね、テルくんてシャイな反面ナルシーだと思うので、本人がノってしまえばかなりイケると思うんですよ(笑)
フィナーレの銀橋ソロで、キラキラなアクセサリーをしているテルくんを見て、イケる!そう確信しました。
(右手の甲を覆うキラキラを見て、密かに水ちゃんの影響を感じたりしてました*^^*)


まだまだ星の組子は判らない子が多いですが、徐々に覚えていくと楽しみが増えそうです。
星担のDNAが私を呼ぶのか~!(爆)
宝塚(舞台の感想) | 【2009-08-21(Fri) 17:45:00】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。