スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

雪組全ツ 「情熱のバルセロナ」 感想

「情熱のバルセロナ」の感想です。

今回お誘いした友人(ヅカファンに非ず)が観た後に 「これぞタカラヅカのトップスターという感じ」 と満足そうに言ってくれました。
彼女がタカラヅカを観るのは3回目。
前回の「ロシアン・ブルー」も楽しかったそうですが、スーツ姿で爽やかキラースマイルなアルバート様は、いわゆる 「THE・トップスター」 のイメージでは無かったらしい・・・確かに(^^;
そういう意味では、今回は全ツに相応しい作品なのかな~と思います。


以下、私の感想です。
ストーリー的なネタバレは無しです。








まずはフランシスコ@水ちゃん。
大人の理性的な目線で見れば、この主人公は本当に傍迷惑なアホの子です (笑)←ひどい!

でも、これは・・・
あんなカッコいい人に、あんなに情熱的に思われたら、夢みたいじゃないかぁ~!!
と女性客に思わせればOK!いう作品なんですよ、たぶん(笑)←笑ってばっかり

そのためには、とにもかくにもフランシスコには「若くて上品なキラキラ美青年!」という前提が必須なわけで(笑)←まだ笑うか

胸元がっつり開襟ふりふりブラウスとか、黒パンツにロングブーツとか、サッシュとかマントとかソンブレロとか片耳リングとか・・・
スパニッシュスタイルがこれでもかっ!というほど似合う水ちゃんのビジュアルなら納得!←ここはマジですよ

もちろん水ちゃんが研○とか、実年齢とか、ルイス伯爵@ゆみこちゃんより上級生なんだよ(というかツアー組最年長だよ)とか、ましてや、かおりちゃんとの学年差とかを知っていると、ちょっとムズ痒いような照れるような台詞も山盛りあったりするんですけど(爆) ←やっぱり笑う

地方で初めてタカラヅカを見る人にはそんなことは関係ないし知らないし。
演技や化粧でそう見えるんだから充分だよねv


そして、アホ・・・じゃなくて情熱的な主人公と対照的に、大人の男の深い愛をルイス@ゆみこちゃんがしっかり見せてくれているのがまた素晴らしいのです。
こんなカッコいい人に、こんなに深く愛されたら、夢みたいじゃないかぁ~!!
と、こちらもメロメロになること請け合い(笑)

フランシスコって素敵、あぁでもルイス伯もいいわ・・・
と女性客に思わせればOK!いう作品なんですよ、うん(笑)

やっぱり水ゆみって個性が対象で、それでいてバランスが良いんですよね。
絡みが少なかろうと水ゆみバンザイ!!←結局それが言いたかったらしい(笑)


あとはラファエル@キタさんがユーリ先輩とはまた違ったカッチョ良さでキャー!とか思ったり。
(久しぶりに水ちゃんに会うシーンで、ふと蟻の脳みそを思い出したとしても^^;)

リンダ@かおりちゃんがホント綺麗で頑張ってるなぁ~と思ったり。
(一番やりがいがある役だと思う。ゆみこちゃんやハマコさんが狙ってたくらいだもんね)

牢獄でのロザリア@みなこちゃんのヨロメキ方にメロドラマを感じたり。
(これ多分ナウオンで言ってたハマコさんがやってみて水ちゃんが「それっ!」って言ったとこだと思うんだけど)


まぁ、水ちゃんはもっと大人の男が出来る人なのに・・・むしろ、そっちが持ち味なのに何故これ?・・・という意見もわかるし。
尻切れトンボな終幕に???な人がいそうだな・・・とも思うけど。

私はそれなりに楽しみました、ハイ!


あ、1点だけ。
あのベニア板で出来たようなマリア像は無いよねぇ(^^;

宝塚(舞台の感想) | 【2009-11-19(Thu) 14:08:23】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © トパーズな毎日 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。